くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【マニア試乗記】スバル 新型インプレッサスポーツ(2.0i-L/1.6i-L)を採点評価! 先代からの進化がすごい [動画あり]

8247 views
【マニア試乗記】スバル 新型インプレッサスポーツ(2.0i-L/1.6i-L)を採点評価! 先代からの進化がすごい [動画あり]

今回は10月にマイナーチェンジを迎え、さらに安全装備が充実した新型インプレッサスポーツに試乗してきました。実は私は先代のインプレッサスポーツユーザーで、今回フルモデルチェンジ後のインプレッサを初めて試乗しました。だいぶ進化しているという噂はちらほら聞いていたのですが、乗ったら欲しくなるだろうなと思って今まで乗ってませんでした笑

ちなみにマイナーチェンジでは下記の安全装備が追加されています。

  • 後退自動ブレーキ
  • 夜間歩行者認識機能の向上
  • サイドモニターの装備

 

試乗レビューに関しては、勝手ながら下記観点で採点もさせていただこうと思います。

  • 外観(いい外観だなと思えるかどうか)
  • 内装(品があるか、高級感があるか、かっこいいか、ごちゃごちゃしてないか、など)
  • 過ごしやすさ(主に2列目の居住空間と座り心地)
  • 静粛性、快適性(エンジン音、ロードノイズ、振動、風切り音など)
  • 力強さ(発進時加速、高速運行時の余裕など)
  • ハンドリング、コーナリング
  • 視界
  • 運転の楽しさ(総合して個人的主観で)

また、試乗の風景を動画に収めてきました。記事の最後に試乗動画も載せますので、そちらもよかったら見てください!

スポンサーリンク

スバル 新型インプレッサスポーツ試乗レビュー[素人] 先代からの進化がすごい

一言で表すと、

「価格以上の質でコスパは最高」

インプレッサスポーツですが、パワートレインは1.6L NAと2.0L NAの2種類になり、今回どちらも試乗させていただきました。ミッションはCVTのみとなっています。MTモデルがなくなったのは残念ですね。

特徴としては、何と言ってもアイサイトver4でしょう。先進安全装備は日本車のこのクラスではトップを走っています。あとは新世代プラットフォームを導入したことによる剛性感の高い走りですね。この辺り試乗してみた感想をお伝えできればと思います。

グレードとしては、1.6Lがi-Lの1種類、2.0Lがi-Lとi-Sの2種類用意されています。i-Sは18インチアルミを履いていたり、アルミペダルになっていたりと、スポーティな装備が付いてくるグレードになっています。ちなみに私の先代インプレッサのグレードは1.6i-Sですね。1.6Lではi-Sが選べないようになっています。

どのグレードも2WDと4WDを選択でき、1.6Lが194.4〜216.0万円、2.0Lが218.1〜261.3万円となっています。正直かなり安いなと思います。

スペックは下記のようになっています。

            2.0L            

重量 1320kg
最高出力 154PS/6000rpm
最大トルク 20.0kgf・m/4000rpm
74.3
パワー点数
67.2
トルク点数

            1.6L            

重量 1300kg
最高出力 115PS/6200rpm
最大トルク 15.1kgf・m/3600rpm
56.5
パワー点数
51.1
トルク点数

インプレッサスポーツの外観をチェック

先代からはだいぶ印象が変わりました。先代の外観はどちらかというと力強い印象でしたが、新型インプレッサはスマートでスタイリッシュな印象が強いですね。ころころ印象が変わるのもインプレッサの特徴かなと思います。こういう風にモデルチェンジで外観の印象を変えると、旧型の方が良かったという声が多く出てくる傾向にはありますが、個人的にはそういった声が出てくる方がいいと思います。先代は先代として個性を残してあげるというところですね。先代の顔が好きな人は先代のものを買ってもらえばいい的なスタンスが、車業界を盛り上げて行くんじゃないかなと個人的には思っています。先代インプレッサユーザーの私の意見としては、新型インプレッサのスタイリッシュな外観の方が好みです。

69
外観

インプレッサスポーツの内装をチェック

内装は劇的な進化を遂げていました。まず、インプレッサの内装とは思えない質感です。ナビゲーション周りも一体感があって非常にスタイリッシュに感じます。写真よりも実物を見た方がよりスタイリッシュ感を感じることができました。

シートの感じは正直先代とそこまで差はないかなと思います。もうちょっとホールド感が欲しいなと感じます。ただ、乗り心地は十分ですね。

73
内装
68
過ごしやすさ
スポンサーリンク

インプレッサスポーツの走行静粛性・快適性をチェック

静粛性は新型レガシィB4同様に、非常に高いです。ロードノイズは若干気になるかなというところはありますが、外の音に対する遮音性は非常に高いです。風切り音や他の車のエンジン音は全く入って来ず、包まれた感覚で安心感を得られます。剛性も高いのでなおさら安心感を持って運転ができます。こういったところは先代からかなり進化しています。

また、走行快適性はまあまあといったところでしょうか。剛性の高さを感じ安心感はあります。乗り味は少し硬めです。突き上げも若干ダイレクトに来る感覚はありますが、剛性が高く車がふらふらするような感覚はないので、安心感を持って快適に運転ができます。

72
静粛性
72
快適性

インプレッサスポーツの力強さをチェック

            2.0L            

トルクの出方は低速からでもグーンと伸びて出て来る感じで、スペック以上のトルク感を感じられました。インプレッサ乗るならこれくらいは最低でも欲しいなと思うレベルには達しているかなと思います。欲を言えばもう少し高揚感が出るエンジンフィーリングが欲しいなと感じました。エンジンフィーリングは少し大人し目で、少し物足りなさも感じてしまいます。

70
力強さ

            1.6L            

トルクの出方は2.0Lと同様でグーンと伸びて来る感じです。最大トルクが2.0Lよりも細い分、立ち上がりが早く、少し踏んだだけでエンジンの回転数がグーンと上がっていきます。このレスポンスの高さは結構気持ちがいいなと感じました。ただ、やはり1.6Lでは少し物足りないなと感じてしまいます。普通に使うぶんには十分なトルクとパワーだとは思いますが、もう少し余裕が欲しいなと感じます。ただ、先代の1.6Lよりはエンジンフィーリングもいいしレスポンスも早いので、楽しく運転ができる車になっていると思います。

58
力強さ
スポンサーリンク

インプレッサスポーツのハンドリング・コーナリングをチェック

ハンドルは先代と同じくらいの重さで相変わらずちょっと重いなという感じがします。個人的には軽くて取り回しが楽なハンドル感が好きなので、ちょっと不満です。ただ、コーナリングの安定感と、ハンドルを切った時のレスポンスは非常に高いものになっていて、先代とは見違えるものになっています。先代インプレッサは、コーナーでの安定感がいまいちで、高速走行におけるコーナーでは結構不安を感じるなというところが不満でした。また、ハンドルのレスポンスもあまり良いものではなく、くいっと曲がれないなあという感想を持っていました。この辺り新型インプレッサでは全く逆の印象を持たせてくれて期待以上の進化を遂げています。ステアリングのレスポンスはレガシィB4よりもクイックですし、安定度もレガシィB4と同等、もしくはそれ以上の安定感を感じることができました。

ただ、同じCセグメントのシビックハッチバックと比べると、シビックの方がハンドリングの感覚も安定度も高かったのかなあと感じます。シビックの方が接地感を感じることができたかなと感じています。まあ価格帯がだいぶ違ってインプレッサの方がだいぶ安いので、並列で比較することは無意味かもしれませんが。

74
ハンドリング・コーナリング

インプレッサスポーツの視界をチェック

視界はとてもいいですね。先代よりも見渡しがいいと感じています。スバルで一番ベーシックな車となるインプレッサを、誰でも安心して乗れるようにというところを意識して作った結果なのかなと感じています。

68
視界

インプレッサスポーツは運転が楽しい車?

先代よりは抜群に進化していて、運転の楽しさというところも倍増しているんじゃないかというくらいのものになっています。運転を楽しむにあたっての不満点を言うとすれば、ハンドルの重たさ、エンジンフィーリングの物足りなさ、パドルシフトが微妙と言うところをあげさせてもらおうかなと思います。パドルシフトに関してはCVTなので期待してはいませんでしたが、先代と同じようにクイック感というものは感じることができず、楽しむために使えるようなものにはなっていないなーと思います。シビックハッチバックはCVTでありながら、クイックで感触のいいパドルシフトを楽しむことができたので、若干期待してしまっていました。

ただ、こういった細かいところ以外は本当によくできている車です。この価格でこれだけ楽しく安心して乗れる車は他にはないんじゃないかなと思いますので、オススメできる1台になりますね。今後のスバル車のモデルチェンジが非常に楽しみです。

            2.0L            

66
運転の楽しさ

            1.6L            

62
運転の楽しさ

試乗動画の紹介

まとめ

試乗レビューいかがでしたでしょうか。少しでも参考にしていただければ幸いです。

今後、様々な車の試乗をしていきたいと思っていますので、こういう観点でレビューしてほしいとか、この車に乗ってみてほしいという要望があれば、是非ツイッターやコメントなどで言っていただければと思います。今後ともよろしくお願いします!

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね! カテゴリ「試乗レビュー」をチェック!

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。
    インプとシビックHBを試乗した人の感想が聞きたくて
    ここにたどり着きました。
    金額度外視で買うならどっちを選びます?

    • コメントありがとうございます!
      どちらも価格以上の質の高い車ですが、私ならシビックハッチバックを選びますかね。
      スタイルのよさ、1.5lターボのエンジンフィーリングのよさ、ステアリングの軽快さクイック感、CVTにしてはパドルシフトが割と使えるという点で、より楽しく運転できるなと思ったからです。
      参考になれば幸いです。今後もよろしくお願いします。

      • ご返信いただきありがとうございます。
        皆さん気を遣っておられるのか(笑)、なかなか具体的な名前を出して比較されるレビューが少なく
        すごく参考になりました。
        私も実は本日両車試乗しましてtmh080408さんと同じような感想をいだきました。
        なぜこんなにいい車なのにどちらもCVTなのか試乗中ずっと頭から離れませんでしたが(^_^;)
        (シビックの方はマイチェンで8DCTで載るみたいですね)

        他車の試乗レビューも読むのが楽しみです。
        ではでは。

        • こちらこそありがとうございます!コメント頂けるとやっぱり嬉しいです。
          マイチェンで8DCT追加は知らなかったです!ありがとうございます!CVTなことだけが気がかりだったのでかなり楽しみです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly