[2017年版] 国産Cセグメントランキング 本当に”街乗りが快適な”車10選

[2017年版] 国産Cセグメントランキング 本当に”街乗りが快適な”車10選

皆さんは、車のイメージだけで走りがいい車と悪い車って判断していませんか?実際私もそうでした。今回は、車のスペックから、本当に街乗りが快適な車をランキング形式で紹介したいと思います!


<ランキング更新履歴>
新車の発表やモデルチェンジがあるごとに、このランキングも随時更新していきます!見逃したくない方は、TwitterフォローやFeedlyへのRSS登録をオススメします!気軽にフォローくださいね!

日付 バージョン 更新内容
2017.08.28 1.0 新規作成

その他気になるCセグメントの他のランキングはこちら


 

評価の基準とするのはトルクウェイトレシオという指標になります。トルクウェイトレシオとは、車両重量を最大トルクで割った値で、1トルクでどれだけの重量をまかなえばいいかを表す値になります。最大トルクだけでは車のトルクを比較することができません。なぜなら車はそれぞれ重量が異なるからですね。最大トルクが同じでも、重量が軽い車の方がタイヤを回転させる力が強いということになります。そのため、重量を考慮したトルクウェイトレシオを使ったランキングを紹介させていただきたいと思います!トルクウェイトレシオは小さいほど良い値です。詳しい採点方式が気になる方は下記ページを見てみてくださいね。(最大トルク発生回転数が少なさも点数に考慮されています。)

また、タイトルでもあるように、同じ車でも複数のグレードがある場合は、それぞれのグレードでランキングに参加してもらいます。同じ車でも、グレードによってエンジン性能がかなり異なってきますので、一緒くたにランキングを行うことは無意味なものになってしまうからですね。

今回ランキングに参加する車一覧は以下の通りです。

  1. ホンダ シビック ハッチバック 1.5Lターボ
  2. ホンダ シビック セダン 1.5Lターボ
  3. スバル インプレッサ スポーツ/G4 1.6L
  4. スバル インプレッサ スポーツ/G4 2.0L
  5. マツダ アクセラ スポーツ/セダン 1.5Lガソリン
  6. マツダ アクセラ スポーツ 1.5Lディーゼル
  7. マツダ アクセラ スポーツ/セダン 2.2Lディーゼル
  8. マツダ アクセラ ハイブリッド 2.0L
  9. トヨタ オーリス 1.8Lハイブリッド
  10. トヨタ オーリス 1.8L
  11. トヨタ オーリス 1.2Lターボ
  12. トヨタ オーリス 1.5L
スポンサーリンク

国産Cセグメント自動車ランキング 本当に街乗りが快適で発進時加速がいい車10選

前置きが長くなりましたが、ランキング紹介に参りましょう。まずは、10位〜4位を10位から順に一挙紹介します!

トルクランキング10位〜4位

51.1点 インプレッサ スポーツ/G4 1.6Lガソリンモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 15.1kgf・m 1,300kg 86.1kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:4,000rpm

関連記事:インプレッサスポーツ(2.0i-L/1.6i-L)試乗レビュー[素人]

64.3点 オーリス 1.8Lガソリンモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 18.4kgf・m 1,280kg 69.6kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:3,800rpm
66.6点 オーリス 1.2Lガソリンターボモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 18.9kgf・m 1,300kg 68.8kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:1,500rpm

67.2点 インプレッサスポーツ/G4 2.0Lモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 20.0kgf・m 1,320kg 66.0kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:4,000rpm

関連記事:インプレッサスポーツ(2.0i-L/1.6i-L)試乗レビュー[素人]

68.2点 アクセラ 2.0Lハイブリッドモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 21.1kgf・m 1,410kg 66.8kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:4,000rpm(モーターは低回転から最大トルク発生)

68.6点 オーリス 1.8Lハイブリッドモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 21.1kgf・m 1,400kg 66.4kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:4,000rpm(モーターは低回転から最大トルク発生)

73.6点 シビックハッチバック 1.5Lガソリンターボモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 22.4kgf・m 1,350kg 60.3kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:1,700rpm

関連記事:シビックハッチバック(CVT)試乗レビュー[素人]

以上までが10位〜4位の紹介でした。気になっている車、グレードは入っていましたでしょうか?続いては、いよいよ第3位の発表です!

トルクランキング3位

75.4点 シビックセダン 1.5Lガソリンターボモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 22.4kgf・m 1,300kg 58.0kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:1,700rpm

第3位に輝いたのは、シビックセダンでした!シビックハッチバックより重量が軽い分、同じトルクでもセダンが上位に来ましたね。パワーランキングでも上位だった素晴らしい車です。試乗レビューもしていますので気になる方はチェックしてみてください。

関連記事:新型シビックセダン試乗レビュー[素人]

さて、続いて第2位の発表です!

スポンサーリンク

トルクランキング2位

82.4点 アクセラスポーツ 1.5Lディーゼルモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
27.5kgf・m 1,360kg 49.5kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:1,600rpm

第2位に輝いたのは、アクセラ1.5Lディーゼルでした!やはりディーゼル強しと言ったところでしょうか。もう1位分かっちゃいますね。

さて、いよいよ第1位の発表です!

トルクランキング1位

95.4点 アクセラスポーツ/セダン 2.2Lディーゼルモデル

最大トルク 車両重量 トルクウェイトレシオ
 42.8kgf・m 1,440kg 33.6kg/kgf・m

※最大トルク発生回転:2,000rpm

第1位に輝いたのは、やはりアクセラ2.2Lディーゼルモデルでした!ぶっちぎりの1位で、とんでもない点数が出てしまっています。乗用車のレベルを超えてしまっていますね。毎日の運転が楽しくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

トルクランキングいかがでしたでしょうか。やはりディーゼルエンジンのアクセラが強かったですね。1,2位フィニッシュでした。また、同じ車でもグレードによってだいぶ点数が違うこと分かっていただけたかと思います。本ブログでは、グレード1つ1つに点数をつけていますので、少しでもグレード選びのお手助けになれば幸いです!

冒頭でも述べましたが、モデルチェンジがあれば随時ランキングも更新していきますので、更新情報を見逃したくない方は、TwitterやFeedlyへのフォローをお願いいたします!

スポンサーリンク
愛車を売るならネットで一括査定!

高く売るならネットで一括査定一択!ディーラー下取りより40万円も高く売れました!
  • かんたん車査定ガイド

    高く売りたいならここで一括査定!

  • 完全無料

  • 最大10社に一括見積もり!
  • ボタン1つで簡単査定!
  • 下取りより最大65万円も高く売れる!
  • 相場のチェックだけでももちろんOK!
  • 無料で一括査定スタート!

こちらの記事もおすすめ!

気軽にコメントしてください

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント