くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【走りがいい】 国産SUV動力性能ランキングTOP10! [2018年版]

24172 views
【走りがいい】 国産SUV動力性能ランキングTOP10! [2018年版]

2018.8.30追記

【8.30更新】CR-Vの追加、アウトランダーPHEVモデルチェンジに伴う更新を行いました。

今回はSUVのランキング紹介になります。

SUVを買うならやっぱり走りがいい楽しい車を選びたいですよね。

今回は動力性能が高く走りがいい車をランキング形式で紹介していきます!

 

今回、走りがいい車を決める上で使う指標は、パワーウェイトレシオトルクウェイトレシオという指標です。

なんのこっちゃという方もいると思うので、簡単に説明させていただきます。

 

馬力とトルクはみなさん聞いたことがあると思います。

馬力は車が前に進む力の具合を表し、トルクはエンジンを回転させる力を表します。

馬力が高いと高速域での走行に余裕が出て、高速域での加速もスムーズになります。トルクが高いと、発進時の加速に余裕が出て、発進時の運転がスムーズで楽になります。

ただ、安直に馬力とトルクの数値だけでは、本当の比較はできません。なぜなら、車はそれぞれ重量が異なるからです。

 

そこで使う指標がウェイトレシオという指標です。

パワーウェイトレシオは、重量を最高馬力で割ると算出でき、数値が少ないほど良い値となります。トルクウェイトレシオも同様です。

 

動力性能評価については、本ブログ独自の採点方式で、パワーウェイトレシオとトルクウェイトレシオを点数化し、その点数によってS〜Gまでランク付けを行います。(パワプロリスペクトです

トルクに関しては、最大トルク発生回転数やハイブリッドシステムも考慮して点数にしています。

それらの平均点の高さをランキングにして紹介していきます!

やはり実際に試乗してみた感覚も、この数値と比例しているなとひしひしと感じているので、走りを重要と考えている方には非常に重要な要素になります。

スポンサーリンク

国産SUV動力性能ランキングTOP10! 楽しく走れるSUVに乗りたい!

前置きが長くなりましたが、ランキング紹介に参りましょう。

第10位からと行きたいところですが、個人的私情により13位までの車も紹介させてください!個人的にオススメしたい車です!

第13位 ホンダ ヴェゼル 1.5Lハイブリッド

パワー トルク
独自採点点数 B

75.7点

C+

68.8点

ウェイトレシオ 8.4kg/PS 66.1kg/kgm
総合評価

B-

72.2点

i-DCDという、非常に複雑でスポーティなハイブリッドシステムを搭載するヴェゼルがランクインしました。

近年はC-HRにSUV売り上げNo.1の座を渡してしまっていますが、それまでは売り上げNo.1王座に君臨していた人気の高いクルマです。

走りの方は、正直なところ試乗するまでは舐めていた所がありました。

ただ、2018年のマイナーチェンジを受けて初めて乗ってみた所、予想外に素晴らしい走りをする車でしたね。

特にスポーティな足回りのRSグレードがおすすめです。

価格は246.0〜292.6万円となっています。

 

ヴェゼルが気になった方は是非試乗記もご覧ください。

ホンダ 新型ヴェゼルRSの試乗記を見る

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

第12位 スバル フォレスター 2.5Lガソリン

パワー トルク
独自採点点数 B

76.3点

C+

68.4点

ウェイトレシオ 8.3kg/PS 62.3kg/kgm
総合評価

B-

72.4点

2018年にフルモデルチェンジで生まれ変わったフォレスターがランクインしました。

注目を浴びているe-BOXERタイプではなく、2.5L直噴エンジンモデルがランクインです。

先代フォレスターには、2.0Lターボモデルという爆発的なハイスペックモデルが存在し、このランキングでも堂々の1位でした。

2.0Lターボがなくなったのは少し寂しいところですが、この2.5L自然吸気エンジンモデルも、スペック的には十分そうですね。

評価の高いスバルグローバルプラットフォームを採用したことで、非常に高い安定性を手に入れています。

価格は280.8〜302.4万円となっています。

 

新型フォレスターX-BREAKに乗ってきましたが、とんでもなくいい車になってました。

本当に欲しい。。。試乗記も是非ご覧ください。

スバル 新型フォレスターX-BREAKの試乗記を見る

スポンサーリンク

第11位 マツダ CX-3 2.0Lガソリン

パワー トルク
独自採点点数 B

75.5点

B-

71.1点

ウェイトレシオ 8.4kg/PS 63.3kg/kgm
総合評価

B

73.3点

CX-3ですが、ディーゼルモデルではなく、2.0Lガソリンモデルがランクインしました。

ディーゼルモデルはトルクは抜群ですが、パワー性能がいまいちです。このガソリンモデルはパワーとトルクのバランスが非常にいいですね。

CX-3に乗るならディーゼルよりガソリンの方がおすすめできるかもしれません。

価格は210.6万円〜253.8万円となっています。

 

マイナーチェンジで1.8Lになったディーゼルモデルに試乗してきました。CX-3が気になった方は是非試乗記もご覧ください。

CX-3 XD(1.8L)の試乗記を見る

第10位 三菱 アウトランダーPHEV 2.4L

パワー トルク
独自採点点数 B

70.1点

B

77.3点

ウェイトレシオ 9.2kg/PS 55.8kg/kgm
総合評価

B

73.7点

2018年にビッグマイナーチェンジを迎えたアウトランダーPHEV、出力が向上したことによりランクインを果たしました!

PHEVシステムの部品は90%以上が刷新されるという本気度合い。

そして、エンジンは従来の2.0Lから2.4Lにサイズアップしました。

これは、もはやフルモデルチェンジといってもいいでしょう。それくらいの変わりようです。

マイナーチェンジ前には試乗済みですが、モーターならではの低速からの加速感はかなりのもの。オススメの1台ですね。

価格は399.3万円〜509.0万円となっています。

アウトランダーPHEVが気になる方は

是非、新型アウトランダーPHEVの試乗インプレ記事もご覧ください!完成度めちゃくちゃ高かったです。

スポンサーリンク

第9位 スズキ エスクード 1.4Lガソリンターボ

パワー トルク
独自採点点数 B-

71.7点

B

76.3点

ウェイトレシオ 9.0kg/PS 57.0kg/kgm
総合評価

B

74.0点

またしてもコンパクトSUVがランクインしました。

個人的にはエスクードは台風の目でしたね。

1.4Lターボエンジンは、スイフトスポーツに搭載されている1.4Lターボエンジンよりかは大人しいスペックですが、ターボ特有の低回転からの太いトルクは十分にありそうです。

個人的には外観もポップな感じで好きですね。

美しい、かっこいいという分類には入らないかもしれないですが、ポップでなかなか洒落たデザインをしているのではないでしょうか。

価格は258.6万円となっています。

第8位 マツダ CX-5 2.5Lガソリン

パワー トルク
独自採点点数 B

77.3点

B-

71.9点

ウェイトレシオ 8.1kg/PS 60.2kg/kgm
総合評価

B

74.6点

皆さんもランクインは予想されていたのではないでしょうか。

今最も勢いがあるSUVの1つであるCX-5がランクインしました。

ただ、ディーゼルモデルではなく、まずは2.5Lガソリンモデルのランクインです。

マツダといえばディーゼルばかり注目されがちですが、ガソリンエンジンの性能も非常に高いですね。

パワーとトルクのバランスを取るならガソリンモデルの選択も十分にありでしょう。

ターボエンジンじゃないのに低回転で最大トルクが発生できるというのも特長ですね。

価格は272.1万円〜298.6万円となっています。

第7位 ホンダ CR-V 1.5Lガソリンターボ

パワー トルク
独自採点点数 B+

78.0点

B-

72.1点

ウェイトレシオ 8.0kg/PS 62.0kg/kgm
総合評価

B

75.1点

2018年に国内復活を遂げたCR-Vが堂々のランクインです。

パワートレイン的には、この1.5Lターボモデルの他に2.0Lハイブリッドモデルも存在します。

ガソリンモデルは7人乗りが選べるのも嬉しいポイントですよね。

ちなみにこの点数は、5人乗りFFモデルをベースに出していますので、7人乗りとなると少し重たくなるので若干点数は下がります。

価格は323.0万円〜403.0万円となっています。

CR-Vが気になる方は

是非、新型CR-Vの試乗インプレ記事もご覧ください。注目の7人乗りモデルに試乗してきました。

第6位 トヨタ ランドクルーザー 4.6Lガソリン

パワー トルク
独自採点点数 B+

79.1点

B+

77.5点

ウェイトレシオ 7.8kg/PS 53.1kg/kgm
総合評価

B+

78.3点

ここで超大型SUVのランクインです。みんな大好きランクルですね〜。

4.6Lという巨大なエンジンを積んでるので、エンジンスペックは抜群に高いです。

高リッター特有の野太いエンジンフィーリングが楽しめそうです。

重量もかなりありますが、それを跳ね除けるエンジン性能で、パワートルクのバランスが非常に高い位置にいますね。

価格は472.8万円〜683.6万円となっています。

第5位 トヨタ ハリアー 2.5Lハイブリッド

パワー トルク
独自採点点数 B-

71.6点

A+

88.2点

ウェイトレシオ 9.0kg/PS 42.4kg/kgm
総合評価

B+

79.9点

ここで初めてのハイブリッドモデルがランクインしました。

ハリアーは新しく追加されたターボエンジンも素晴らしいですが、このハイブリッドモデルもかなりの動力性能の持ち主ですね。

前輪後輪にモーターを搭載している分トルク性能はかなり高く、ハイブリッドなので発進時から最大トルクを発揮できるので爆発的な発進もできますね。

燃費はハイブリッドにしては低めの21.4km/lとなっています。ハイブリッドはトルクが高い特長がありますが、ここまで高いハイブリッドは中々ないですね。

価格は377.4万円〜460.4万円となっています。

第4位 マツダ CX-8 2.2Lディーゼルターボ

パワー トルク
独自採点点数 C+

69.1点

S-

91.2点

ウェイトレシオ 9.4kg/PS 38.8kg/kgm
総合評価

A-

80.2点

3列シートで7人乗りモデルながら、圧倒的なトルク性能でランクインしています。

CX-5と同じ2.2Lディーゼルですが、エンジン性能はCX-8用に改良され、パワーとトルクが上がっているんですね。(追記:CX-5もマイナーチェンジで改良されたディーゼルエンジンが採用されました。さらに化け物に。。。)

重量がある分それでもCX-5には負けますが、それでもかなり近い数値を達成することができています。

価格は319.6万円〜395.8万円となっています。

 

CX-8が気になった方は試乗記も是非ご覧ください。

マツダ 新型CX-8の試乗記を見る

第3位 ホンダ CR-V 2.0Lハイブリッド

パワー トルク
独自採点点数 A-

81.3点

A-

81.9点

ウェイトレシオ 7.5kg/PS 50.2kg/kgm
総合評価

A-

81.6

うーん、やっぱりi-MMDすごいっすね。

2018年に復活を遂げた(ハイブリッドは11月登場)CR-Vが、堂々TOP3入りです!

i-MMDという、エンジンは主に発電のために回り、モーター主体で走るハイブリッドシステムを搭載しています。

アコードやオデッセイにも搭載されていますが、素晴らしいパワートレインですね。システム出力は215PSもあります。(アコードのカタログ参照)

また、このCR-Vでは、i-MMD初の4WDが選択可能です。これはとてもとても魅力的。

価格は378.4万円〜436.1万円となっています。

第2位 トヨタ ハリアー 2.0Lガソリンターボ

パワー トルク
独自採点点数 A

83.3点

A

84.9点

ウェイトレシオ 7.2kg/PS 46.5kg/kgm
総合評価

A

84.1点

パワーとトルクがどちらも凄まじいことになっていますね。

試乗しましたが、この順位は納得できますが、正直1位だと思っていました。本当に楽しく走れる車になっていますよ。

ハイブリッドモデルも中々すごかったですが、マイナーチェンジで追加されたターボエンジンが素晴らしいですね。

ただ、燃費は13.0km/hと、さすがにやや低めの値になっています。

燃費の悪さを補うだけの楽しさを持ち合わせた車になっているので、ハリアーを買うならターボモデルを是非お勧めしたいです。

価格は338.0万円〜405.0万円となっています。

 

試乗レビューが気になる方は下記リンクからチェックしてみてください。

トヨタ 新型ハリアー ターボの試乗記を見る

第1位 マツダ CX-5 2.2Lディーゼルターボ

パワー トルク
独自採点点数 B

74.9点

S

94.2点

ウェイトレシオ 8.5kg/PS 35.1kg/kgm
総合評価

A

84.6点

堂々の1位に輝いたのは、ディーゼルモデルのCX-5でした。

マイナーチェンジにてさらに性能がアップしたことによりハリアーターボの点数を抜いています。

このトルク性能は本当に異次元ですね。

番組や試乗レビュー動画などを見てると絶賛されていることが多く、おすすめできる車であることが伺えます。これといった悪いところがない優等生タイプな車ですね。

価格は280.8万円〜329.9万円となっています。

 

マイナーチェンジ後のCX-5ディーゼルモデルに試乗して来ました。

詳細レポートを書いていますので、気になった方は是非ご覧になってください。

マツダ 新型CX-5 XDの試乗記を見る

まとめ

やはりSUVの走りがいいランキングはレベルが高いですね!

特に3位以上はとてつもないスペックを持っています。ディーゼルの強さとターボエンジンの強さが目立っていますかね。

おまけ 10位圏外の紹介

ランクインできなかった車もここで全て紹介したいと思います!詳しいスペックに関しては省略しますが、点数は紹介します。では、11位から順に紹介していきますね。

B- 71.2点 三菱 パジェロSHORT 3.2Lディーゼル

B- 70.7点 マツダ CX-3 1.8Lディーゼルターボ

マツダ 新型CX-3 XDの試乗記を見る

B- 70.4点 三菱 エクリプスクロス 1.5Lガソリンターボ

三菱 新型エクリプスクロスの試乗記を見る

B- 70.2点 日産 エクストレイル 2.0Lハイブリッド

C+ 69.7点 スバル レガシィアウトバック 2.5Lガソリン

C+ 67.8点 三菱 パジェロLONG 3.2Lディーゼル

C  66.7点 スバル エクシーガ 2.5Lガソリン

C  66.6点 スバル XV 2.0Lガソリン

C  66.3点 三菱 アウトランダー 2.4Lガソリン

C  66.2点 トヨタ ランドクルーザープラド 2.8Lディーゼル

トヨタ 新型ランドクルーザープラド ディーゼルの試乗記を見る

C  65.9点 日産 エクストレイル 2.0Lガソリン

日産 新型エクストレイルの試乗記を見る

C  64.6点 ホンダ ヴェゼル 1.5Lガソリン

C  63.1点 マツダ CX-5 2.0Lガソリン

C- 62.4点 スズキ SX4 S-CROSS 1.6Lガソリン

C- 61.8点 三菱 RVR 1.8Lガソリン

C- 61.7点 三菱 アウトランダー 2.0Lガソリン

C- 60.9点 スバル フォレスター 2.0Lガソリン

D+ 59.7点 三菱 パジェロSHORT 3.0Lガソリン

D+ 59.2点 スズキ エスクード 1.6Lガソリン

D+ 58.9点 トヨタ ハリアー 2.0Lガソリン

D+ 58.6点 トヨタ CH-R 1.8Lハイブリッド

D  56.9点 トヨタ CH-R 1.2Lガソリンターボ

D  54.1点 三菱 パジェロLONG 3.0Lガソリン

D- 51.5点 トヨタ ランドクルーザープラド 2.7Lガソリン

E+  47.8点 スバル XV 1.6Lガソリン

E  44.4点 日産 ジューク 1.5Lガソリン

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly