くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

試乗マニアが選ぶコンパクトSUV 超おすすめ5台 (国産&外車)【2018年版】

2459 views
試乗マニアが選ぶコンパクトSUV 超おすすめ5台 (国産&外車)【2018年版】

こんにちは、試乗マニアのくるすぺです。

専ら試乗レビュー記事を書いていることが多いのですが、記事も溜まってきたのでオススメ紹介もしていきたいと思います。

今回は、今最も勢いがあるSUVの中でも一番熱いコンパクトSUVのおすすめ車種をランキング形式で紹介したいと思います。

オススメの車については、以下を紹介していきたいと思います。

  • 車の特徴や、試乗した際の感想
  • 試乗レビュー記事リンク(書いていれば)
  • 基本スペック
  • パワートレインの独自採点方式による評価

パワートレインの評価については、本ブログ独自の採点方式で、最高出力を重量で割ったパワーウェイトレシオ、最大トルクを重量で割ったトルクウェイトレシオを点数化し、その点数によってS〜Gまでランク付けを行います。(パワプロリスペクトです

スポンサーリンク

試乗マニアが選ぶコンパクトSUV 超おすすめ5選!(国産&輸入車)

まずは、コンパクトSUVの特徴について紹介したいと思います。

コンパクトSUVってどんな車?

SUVの中でも、コンパクトSUVに分類されるのは、全長が4.4mくらいまでのものになります。

明確な基準はありませんが、C-HRやヴェゼルがコンパクトSUVの代表格ですね。

今、コンパクトSUV市場は激アツで、新型車やフルモデルチェンジが続々と出てきています。特に輸入車に新型車の発売が多いですね。

今、コンパクトSUVはめちゃくちゃオススメ。価格も割と抑えられていながら、高い走行性能とユーティリティを誇っているのが魅力です。

個人的には輸入車の方が狙い目かなと思ってます。

 

ちなみに、くるすぺ認定のコンパクトSUVは全部で25車種あります!

コンパクトSUV一覧(クリックで開きます)
トヨタ C-HR
日産 ジューク
ホンダ ヴェゼル
スバル XV
マツダ CX-3
スズキ SX4 S-CROSS
スズキ エスクード
スズキ クロスビー
スズキ ジムニーシエラ
三菱 RVR
三菱 エクリプスクロス
アウディ Q2
アウディ Q3
ジープ レネゲード
ジープ コンパス
ジャガー E-PACE
BMW X1
BMW X2
フィアット 500X
プジョー 2008
ボルボ XC40
ミニ ミニ クロスオーバー
ベンツ GLA
ランドローバー イヴォーク
ルノー キャプチャー

この中からTOP5に選ばれるのは果たしてどの車たちでしょうか!

では早速ランキング紹介へと参りましょう!

第5位から順に発表していきますので、最後までお楽しみに!

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

第5位 ホンダ ヴェゼル

参照:https://honda.co.jp

2013年 2代目発売(2018年マイナーチェンジ)

 

コンパクトSUVと言えばこの車を思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

まず私がオススメしたいのは、ホンダ渾身のコンパクトSUVヴェゼルです。

トヨタC-HRが登場するまでは、売り上げ台数でもずっとトップを張っていたヴェゼル。

試乗するまで正直舐めていた車ではありましたが、走行性能が非常に高い車です。

 

パワートレインとしてはガソリンモデルとハイブリッドモデルがありますが、断然ハイブリッドモデルをおすすめしたいです。

ハイブリッドには、i-DCDというホンダらしい変態チックなハイブリッドシステムが採用されています。

7速DCTと組み合わされたハイブリッドシステムですが、改良前はギクシャク感が大きく不評だったものの、改良後はギクシャク感は全くなく、DCT特有のダイレクト感のある走りが存分に楽しめる仕様になっています。

モーターは主に発進時に発揮してくれて、低速で太いトルクを発生させ、スムーズで楽な加速を実現してくれます。

この加速感、ダイレクト感というのはなかなか独特で、病みつきになるような面白さがありますね。

ホンダは今後i-MMDという別のハイブリッドシステムに注力するという噂もありますので、i-DCDは今しか買えないかもしれません。ということで今オススメしたいのです。

 

ヴェゼルが気になった方は、下記試乗記も是非ご覧ください! ハイブリッドモデルに試乗しています。

ヴェゼル HYBRID RSのマニア試乗記を見る

 

スペックなどは下記の通りです。

基本スペック(HYBRID RS)
サイズ 4,340 x 1,790 x 1,605
重量 1,310kg
エンジン 1.5L直列4気筒 NA + ハイブリッド
ミッション 7速DCT
最高出力 152PS/6,600rpm
最大トルク 19.2kgm/0rpm
燃費・燃料 25.6km/l・レギュラー
駆動方式 FF・4WD(RSはFFのみ)
パワートレイン別情報
1.5Lハイブリッド 価格帯
246.0〜292.6万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B

74.0点

C+

68.8点

1.5Lガソリン 価格帯
 207.5〜247.5万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B-

71.0点

D+

58.3点

パワートレイン評価で見ても、やっぱり魅力的なのはハイブリッドモデル。

試乗してきたのは、RSというスポーティなグレードでしたが、このRSというグレードもかなりオススメ。

専用のパフォーマンスダンパーが採用されるなど、スポーティな走りに特化したグレードとなっています。

自分が買うならRSにするかな。ただ、RSには4WDの設定がないのが残念なところです。

スポンサーリンク

第4位 ボルボ XC40

参照:https://www.volvocars.com

2018年 初代発売

 

ボルボのXC40は、デザインセンスが非常に秀逸です。

子犬のブルドッグをモチーフにしたというフロントフェイスは、美し過ぎずかっこよ過ぎず、どこか愛らしい、非常に魅力的なエクステリアに仕上がりました。

インテリアも、遊び心満載の、カジュアルな雰囲気でまとめられていて、堅苦しさがなく非常に印象的です。

また、インテリアでは、フロントドアボックスのスピーカーを上部に配置して、広大な収納スペースを確保したり、コンソールボックスには取り外し可能なゴミ箱を設置したり、使い勝手を追求したラゲッジスペースの機能性など、日本車以上に使い勝手にこだわり抜いているところも、非常に特徴的な部分です。

 

エンジンは2Lガソリンターボエンジンを搭載しており、国産コンパクトSUVとは一線を画した、高スペックな力強い走りも魅力の1つですね。

ボルボならではの先進安全装備ももちろん充実していて、剛性感抜群で安定感も高く、乗っていて安心できる車に仕上がっています。

安定感、安全性といった部分では、コンパクトSUVの中では随一ではないでしょうか。

 

可愛らしいルックスではありながら、抜群の走行性能を持つXC40。実は、欧州カーオブザイヤー2018を受賞しているんです。

国産と比べると、やや価格は高くなりますが、それでもこのルックスと走行性能、安全性というのは非常に魅力的。

ボルボ車の中でも非常にオススメの1台だと思います。

 

XC40が気になった方は、試乗レビュー記事を是非ご覧ください! 

ボルボXC40のマニア試乗記を見る

 

スペックなどは下記の通りです。

基本スペック(T5 AWD R-Design)
サイズ 4,425 x 1,875 x 1,660
重量 1,690kg
エンジン 2.0L直列4気筒ターボ
ミッション 8AT
最高出力 252PS/5,500rpm
最大トルク 350Nm/1,800rpm
燃費・燃料 12.4km/l(JC08モード)・ハイオク
駆動方式 FF・4WD
パワートレイン別情報
2.0Lターボ(T5) 価格帯
539.0〜549.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
A

86.4点

A

84.2点

2.0Lターボ(T4) 価格帯
389.0〜499.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B

75.3点

A-

80.1点

2Lターボエンジンですが、T4とT5と呼ばれる2つのエンジンが存在します。

T5の方がハイスペックになっていますが、正直T4で十分すぎるほどのスペックを持っていますので、オススメしたいのはT4

試乗したのはT5 R-Designという、スポーティなグレードのものになりますが、試乗した感じはT4くらいのスペックの方がこの車には似合っているんじゃないかなと思います。

スポーティなR-Designグレードもいいですが、ホワイトルーフが選べるMomentumグレードも非常に魅力的。グレード選びも楽しめる車です。

Momentumグレードで選べるホワイトルーフ。

第3位 スバル XV

参照:https://www.subaru.jp

2017年 3代目発売

 

コンパクトSUVと呼んでいいのか微妙なラインではありますが、どこかのランキングにどうしても入れたいのが新型XV。

コストパフォーマンス的には最強かもしれません。

 

フルモデルチェンジで、スバルグローバルプラットフォームという共通プラットフォームが採用されたのですが、これが本当に素晴らしい!

剛性感、安定感の高さはもちろん、非常に優秀なステアリング操舵性がスバルグローバルプラットフォームの大きな魅力になっています。

 

スタイリングも中々良くて、インプレッサを踏襲したエクステリアデザインになっていますが、初めからXVが一番カッコよくなるデザインを考えてインプレッサのデザインを考えたみたいです。

ソリッドカラーがよく似合う車で、街中で走っているとつい目が奪われてしまう自分がいます。グレーカーキのXV好きだなあ。

グレーカーキのXV

 

パワートレインは、2.0Lと1.6LのどちらもガソリンのNAエンジンです。

これがちょっと残念だなーと思ってたポイントでした。(ターボエンジンの採用を望んでました。)

ただ、乗ってみるとリニアトロニックCVTとNAエンジンの相性は結構よくて、発進時からスムーズに加速していく感じは、中々気持ちいいものがありました。

NAのいいところも存分に出ていて、これはこれでいいなーというのが正直な感想です。

 

XVが気になった方は、下記試乗記も是非ご覧ください

スバル XV 2.0i-Sのマニア試乗記を見る

 

スペックなどは下記の通りです。

基本スペック(2.0i-S)
サイズ 4,465 x 1,800 x 1,550
重量 1,440kg
エンジン 2.0L水平対向4気筒
ミッション CVT
最高出力 154PS/6,000rpm
最大トルク 196Nm/4,000rpm
燃費・燃料 16.0km/l(JC08モード)・レギュラー
駆動方式 4WD
パワートレイン別情報
2.0Lガソリン 価格帯
248.4〜267.8万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B-

70.1点

C

63.3点

1.6Lガソリン 価格帯
213.8〜224.6万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
D-

50.3点

E

45.3点

パワートレイン評価を見る限り、XV買うなら2.0L一択かなーというのが個人的意見です。

1.6Lじゃかなり物足りないんじゃないでしょうか。国産SUVの中でも最低ランクの評価になっています。

1.6Lでいいかなーと思っている方は、是非一度2Lと1.6Lを乗り比べてみてから決めて欲しいなと思います。

スポンサーリンク

第2位 ジャガー E-PACE

参照:www.jaguar.co.jp

2018年 初代発売

 

この車のランクインは少し意外だと思われる方も多いかもしれません。

ジャガーというだけあって、結構な価格になってしまいますが、それを考慮しても強くオススメしたい1台になっています。

自分がコンパクトSUVで一番欲しいと思わせられたのが、このE-PACEかもしれません。

 

E-PACEのコンセプトは、ジャガーのスポーツカー「F-TYPE」をSUVにしたらどうなるのかを体現したもの、ということで、顔つきはF-TYPEそっくりで、スポーティ感満載です。

出始めたときは、この顔どうなんかなーと、ちょっとネガティブな印象を持っていましたが、実際に間近で見てみて、時間が経つにつれて、すごくカッコよくて、そして愛らしい魅力的なエクステリアだなーとひしひしと感じるようになりました。

 

デザインもさることながら、やはり特出すべきは抜群の走行性能です。

2Lターボエンジンを搭載していて、標準モデルでも250PSを、そしてスポーティグレードでは300PSを発揮する、超スポーティSUVとなっています。

ダイナミクスモードというSPORTモード的なものが搭載されているのですが、それとマニュアルモードの組み合わせは、もう異次元レベルで楽しいのです。スポーツカーと名乗ってもいいでしょう。

あと、案外乗り心地もいいんですよね。硬いのは硬いんですが、嫌な突き上げ感は全然なくて、中々心地よい走りをしてくれます。

 

E-PACEが気になった方は、下記試乗記も是非ご覧ください! 250PSの2Lガソリンターボモデルに試乗してきました。

ジャガーE-PACE(250PS)のマニア試乗記を見る

 

スペックなどは下記の通りです。

基本スペック(250PS)
サイズ 4,410 x 1,900 x 1,690
重量 1,890kg
エンジン 2.0L直列4気筒ターボ
ミッション 9AT
最高出力 249PS/5,500rpm
最大トルク 365Nm/1,300rpm
燃費・燃料 -・ハイオク
駆動方式 4WD
パワートレイン別情報
2.0Lガソリン

ターボ

(250PS)

価格帯
475.0〜697.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
A-

80.7点

A-

81.3点

2.0Lガソリン

ターボ

(300PS)

価格帯
605.0〜759.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
A+

88.6点

A

84.6点

2.0Lディーゼル

ターボ

価格帯
451.0〜673.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C-

60.7点

A

87.1点

300PSも魅力的ではありますが、250PSで十分に楽しめるものを持っています。

個人的にはE-PACE買うならディーゼルよりガソリンかな〜。このガソリンエンジンのフィーリングは抜群にいいです。

9速ATが採用されていますが、若干ターボラグのようなレスポンスの遅さを感じる場面もありました。DCT採用してくれないかなーというのが、密かな願いです。

あと、全長1,900mmはネックになるかなあ。1850mmくらいに収めて欲しかったな。

第1位 三菱 エクリプスクロス

参照:https:/www.eclipse-cross.jp

2018年 初代発売

 

1位に選ばせていただいたのは、三菱エクリプスクロスです。

正直、1位2位は悩んだんですが、コストパフォーマンス的にはこちらの方が上で、人にオススメするならこれだなということで選ばせていただきました。

 

試乗してベタ惚れしてしまったのですが、走りで言うと、国産SUVのなかで頭一つ抜けているかもしれません。

何と言っても魅力的なのが、固めでありながら心地よく、癖になる乗り心地

オススメCセグメントハッチバックでもランクインさせていただいた、ルノーメガーヌと似た感覚を覚えました。

試乗マニアが選ぶCセグメントハッチバックおすすめ集

 

パワートレインは、1.5Lターボ8速スポーツモードCVTという組み合わせ。

このCVTがなかなかよくて、パドルシフトによるシフトチェンジも楽しめます。

また、S-AWCという評価の高い四駆システムが採用されていて、雪道でも安心です。

この四輪駆動システムが採用されていることも、ランクインの大きな要因です。

 

あと、スタイリングもとてもいいですよね。

あまり街中では見かけることが少ない車ですが、走っていると目を奪われてしまいます。

独特なリアデザインも、個人的にはすごくいいと思いますよ。

エクリプスクロスのリアデザイン。 テールランプでリアガラスが分断されているのが非常に特徴的です。

 

街中にありふれた車は嫌だなと思っている方には、もうすごくオススメ。だって走りは素晴らしいもの。

 

エクリプスクロスが気になった方は、下記試乗記も是非ご覧ください

三菱 エクリプスクロス (2018)のマニア試乗記を見る

 

スペックなどは下記の通りです。

基本スペック
サイズ 4,450 x 1,805 x 1,685
重量 1,460kg
エンジン 1.5L直列4気筒ターボ
ミッション 8速スポーツモードCVT
最高出力 150PS / 5,500rpm
最大トルク 24.5kgm / 2,000rpm
燃費・燃料 15.0km/l(JC08)・レギュラー
駆動方式 FF・4WD
パワートレイン別情報
1.5Lターボ 価格帯
253.2〜309.5万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C

66.7点

B

74.1点

スペック的には、必要十分と言った感じ。

突出はしていませんが、十分に楽しめるスペックですし、かなり扱いやすいと思います。

燃費は今一歩と言ったところですかね。アウトランダーみたく、PHEVなんか出てくると、さらに魅力的な車になりそうです。

最後に

おすすめランキングはいかがでしたでしょうか。

1つでも気になる車が見つかったなら、とても嬉しいです。

今回紹介した車は、どれも自信を持ってオススメできる車です。

買って後悔しないクルマたちだと思いますので、気になった車があれば是非一度試乗してみてください!

 

他のジャンルのオススメランキングはこちら!

試乗マニアが選ぶミドルサイズSUVおすすめ集

試乗マニアが選ぶCセグメントハッチバックおすすめ集

 

SUVの他のランキングはこちら!

国産SUV動力性能ランキング

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

この記事は参考になりましたか?

0
(最終更新:2018年9月6日)
2459 views

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly