くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【走りがいい】国産Cセグメントハッチ動力性能ランキングTOP10! [2018年版] 

2632 views
【走りがいい】国産Cセグメントハッチ動力性能ランキングTOP10! [2018年版] 

今回は、国産Cセグメントハッチバックの動力性能ランキングTOP10を紹介したいと思います!

遅い車には乗りたくない、走りがいい車がいいという方々、是非車選びの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

国産Cセグメントハッチ動力性能ランキングTOP10! [2018年版]

どんな基準でランキングにするの?

今回、動力性能の良し悪しを決める上で使う指標は、パワーウェイトレシオトルクウェイトレシオという指標です。

なんのこっちゃという方は以下をご参照ください。

 

馬力とトルクはみなさん聞いたことがあると思います。

馬力は車が前に進む力の具合を表し、トルクはエンジンを回転させる力を表します。

馬力が高いと高速域での走行に余裕が出て、高速域での加速もスムーズになります。トルクが高いと、発進時の加速に余裕が出て、発進時の運転がスムーズで楽になります。

ただ、安直に馬力とトルクの数値だけでは、本当の比較はできません。なぜなら、車はそれぞれ重量が異なるからです。

 

そこで使う指標がウェイトレシオという指標です。

パワーウェイトレシオは、重量を最高馬力で割ると算出でき、数値が少ないほど良い値となります。トルクウェイトレシオも同様です。

 

動力性能評価については、本ブログ独自の採点方式で、パワーウェイトレシオとトルクウェイトレシオを点数化し、その点数によってS〜Gまでランク付けを行います。(パワプロリスペクトです

トルクに関しては、最大トルク発生回転数やハイブリッドシステムも考慮して点数にしています。(ハイブリッドは参考値)

それらの平均点の高さをランキングにして紹介していきます!

やはり実際に試乗してみた感覚も、この数値と比例しているなとひしひしと感じているので、走りを重要と考えている方には非常に重要な要素になります。

 

前置きが長くなりましたが、ランキング紹介に参りましょう。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

第10位 スバル インプレッサスポーツ 1.6LガソリンNA

パワー トルク
独自採点点数 D

56.5点

D-

51.1点

ウェイトレシオ 11.3kg/PS 86.1kg/kgm
総合評価

D

53.8点

私の前の車もインプレッサの1.6Lでした。やはり点数的にはしょぼいですね。

乗ってた時も、やはり結構パワー不足を感じる場面が多々ありました。

個人的には2.0Lがオススメですね。てかターボモデル出してくれないかな。

パワートレインはしょぼいですが、新型になって、スバルグローバルプラットフォームを採用したこともあり、基本的な走行性能は非常に高くなってます。

インプレッサスポーツが気になる方は

是非、新型インプレッサスポーツの試乗インプレもご覧ください!1.6Lと2.0Lの両方に乗ってます。

価格は194〜216万円となっています。

スポンサーリンク

第9位 トヨタ カローラスポーツ 1.2Lガソリンターボ

パワー トルク
独自採点点数 D

56.6点

C

66.2点

ウェイトレシオ 11.3kg/PS 69.3kg/kgm
総合評価

C-

61.4点

新生カローラスポーツがランクインしました。

スペック的にはそこそこといったところです。トルク性能が高いので、街乗りで不足感を感じる場面は少ないでしょう。

1.2LターボモデルにはMTモデルも存在するのが嬉しいところですね。

価格は210〜261万円となっています。

第8位 トヨタ カローラスポーツ 1.8Lハイブリッド

パワー トルク
独自採点点数 D

57.0点

C

66.8点

ウェイトレシオ 11.2kg/PS 68.5kg/kgm
総合評価

C-

61.9点

1.2Lターボモデルに続いてハイブリッドモデルがランクインしました。

スペック的には、1.2Lターボモデルと似たような感じになってますね。

ハイブリッドモデルには試乗済みですが、街乗りコースを試乗した感じでは、不足感というものは想像以上に感じませんでした。

それよりも乗り心地の良さ、基本走行性能の高さに驚きましたね。

カローラスポーツが気になる方は

是非、新型カローラスポーツの試乗インプレもご覧ください!ハイブリッドモデルの最上級グレードに試乗しています。

価格は242〜269万円となっています。

スポンサーリンク

第7位 マツダ アクセラスポーツ 1.5Lディーゼル

 

パワー トルク
独自採点点数 E

45.8点

A-

82.4点

ウェイトレシオ 13.0kg/PS 49.5kg/kgm
総合評価

C

64.1点

ここでディーゼルモデルが初のランクインです。

アクセラには2種類のディーゼルエンジンがありますが、1.5Lでもトルク性能はさすがですね。

ただ、パワー不足は否めません。高速走行時は不足感や物足りなさを感じる場面も多くなりそうです。

1.5Lディーゼルエンジンが気になる方は

是非、新型CX-3(ディーゼル)の試乗インプレをご覧ください!1.5Lから改良された1.8Lディーゼルモデルに試乗しています。アクセラにも採用される可能性は高いと思います。

価格は234〜269万円となっています。

第6位 レクサス CT 1.8Lハイブリッド

パワー トルク
独自採点点数 C

64.0点

B

75.9点

ウェイトレシオ 10.1kg/PS 57.5kg/kgm
総合評価

C+

69.9点

あまりレクサスには触れてこなかったのですが、国産Cセグメントは数が少ないのでレクサスもランキングに入れてみました。

カローラスポーツのハイブリッドモデルとおんなじくらいだろうと勝手に思ってたのですが、案外いい点数が出てますね。

エントリーモデルにしては十分なスペックだと思います。

CT書いたいな〜なんて思ってた時期もあったな。もうすぐフルモデルチェンジかな。

価格は377〜477万円となっています。

第5位 スバル インプレッサスポーツ 2.0LガソリンNA

パワー トルク
独自採点点数 B

74.3点

C

67.2点

ウェイトレシオ 8.6kg/PS 66.0kg/kgm
総合評価

B-

70.7点

ここで2.0Lモデルもランクインです。十分楽しめるスペックだと思います。

フルモデルチェンジで見違えるほどよくなった車なので、1.6Lでも満足できる車ではあると思います。

ただ、1.6Lのインプレッサに乗っていた自分からは、2.0Lモデルをオススメしたいですね。

インプレッサの購入を迷っている方は、是非どちらのモデルにも試乗してもらいたいです。

インプレッサスポーツが気になる方は

是非、新型インプレッサスポーツの試乗インプレもご覧ください!1.6Lと2.0Lの両方に乗ってます。

価格は218〜261万円となっています。

第4位 日産 リーフ EV車

パワー トルク
独自採点点数 C

65.4点

A

85.5点

ウェイトレシオ 10.1kg/PS 57.5kg/kgm
総合評価

B

75.5点

初の電気自動車がランクインです。

発進時から320Nmを発揮するモーターのトルクは非常に魅力的です。

マイカーでは、発進加速でリーフに勝てる気がしません。

リーフが気になる方は

是非、新型リーフのモデルチェンジ情報もご覧ください!

価格は315〜403万円となっています。

第3位 ホンダ シビックハッチバック 1.5Lガソリンターボ

 

パワー トルク
独自採点点数 A-

81.8点

B

73.6点

ウェイトレシオ 7.4kg/PS 60.3kg/kgm
総合評価

B+

77.7点

次の車にいいなーなんて考えてるのが、このシビックハッチバック。

イギリス生産というだけでロマンありますよね。笑

スペック的には素晴らしいものを持っていて、特にパワー性能は素晴らしいです。

CVTとMTモデルがありますが、CVTじゃなくてDCTとか採用してくれたら最高なのになーって思ってます。

シビックハッチバックが気になる方は

是非、新型シビックハッチバックの試乗インプレもご覧ください!CVTモデルに乗ってます。

価格は280万円となっています。

第2位 マツダ アクセラスポーツ2.2Lディーゼルターボ

パワー トルク
独自採点点数 B

76.5点

S

95.4点

ウェイトレシオ 8.2kg/PS 33.6kg/kgm
総合評価

A

86.0点

トルク性能はバケモノですね。この2.2Lディーゼルエンジンが選べるということは、アクセラの大きな魅力ですね。

CX-5やCX-8、アテンザなんかにも2.2Lディーゼルエンジンが搭載されていますが、それらにはは改良されたエンジンが搭載されています。

現状、このアクセラには改良前のエンジンが搭載されているのですが、個人的に改良前のドッカントルクを発揮するディーゼルエンジン好きなんですよね。

改良後は、より滑らかでジェントルな感じなエンジンですが、改良前は、ガツンとトルクが出てくる感じで、軽快感は改良前の方が上かなとも思ってます。

そういう意味では今アクセラは狙い目なのかも。

2.2Lディーゼルエンジンが気になる方は

是非、新型CX-5(2.2Lディーゼル)の試乗インプレもご覧ください!

価格は279〜331万円となっています。

第1位 ホンダ シビックTYPE-R 2.0Lガソリンターボ

パワー トルク
独自採点点数 SS-

101.8点

S

95.1点

ウェイトレシオ 4.3kg/PS 34.1kg/kgm
総合評価

S+

98.4点

ランキングに入れようかどうか迷っていた車で、入れたらダントツ1位になるのは分かっていましたが、ここまでとは思いませんでした。

FF最速と言われるだけはありますね。

パワー、トルクともに異次元レベルの点数が出ていて、パワーに関しては100点オーバーしてしまいました。笑

なんか、後ろの羽を無くした大人し目の外観を持つ廉価版の発売が予想されていますが、とても興味あります。

妻がAT限定なので、MT買うの許してくれなさそうですが、MT買えるなら是非次の車に選びたいです。

価格は450万円となっています。

まとめ

ランキングいかがでしたでしょうか。

TYPE-Rは、輸入車含めても1位なんじゃないかな。輸入車編もお楽しみに!

おまけ 10位圏外の紹介

ランクインできなかった車は1台だけでした。

D  52.7点 マツダ アクセラ 1.5LガソリンNA

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly