くるすぺ

ホンダZR-Vのボディカラーは全7色? 2色の新色グレーを採用か!?

どうも、くるすぺです。

先日はZR-Vのボディサイズの推察記事を投稿しましたが、今回はZR-Vのボディカラーについての記事となります。

現在公開されている公式の写真・動画から、現時点で何色のカラーが存在しているか、新色はあるのか、既存車種のボディカラーと比較することで推察をしてみました。

どうぞ、お楽しみください!

ホンダ ZR-V 判明しているボディカラーは全7色? 新色グレーもある!?

2色のグレーは新色か?

以下動画では2つの異なるグレードのグレー色のZR-V(正しくは北米仕様なのでHR-V)が登場しているのですが、実はボディカラーも微妙に異なってます。

1台目はザ・セメントグレーといった色味の「SPORT」と言うエンブレムが施されているZR-V。

2台目がこちら。どうでしょう、1台目より少し青みがかったグレーに見えますよね。
フェンダーアーチモール等がブラック塗装となっており上級グレードになると思われます。

日陰での比較ではやや分かりづらいですが、日が当たった状態で比較するとどうでしょうか。

どうでしょう、全然違いますよね。
1台目のグレーはRGBが平坦なグレー、2台目のグレーはBlueが少し強いグレーとなっていて、個人的にはどちらの色味もかなり好きです。

参考にカラーピックしてみた結果は以下の通り。

2台目の青味が強いグレーですが、日が当たった色味を見ると「ソニックグレー・パール」なのかな?と感じてます。

シビック ソニックグレー・パール
出典:https://car.watch.impress.co.jp/

ただ、別の映像で日が強く当たったときに輝く色味を見ると、本当にソニックグレー・パールなのか?と疑いたくなります。そのシーンが以下の画像。

グレーというよりは水色という感じの鮮やかさが出てます。この色は一体何なんだ!笑
ほぼほぼソニックグレー・パールだろうと考えていたのですが、このシーンを見てもしかしたら新色なのかもしれないと感じてます。

こちら、ホンダ公式の宣材写真で加工が強めの写真とはなっていますが、やはりソニックグレー・パールっぽくないんですよね。

広汽本田におけるZR-Vの宣材写真も同じく、ソニックグレー・パールとは思えません。

ちなみにホンダの既存のボディカラーに「シーグラスブルー・パール」という鮮やかすぎない水色があります。

CR-V シーグラスブルー・パール

うーん、シーグラスブルー・パールともまた違う色味っぽいんですよね。ここまで鮮やかではない色味の雰囲気。

ということで、真相は分からないですが可能性としては以下3択に絞られるかなとは思います。

  1. 【新色】ブルーグレー・パール(仮名)
  2. ソニックグレー・パール
  3. シーグラスブルー・パール

個人的には新色だと嬉しいですが、ホンダさんの公式画像の色味って結構当てにならないイメージがあるので、ソニックグレー・パールでしたっていうオチも可能性としては高いかなと思います笑(ソニックグレー・パール自体はかなり好きな色です!)

また、1台目のグレーについては、これは確実に新色と言えるかなと思います。現在のホンダのラインナップにこの色味は無いですよね。
このグレーが結構気に入っているんですが、怖いのは北米専用グレード「SPORT」のみで選択可能な専用色となってしまうという可能性。なんかめちゃくちゃあり得そうな気がしてきました笑

アウディのナルドグレーに似た雰囲気もあると思います。すごくカッコいい。

アウディ RS4アバント ナルドグレー
出典:https://web.motormagazine.co.jp

ホンダさん、是非とも国内版ZR-Vにはどちらのグレーも持ってきてください。似た色味のグレーを2種類から選択できることは自分にとっては大きな魅力に感じます。

「あ〜あなたはこっちのグレーを選んだのね、素敵だわ。」
「ありがとう、でもあなたのグレーも素晴らしいわ、グレー最高ね。」

というグレー界隈のコミュニケーションも活発化するかもしれません。

ちなみに、さまざまなセメント系のグレーをまとめた記事がWONDERFUL CAR LIFEにありますので、是非チェックしてみてください。本記事作成時もじっくり読ませていただきました。

ZR-Vのエクステリアデザインについても語られています。本ブログでも自分の感想を少しまとめてみようかと思ってます。

メタリック系グレーとシルバー

動画では2種類のソリッド系グレーが登場していましたが、宣材写真を見るとメタリック系のグレーもどうやら存在していそうです。

こちらがメタリックグレーのZR-V。ソリッド系のグレーと比べると、上品で落ち着いた雰囲気が出てます。大人っぽいZR-Vって感じでギャップ萌えですね。(死後か?)
上級グレードのブラック塗装フェンダーアーチモールとの相性が非常に良い色味だと感じます。

こちらのメタリックグレーは、「スーパープラチナグレー・メタリック」でしょうか。「メテオロイドグレー・メタリック」という可能性もありそうですが。

CR-V スーパープラチナグレー・メタリック
スーパープラチナグレー・メタリックは拘り

さて、もう一枚グレー系統の宣材写真が存在します。

こちらの写真になりますが、明らかにスーパープラチナグレー・メタリックよりも薄い色味です。また別の色であるということが言えるでしょう。

ちょっと陰影が強く出過ぎているので判断しづらいのですが、おそらく「ルナシルバー・メタリック」ではないかと思われます。

先代シビック セダン ルナシルバー・メタリック
出典:https://autoc-one.jp

ボディの抑揚が強く、フロントフェイスのインパクトも大きいので、シルバーでも地味な雰囲気にならない感じがします。シルバーはその車の真のかっこよさを暴き出すカラーだと思ってます笑

スーパープラチナグレー・メタリック、ルナシルバー・メタリック共に魅力的なボディカラーだと思うのですが、日本国内モデルでは選択ができない、という可能性も低くはないのかなと考えてます。

日本国内のシビックには、シルバー、メタリックグレーのボディカラーは存在していません。
ただ、北米においては、ルナシルバー・メタリック、メテオロイドグレー・メタリックといったボディカラーも選択可能となっています。日本国内の販売規模が小さいのでどうしてもラインナップが狭められてしまうんですよね。

メタリック系レッド

公式の宣材写真により、鮮やかな赤色が存在していることも確認できます。

こちらは「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」になると思われます。

シビック プレミアムクリスタルレッド・メタリック

プレミアムクリスタルレッド・メタリックのシビックの実物を間近で見させて頂きましたが、想像以上に妖艶な色味で非常に魅力的なボディカラーだと感じました。

プレミアムクリスタルレッドがあるなら、プレミアムクリスタルブルーも存在しているかもしれませんね。

定番のホワイト&ブラック

白黒ももちろん存在します。ホンダの公式YouTubeにおける動画で、白黒の存在が確認できます。

白はプラチナホワイト・パールになるでしょう。

黒はクリスタルブラック・パール。こちらは無償色なのが嬉しい。

黒ボディのZR-Vもなかなかカッコ良さそうじゃないでしょうか!

ちなみに、この動画内でもグレーが2色あることは確認できます。

うーん、やっぱり青味が強いグレーはソニックグレー・パールですかねえ?

ZR-V ボディカラー推測情報まとめ

現時点で存在が確認できるZR-Vのボディカラーは以下7色です。(新色の名前は適当に付けた仮名なので気にしないでください笑)

  • 【新色の可能性大】セメントグレー・パール(仮名)
  • 【新色かも?】ブルーグレー・パール(仮名)
    • 既存色ソニックグレー・パールである可能性も高そう
    • 大穴で既存色シーグラスブルー・パールもあるかも?
  • 【既存色】スーパープラチナグレー・メタリック
    • メテオロイドグレー・メタリックの可能性もあり
  • 【既存色】ルナシルバー・メタリック
  • 【既存色】プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • 【既存色】プラチナホワイト・パール
  • 【既存色】クリスタルブラック・パール

皆さんはZR-Vを買うとしたらどのボディカラーにしたいですか?

私はやっぱりソリッド系のグレー2色が最も魅力的に感じてます。ZR-Vの雰囲気・佇まいにすごくマッチする色のような感じがするんですよね。

先ほども書きましたが、一番怖いのは日本国内ではどちらかのグレーしか選べないという事態が発生すること。2つ選べるということに大きな価値があると思いますので、どうかよろしくお願いします。(2色選べたら選べたでかなり迷いそうなんですが、迷う時間も楽しいですよね笑)

新たな情報が入り次第、また更新します。

車購入で後悔しないために

皆さんは車を買うとき、ディーラーで下取りに出していませんか?
実はその買い方は損している可能性があります。
基本的にディーラーでの下取り額は低めに設定されてます。また、新車の値引きが大きくても、その分下取り額が低く設定されていて、値引き分が相殺されてしまっていた、なんてことも考えられます。
純粋な新車分だけの値引きをしっかり獲得するためにも、ディーラー以外にも査定に出すことを強くオススメしたいです。
高価査定を狙うにはやっぱり一括査定が最も有効です。
実際に私自身も一括査定を使って、ディーラー査定よりも40万円高い価格で売却することができました。
一括査定は電話が多くかかってきて煩わしいというイメージがあるかもしれませんが安心してください。
カーセンサー.net簡単ネット査定を使うと、メールでの連絡を希望できるのです!

メール連絡が希望できる一括査定

一括査定への申し込みはもちろん無料です。
現在の愛車の査定をすることが、新車購入への大きな一歩に繋がりますので、是非お試しください!

Leave A Reply

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE