くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

ホンダ 新型ヴェゼル マイナーチェンジ2018最新情報(発売日・価格・スペック)まとめ! 今後はどうなる?

10322 views
ホンダ 新型ヴェゼル マイナーチェンジ2018最新情報(発売日・価格・スペック)まとめ! 今後はどうなる?

追記:新型ヴェゼル HYBRID RSに試乗してきました。試乗記を書きましたので是非ご覧ください。

新型ヴェゼル HYBRID RSの試乗記を見る

売り上げNo.1SUVの座を3年も守り続けていたホンダ ヴェゼルですが、トヨタ CH-Rの台頭によりトップの座を奪われてしまっています。トップの座を奪還すべく、2018年に力の入ったマイナーチェンジを実施しました。今後のモデルチェンジの動向についても予想しています。

また、その他新型情報は「最新発売情報カレンダー」でまとめていますので、こちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ホンダ 新型ヴェゼル マイナーチェンジ2018最新情報(発売日・価格・スペック)まとめ! ダウンサイジングターボを搭載!

ホンダ 新型ヴェゼルの外観は?

公式に新型のエクステリアの写真が公開されました。まずはご覧いただきましょう。

参照:ホンダ公式HP

現行のヴェゼルはこちら。

参照:ホンダ公式HP

変更点としては以下の変更が行われています。

  • ヘッドライトの形状変更(ジュエルアイの採用)
  • フロントグリル、フォグランプ周りの形状変更
  • リアランプ周りの変更
  • バンパーの変更

変更箇所は軽微ですが、かなりスタイリッシュな印象に変わりましたね。

ステップワゴンスパーダのマイナーチェンジと同様に、ジュエルアイヘッドライトを採用したことで洗練されたフロントフェイスになっています。

また、新型ヴェゼルではホンダの新開発色である「オーロラアメジスト・メタリック」と「シルバーミストグリーン・メタリック」の2色が追加となっています。

「オーロラアメジスト・メタリック」
シルバーミストグリーン・メタリック

オーロラアメジスト・メタリックは渋くていい色ですね。何色とも言い難い色で実物を見てみたいです。

シルバーミストグリーン・メタリックは、元々グリーン系の色設定がありましたが、それに置き換わるグリーン系のボディカラーになります。以前よりも若干薄めの色合いになっていて、おしゃれなグリーンという印象がありますね。明るすぎず濃すぎず、なかなかいい色になっていると思います。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

ホンダ 新型ヴェゼルのインテリアは?

フロントシートの形状を変更し、質感とホールド感の向上を行いました。写真はRSモデルのシートになります。スポーティさと質感の向上が見られます。

また、「Apple CarPlay」と「Android Auto」といったスマホ連携システムにも新たに対応しています。

スポンサーリンク

ホンダ 新型ヴェゼルのパワートレインは?

ハイブリッド「i-DCD」の改良

i-DCDとは7速のデュアルクラッチミッションと組み合わされる珍しいハイブリッドシステムで、スポーツハイブリッドと呼ばれるシステムです。

ただ、このDCTのギクシャク感が不満点としてあげられていて、改良されたi-DCDを採用されます。

すでにフィットのマイナーチェンジでは改良されたi-DCDが採用されていて、ギクシャク感がなくなりスムーズになっていると高評価を受けています。

1.0Lガソリンターボモデルの追加はありませんでした

1.5LガソリンNAエンジンは廃止とし、代わりに1.0Lガソリンターボモデルが追加となると予想されていましたが、今回のマイナーチェンジでは1.5L NAエンジンを引き続き搭載してきました。少し残念なところです。

しかし、今後のモデルチェンジではターボエンジンを搭載してくるでしょう。

1.0Lターボエンジンは、欧州向けシビックに採用されている、1.0Lターボ3気筒の「VTEC TURBO」が採用されます。

スペックは、ライバル車であるトヨタ CH-Rに採用されている1.2Lターボエンジンよりも高い数値を誇っています。

ホンダ  1.0Lターボ トヨタ 1.2Lターボ
最高出力 129ps/5,500rpm 116ps/5,200rpm
最大トルク 20.4kgm/2,250rpm 18.9kgm/1,500rpm

車両重量を1,190kgと仮定した場合の、パワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオの本ブログオリジナル採点結果は下記のようになります。

70.0
パワーウェイトレシオ点数
75.2
トルクウェイトレシオ点数

参考:現行ヴェゼル 1.5Lは、パワー点数が71.0点、トルク点数が58.3点となっています。

また、ライバル車であるCH-R 1.2Lターボは、パワー点数が47.6点、トルク点数が59.2点となっています。

RS用に1.5Lガソリンターボモデルの追加もありませんでした

RSは以前と同様にパワートレインの差別化はしてきませんでした。ハイブリッドモデルとガソリンモデル共にRSを選ぶことができるようになっています。

今後のフルモデルチェンジではRSの差別化のために1.5Lターボエンジンが搭載されるのではないでしょうか。新型シビックセダンに搭載されている1.5Lターボエンジンが濃厚です。スペックは以下の通りになります。

最高出力 173ps/5,500rpm
最大トルク 22.4kgm/1,700rpm

これが実現すれば、かなりの高スペックを手に入れることになります。本ブログで紹介してるSUVスペックランキングでも上位に食い込んでくるでしょう。

車両重量を1,250kgと仮定した場合の、パワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオの本ブログオリジナル採点結果は下記のようになります。

83.0
パワーウェイトレシオ点数
77.2
トルクウェイトレシオ点数

 

ディーゼルモデルは見送り

欧州ではディーゼルモデルも展開しているので、国内でもと期待はされていますが、今回のマイナーチェンジでは搭載はありません。

ホンダ 新型ヴェゼルのHonda SENSINGは?

Honda SENSINGはマイナーチェンジで全車標準装備となります。最近のホンダの動向からして当然でしょう。

また、渋滞追従機能付ACC, オートブレーキホールド, 後退誤発進抑制といった最新の装備も付いてきます。新型オデッセイ新型ステップワゴンではハイブリッドモデルのみにこれらの機能が付いてきていましたが、ヴェゼルはガソリンモデル、ハイブリッドモデル共に全車標準装備となります。これは素晴らしいですね。

ホンダ 新型ヴェゼルは静粛性が向上する?

新型N-BOX新型ステップワゴンで凄まじい静粛性の向上を果たしていますが、その技術をヴェゼルにも反映させ静粛性の向上を行なっています。N-BOXはかなり静粛性が向上していますので、新型ヴェゼルの静粛性にも期待ができますね。

ボディの制振材の強化や配置の見直しだけでなく、エンジンのポンプの構造を見直し、そもそものエンジン音を低減させる工夫もされています。

スポンサーリンク

ホンダ 新型ヴェゼルの燃費は?

ハイブリッドモデルの燃費は変わらずJC08モードで27.0km/Lとなっています。

ガソリンモデルの燃費はJC08モードで21.2km/Lと若干向上しました。(マイナーチェンジ前は20.6km/L)

ホンダ 新型ヴェゼルの価格は?

価格は、Honda SENSING標準装備により、若干値上げになりました。

パワートレイン別の価格は以下の通りです。

エンジン 価格
1.5Lハイブリッド(i-DCD) 246〜292万円
1.5Lガソリン 207〜247万円

ホンダ 新型ヴェゼルの発売日は?

2018年2月15日に発売となりました。

ホンダ 新型ヴェゼル最新情報まとめ

ヴェゼルの最新情報はいかがでしたでしょうか。ヴェゼルには走りにこだわったSUVになって欲しいので、今後のモデルチェンジではダウンサイジングターボの採用、RSグレードの差別化は必至だと思っています。

ライバル車となるCH-Rのスペックはかなり低めになっていますので、それを大幅に超えるスペックを搭載し、No.1の座を挽回して欲しいものですね。

また、その他新型情報は「最新発売情報カレンダー」でまとめていますので、こちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

この記事は参考になりましたか?

0
(最終更新:2018年5月15日)
10322 views

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly