くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

スバル 新型フォレスターフルモデルチェンジ最新情報まとめ 2018年秋発売!? 2.0Lターボは廃止? 7人乗りはある?

37174 views
スバル 新型フォレスターフルモデルチェンジ最新情報まとめ 2018年秋発売!? 2.0Lターボは廃止? 7人乗りはある?

今回は、スバルのフォレスターがフルモデルチェンジを近々迎えるのではないかという噂があったので、話を聞いたり調査してみました。まだまだ確定している情報は少ないですが、ほぼ確定しているような情報も一部ありましたので、筆者の予測を踏まえてモデルチェンジの内容に関してまとめていきます。

新たな情報が入り次第、随時更新してまいりますので、更新時にはまたいらしていただければと思います。

また、現行のフォレスターは最終形態に入っていて成熟していることと、モデルチェンジを控えているため値引きがかなり期待できるので、原稿が気になっている方は今は安く買えるのではないかと思います。特に2.0Lターボのスペックはピカイチなので非常にオススメできる1台ですよ!

スポンサーリンク

[2018年秋発売]スバル 新型フォレスターフルモデルチェンジ情報 変更点予想

フォレスターはスバルの本格的SUVとも言える存在で、オフロード走行性能が高い車の1つです。今の時代SUVが流行りの時代になってきていますが、ラグジュアリーSUVが増えている中、こういった本格的なSUVは貴重な存在になっていますね。個人的にも非常に気になっている車の1つで、もし7人乗りモデルがあったなら、購入の候補に上がってたと思います。スバルは規模が小さくラインナップも少ないですが、フォレスターも含めて3台のSUVがラインナップされていてSUVに力を入れているメーカーの1つですね。ちなみにスバルのSUVラインナップは以下があります。

  • XV
  • フォレスター
  • レガシィアウトバック

XVがフルモデルチェンジを迎え、車幅が1800mmとなったため、現状フォレスターが一番車幅が狭いSUVとなっています。フルモデルチェンジでは確実にサイズアップしてくるでしょう。

新型フォレスターのフルモデルチェンジ発売日はいつ?

ネットでは、2018年春の予想が多いようですが、2018年春には発売されないだろうというのがディーラーでの予測です。個人的にも春には発売されないと思っています。今のところ一番濃厚な時期としてあげられているのが、2018年秋ということです。スバルも新型フォレスターに関しては、妥協なくこだわり抜いて作ってくるだろうと思っています。

新型フォレスターの変更点は?

変更点としては以下のようなことが予想されています。それぞれに関して、詳しく話していきたいと思います。

  • 外観・内装の変更(当たり前ですが)
  • パワートレインの変更
  • 7人乗りモデルの追加
  • スライドドアモデルの追加
  • グローバルプラットフォームの採用
  • モーター駆動式AWDシステムの採用
  • アイサイトツーリングアシストの採用
スポンサーリンク

新型フォレスターの外観はどうなる?

コンセプトカー「スバルVIZIV FUTURE CONCEPT」のデザインがベースになるでしょう。外観はコの字型のヘッドライトが特徴的でよくまとまっているデザインだなと思います。現行のフォレスターと比べると未来感があるようなデザインになっていますね。内装もかなり未来感のあるものになっています。コンセプトカーそのままということはないでしょうが、新型インプレッサの内装もかなり進化していたので、新型フォレスターの内装もコンセプトカーに近い、未来的なデザインが期待できます。

「スバルVIZIV FUTURE CONCEPT」の写真はこちら。

新型フォレスターのパワートレインはどうなる?

現行フォレスターのパワートレインは以下の2つになっています。

  • 2.0L NA
  • 2.0L ターボ

2.0Lターボエンジンの性能は抜群で、国内のSUVではトップの動力性能を持っています。

関連記事:本当に走りがいい国産SUVランキング10選

しかし、この2.0Lターボモデルはフルモデルチェンジで廃止されることが濃厚のようです。これはかなり残念です。理由としては、燃料がハイオクガソリンであり燃費が良くないことがあげられます。抜群の動力性能を持っているのですが、そこまでの動力性能を求める方が日本では少なく、売れ行きが悪いことで廃止されるようです。個人的にはフォレスターを買うなら絶対に2.0Lターボ買うのになあと思っていたのですが、やはり今の時代は燃費が求められてしまうんでしょうか。少し寂しい感じはします。

新型フォレスターでは、2.0Lターボに代わって、2.5L NAエンジンモデルが採用される見込みが高いとのことです。2.5Lといえば、10月にマイナーチェンジを迎えたレガシィにも採用されているエンジンですが、新型フォレスターでは新開発した2.5Lエンジンが採用されるでしょう。現行の2.0Lターボの性能を超えることは難しいと思いますが、それに近い性能を持つエンジンを開発してもらいたいものです。

また、PHVモデルが追加されるのではないかという噂もありますが、フルモデルチェンジ直後には追加されないだろうというのが現実的な予測です。現状、スバル車にはハイブリッドモデルすら存在しません。なのでフルモデルチェンジ直後は水平対向エンジンのガソリンモデルのみのラインナップになるでしょう。

関連記事:スバル 新型レガシィB4試乗レビュー[素人]

スポンサーリンク

新型フォレスターに7人乗りモデルは追加される?

個人的にはここが一番気になっていたところです。ディーラーの方曰く、7人乗りモデルが追加される見込みは高いのではないかという話でした。その理由としては、現在スバルで7人乗りモデルが選べるのはCROSSOVER7しかありません。そのCROSSOVER7は近々生産が停止されることが決まっています。よって、スバルで7人乗りの車を選べることができない状態になってしまいます。この状況をずっと続けるわけにはいかないので、新たに7人乗りモデル車が発売されることは確実です。7人乗りで有力なのがフォレスターとレガシィアウトバックですが、レガシィアウトバックは最近マイナーチェンジが実施され、そこでも7人乗りモデルは追加されませんでした。そのため、フォレスターに追加されることがかなり濃厚になっています。

大型SUVのアセントという新たな車が発表されていますが、この車はあまりにも大きく、国内では発売されないでしょう。よって、国内向けにはフォレスター7人乗りモデルを売るというのが一番筋が通った話になるかと思います。

新型フォレスターはスライドドアが採用?

これはあくまで個人的な予測かつ希望なのですが、先ほど紹介したコンセプトカーはスライドドアを採用しており、新型フォレスターにもスライドドアを採用してくれないかなと期待しています。現状、SUVでスライドドアを採用している車はありませんので、ここで先陣を切ってスライドドアSUVというジャンルを作って欲しいなと期待しています。世の中ミニバンだらけになっていますが、スライドドアが採用されるだけでも世の中のお父さんが買いやすくなるのではないかなと思います。

新型フォレスターにはグローバルプラットフォームが採用?

新型インプレッサスポーツから採用された、グローバルプラットフォームの採用は確実です。プラットフォームの共通化により、開発コストを抑え、開発スピードを上げることができます。このグローバルプラットフォームを採用したインプレッサスポーツの試乗もしていますが、非常に剛性が高く、安心して乗れる車に仕上がっていましたので、フォレスターだけでなく、今後のスバル車には非常に期待してしまうものとなっています。

関連記事:スバル 新型インプレッサスポーツ(1.6L/2.0L)試乗レビュー[素人]

新型フォレスターにはモーター駆動式AWDシステムが採用?

現行フォレスターではシンメトリカルAWDという駆動方式が採用されており、AWDシステムにはかなりこだわりを持っているスバルですが、これをさらに進化させたモーター駆動式AWDシステムが採用される見込みがあります。具体的には、後輪をモーターで駆動させることができるシステムになっていて、モーターで駆動することにより、前輪から動力を伝えるためのドライブシャフトが必要なくなります。ドライブシャフトが必要なくなると、その分重量が軽くなり、燃費や走行性能が高くなるというメリットがあります。また、ドライブシャフトがない分、フロアがフラットになり居住性が高くなるというメリットもあります。居住性を高めることができれば、若干のサイズアップで7人が乗れる室内空間を手に入れることも十分可能になると思いますので、7人乗りモデルが追加される可能性は高いです。

新型フォレスターにはアイサイトツーリングアシストが採用?

アイサイトツーリングアシストの採用は確実でしょう。さらに機能が向上したアイサイトVer4の採用も十分にあると思います。アイサイトツーリングアシストは現状、国内ではトップクラスの安全装備になっていますね。他のメーカーではできていないアイサイトツーリングアシストならではの機能は、0~120kmでのクルーズコントロール+車線維持システムです。渋滞追従機能付きクルーズコントロール機能は、最近ちらほら他のメーカーでも採用している車が増えてきていますが、0kmから車線維持システムを作動できる機能を持っている車は、国産車にはありませんし、外車でもほとんどのメーカーができていない技術になっています。今後どのような機能が増えていくのか楽しみなところですね。

まとめ

新型フォレスターのフルモデルチェンジ情報はいかがでしたでしょうか。非常に期待できるフルモデルチェンジ内容になっていると思います。まだまだ不確定要素が多い状況ですが、何か新しい情報があればディーラーさんから情報を提供いただけることになっていますので、新しい情報を手に入れ次第すぐにブログに反映していきます!更新時にはまたこのブログに立ち寄っていただければと思います。

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly