くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【試乗インプレ】プジョー新型5008GT(8AT)を5008ユーザーが乗る! 8ATっていいの?

3059 views
【試乗インプレ】プジョー新型5008GT(8AT)を5008ユーザーが乗る! 8ATっていいの?

マイナーチェンジ前の6ATの5008GTに乗っている私が、新型の8ATを採用した5008GTに試乗してきました!

本記事では、6ATから8ATに変わったことによる変化も含めて、改めて5008GTの試乗レビューをしていきたいと思います。

また、6ATモデルの納車レビュー記事はいくつか書かせていただいてます。こちらも参考にしていただければと思います。



試乗インプレッションでは、年間50台ペースで試乗している自称「試乗マニア」ならではの視点でレビューさせていただきます。

また、勝手ながら以下の5つのポイントでパワプロ風採点評価もさせていただきます。(最高S、最低G)

採点評価の5つのポイント

  • 加速感
  • 乗り心地
  • 操舵性
  • 静粛性
  • 楽しさ

8ATは果たして成功なのかどうなのか!?詳しくレポートしていきます!

スポンサーリンク

【試乗インプレ】プジョー新型5008GT(8AT)を5008ユーザーが乗る! 8ATっていいの?

まずは、価格やスペックなどの基本情報を紹介します。

新型5008GTの基本情報

Photo by くるすぺ in 白山白川郷ホワイトロード

グレード

今回試乗させていただいたのは、「GT BlueHDi」というディーゼルモデル。従来と変わらず2.0Lのディーゼルターボエンジンが搭載されています。

価格は、473万円です。自分が購入した時は454万円でしたので、随分と値上がりしてしまいました。

1.6Lターボエンジンを積んだガソリンモデルも存在します(Allure)。

グレード間の差はエンジンだけでなく、GTには以下の装備がAllureに加えて装備されます。この辺りはマイナーチェンジ前から変わってません。

  • アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)
  • クロームドアミラー・リアアンダーガーニッシュ(クローム)
  • i-Cockpitアンプリファイ
  • ドライバースポーツバック
  • アルミペダル&フロントドアステップガード
  • 18インチアロイホイール [LOSANGELES]
  • マッド&スノータイヤ

特に、アドバンスドグリップコントロールドライバースポーツバックがあるというのは大きいですね。

5008はFFしか用意されていないのですが、走破性を補うためにSNOWモードやSANDモードが選べるアドバンスドグリップコントロールが採用されています。

ドライバースポーツバックというのは所謂SPORTモードですね。これがかなり楽しいので、グレードとしてはGTが断然オススメです。

また、今回新たに採用された8ATも、GTのみの採用となっています。(Allureは従来通り6AT)

先進安全装備

従来から変更はありませんが、先進安全装備も意外と充実してます。

自動ブレーキサポートはもちろん、レーダークルーズコントロールやレーンキープアシスト機能も搭載していて、さらにはオプション扱いになりがちなブラインドスポットモニターも標準装備されています。

ただ1点残念なのは、クルーズコントロールが渋滞追従機能付きではないこと。30km/h以上でしか作動しません。(一度作動すれば、30km/h以下になっても停止するまでは作動し続けてくれます。)

オートブレーキホールド機能もありません。この辺りマイナーチェンジで付けてこられたら、先代モデルを買った自分としてはかなり悔しがったと思います。

2019年初頭に登場予定の新型508には、とうとう渋滞追従機能つきACCが採用されるみたいですね。

ファーストクラスパッケージについて

今回のマイナーチェンジで、新たにファーストクラスパッケージというオプションが追加されました。価格は30万円で、以下の装備がセットになっているパッケージです。

  • 運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • シートヒーター
  • フロントカメラ(360°ビジョン)
  • 自動パーキングアシスト
  • パノラミックガラスルーフ

今までは、レザーシートを選ばなければ、電動シートやシートヒーターが付いてこなかったのですが、このパッケージではアルカンタラシートで装備することが可能です。

また、本国でオプション扱いになっていて、国内ではオプションでも設定できなかった、フロントカメラと自動パーキング機能も装備されます。

以前は、サンルーフのみで15万円というオプション設定でしたので、15万でこれらが付いてくるという感じですね。

そう考えると結構魅力的で、自分が買うときにこれがあったら選んだかもしれないですね。

けど、個人的にサンルーフ要らない派なので、15万でこれらのオプション設定できるようにしてほしいなあと思いました。

スペック

くるすぺオリジナルのスペック表は下記の通りです。

基本スペック(GT BlueHDi)
サイズ 4,640 x 1,860 x 1,650
重量 1,690kg
エンジン 2.0L直列4気筒ターボ
ミッション 8AT
最高出力 177PS/3,750rpm
最大トルク 400Nm/2,000rpm
燃費・燃料 17.8km/l(JC08モード)・軽油
パワートレイン別情報
2.0L

ディーゼル

価格帯
473.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C+

67.9点

A+

89.0

1.6L

ガソリン

価格帯
404.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C+

68.9点

B-

71.1点

8ATになったことによって、最高出力が3PSだけ下がって177PSとなりました。違いはほとんど感じないレベルだと思います。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

新型5008GTの試乗インプレッション

Photo by くるすぺ in ビーナスライン

8ATはどうなの?

6ATに乗ってる私が8ATに乗ってみて、実際8ATはよかったのかどうかと聞かれたら、よかったと答えます。

おそらく多数が8ATの方がいいと答えるんじゃないでしょうか。

8ATになって、シフトチェンジの際のショックはかなり小さくなり、いつどこでどのギアが入っているか全然わからないレベルでスムーズになりました。

50〜60km/hくらいで巡行すると、6ATだと5速ギリギリ入らないくらいの4速で走ることになるのですが、8ATでは6速に入って常に低回転で巡行できるので、街乗りの実燃費も結構向上しているんじゃないかなと感じました。

スンスンと、スムーズにどんどんシフトアップしていく感覚はなかなか気持ちいいですね。

ただ、6速ATの方がよかったと思う方も少なくはないのかなとも思ってます。

私自身、6ATは6ATで魅力的だと思っていて、グーンと低いギアで引っ張っていく感じの気持ちよさは、圧倒的に6ATに分があるなと思います。

マニュアルモードで操作する感じも、6ATの方がガチャガチャギア変えている感じがダイレクトに伝わってきて、楽しく走れる気がします。

ジェントルに走るなら8AT、楽しく走るなら6ATって感じですかね。

今回マイナーチェンジで、GTの全てが8ATになってしまいましたが、ここはオプションでどちらか選べるようにしてもよかったのかなあと感じました。

8ATが出たことで、6ATの中古車や新古車も値下がりすると思うので、6ATの中古も結構狙い目かもしれません。

癖になる乗り心地

ここからは、6AT、8AT共通して言えることになります。

まず、自分が気に入っているのは、なんとも言えない乗り心地。

決して抜群に乗り心地が言い訳ではないのですが、なんか癖になる乗り心地なんですよね。不快感が全くない訳ではないのに、なんか乗りたくなっちゃう乗り味。

言葉にするのがとても難しいのですが、接地感があるというか、車と一体になって走れている感覚がとても好きです。

5008を購入してからというもの、ついつい走りたくなっちゃって、夜な夜な用もないのにドライブに行くことが多々あります。そのせいで9ヶ月で16,000kmほど走ってしまいました。

スポンサーリンク

小径ステアリングによる軽快なハンドリング

5008の最大の特徴と言ってもいいのが、小径ステアリングですね。

このステアリング、本当に大好きです。

めちゃくちゃ軽やかに曲がれますし、大きい車ではありますが操舵性は素晴らしいものを持ってます。

色々他の車に試乗することも多いのですが、やっぱり他の車に乗るとハンドルでけえなあという感じてしまいますね。笑

ちょっと一度経験してしまうとやめられないような、そんな魅力抜群のステアリングです。

SPORTモードはめっちゃ面白い

CX-8になくて、5008GTにあるもの。SPORTモードです。

SPORTモードなんか要らないだろと思う方も少なくはないでしょう。

でも、この5008GTのSPORTモードを1度体験してもらってから、要らないかどうか判断して欲しいですね。

SPORTモードでは、アクセルレスポンスが過敏になり爆発的な加速力が手に入ります。また、ステアリングがよりクイックで重たくなり、SUVを運転しているとは思えないような過敏なコーナリングを楽しむこともできます。

ただ、それだけじゃない。

SPORTモードにすると、擬似的なV8エンジンのサウンド音が回転数に合わせてスピーカーから流れてくるんです。

これも賛否両論あると思いますが、個人的にはめちゃくちゃ楽しくて、ついついSPORTモードで走りたくなってしまいます。

ディーゼルのエンジンフィーリングってやっぱりガソリンには勝てないなと感じることが多いですが、5008にはV8エンジンサウンド音があるので、めちゃくちゃ気持ちいいフィーリングで走ることができるのです。

最後にドライブ動画を載せますが、そこではSPORTモード使って乗ってるところもあるので、時間があれば見て見てください。

地味にアイドリングストップからの復帰のスムーズさが嬉しい

最後に地味なところですが、アイドリングストップからの復帰のスムーズさは、かなり素晴らしいです。

6ATでも素晴らしかったですが、8ATになってさらに洗練された感じがしますね。

復帰レスポンスが早いのはもちろん、復帰してからアクセルを踏んで発信する際の車の挙動がとてもスムーズで自然です。

案外、アイドリングストップからの復帰が甘い車が多いなと試乗してて感じますが、5008が優秀だからその分気になっているのかもしれません。

新型5008GT 走行性能評価まとめ

Photo by くるすぺ in ビーナスライン

加速感 … A-

加速感の評価

2Lディーゼルのトルクフルな走りは健在。スムーズさが加わって、よりジェントルな加速フィーリングになった。
6ATの方がグーンと引っ張って加速して行く感覚はある。

乗り心地 … B

乗り心地の

抜群にいい訳ではないが、何故か病みつきになってしまう乗り心地。
一度体験していただきたい。

操舵性 … S

操舵性の評価

小径ステアリングはとにかく最高。曲がるのが楽しい。
SPORTモードでよりクイックで楽しいステアリングに。

静粛性 … B

静粛性の評価

ディーゼルエンジンノイズは室内にいたら全く気にならない。
ロードノイズはオールシーズンタイヤの影響かやや大きいかなという印象。

楽しさ … A+

楽しさの評価

7人乗りSUVの中では、最も楽しい車と言えるのではないか。
ステアリングも最高だし、SPORTモードによる爆発的な加速力、エンジンフィーリングも最高。
こっちの方が面白いよという7人乗りSUVがあったら教えて欲しい。
スポンサーリンク

最後に

新型5008GTの試乗インプレッションはいかがでしたでしょうか。

8ATは、どちらかというと大衆受けするセッテイングになっているなという感じでしたね。

比べると差は歴然で、明らかに8ATの方が乗りやすくて不快感も少ないです。

ただ、6ATの楽しさというものも引き立ててくれた存在でありました。プジョーに長らく乗っている人なんかは、6ATの方がいいという人多いんじゃないかな。

 

6ATで走ったものになりますが、よかったらドライブ動画も参考にご覧ください。

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね!

こちらの記事も合わせてチェック!

試乗マニアが選ぶミドルサイズSUVおすすめ集

国産SUV動力性能ランキング

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly