くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【試乗インプレ編】新型CR-V(2018)を試乗マニアが乗る!1.5Lターボの実力は?

2575 views
【試乗インプレ編】新型CR-V(2018)を試乗マニアが乗る!1.5Lターボの実力は?

さて、今回は新型CR-V1.5Lガソリンターボモデルの試乗インプレッション編です!

第1回目は内外装チェック編を行いました。まだ見てないよという方は、是非内外装チェック編をご覧になってから、こちらの記事をご覧ください。

試乗インプレッションでは、年間50台ペースで試乗している自称「試乗マニア」ならではの視点でレビューさせていただきます。

また、勝手ながら以下の5つのポイントでパワプロ風採点評価もさせていただきます。(最高S、最低G)

採点評価の5つのポイント

  • 加速感
  • 乗り心地
  • 操舵性
  • 静粛性
  • 楽しさ

注目の7人乗りが設定されているガソリンモデルはどんなものなのか!?詳しくレポートしていきます!

スポンサーリンク

【試乗インプレ編】新型CR-V(2018)を試乗マニアが乗る!1.5Lターボの実力は?

まずは、価格やスペックなどの基本情報を紹介します。

新型CR-Vの基本情報

グレード

今回試乗させていただいたのは、「EX・Masterpiece」という最上級グレード。そして、FFと4WDが選択可能ですが、今回の試乗車はFFモデルでした。

内外装に特別装備が施されているグレードで、標準グレードのEXと比べても、走行性能に関するところに違いはありません。

また、内外装編で撮影させていただいた展示車のボディカラーは赤でしたが、試乗車は定番の白色でした。

価格はFFモデルで、381.4万円です。

主な特徴

走行性能に関する気になる特徴をみてみましょう。

主な特徴

  • アジャイルハンドリングアシスト
  • アクティブノイズコントロール
  • 振幅感応型ダンパー
  • Honda SENSING
  • LEDアクティブコーナリングライト
  • ブラインドスポットモニター

アジャイルハンドリングアシストは、コーナリングの際にブレーキ制御を自動で行うシステムで、気持ちよく曲がれるための仕組みです。

アクティブノイズコントロールは、車内のノイズに対して逆位相の音を出してノイズを打ち消すというもの。室内の静粛性を高める装備ですね。

Honda SENSINGはもちろん全車標準装備で、オートブレーキホールド機能も付いているので渋滞追従ACCも装備されています。

また、Honda SENSINGに加えて、アクティブコーナリングライト、ブラインドスポットモニターも標準装備されており、安全装備はかなり充実しています。

スペック

くるすぺオリジナルのスペック表は下記の通りです。

基本スペック(EX・Masterpiece/FF)
サイズ 4,605 x 1,855 x 1,680
重量 1,560kg
エンジン 1.5L直列4気筒ターボ
ミッション CVT
最高出力 190PS/5,600rpm
最大トルク 240Nm/2,000rpm
燃費・燃料 15.4km/l(JC08モード)・レギュラー
パワートレイン別情報
1.5L

ターボ

価格帯
323.0〜403.0万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B+

78.0点

B-

72.1点

2.0L

ハイブリッド

価格帯
378.4〜436.1万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
A-

81.3点

A-

81.9点

パワートレイン評価は素晴らしいですね。今回試乗した1.5L VTECターボのスペックも素晴らしいですが、やはりi-MMDを搭載したハイブリッドモデルは素晴らしい性能です。

国産SUVの中でもトップクラスの動力性能を持っています。国産SUV動力性能ランキングなんかも書いてますので、興味があればのぞいてみてください。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

新型CR-V 試乗インプレッション

試乗して素人が感じたことを、感じた通りに記載していきます!

バランスのいい乗り心地

乗り心地は、ある程度固めなセッティングなのかなという感じですが、ガツンと突き上げがくる感じは全くなく、バランスのいいセッティングになっているのかなと思います。

段差なんかではストンストンと結構気持ちよく走れるのですが、やや車体の揺れが大きく出てるかな〜という感じもしました。もう少し収まりがいいと嬉しいですね。

ただ、そんなに気にするほどのものではなく、全体的にバランスのいい乗り心地ではあると思います。

個人的にはハイブリッドモデルの乗り心地がとても気になりますね。ハイブリッドになると、モーターの配置のおかげでより低重心な車体となるので、ガソリンモデルよりもずっしりと安定した乗り心地が手に入るんじゃないかなあと感じてます。

心配していたステアリングはいい感じ

なんで心配していたのかというと、自分はなんかホンダ車のステアリングが合わないなと感じることが多かったからなんです。

オデッセイ買おうと思ってた時も、ステアリングがちょっとなあと思って辞めましたし、最近乗ったヴェゼルも、ステアリングが勿体無いなあと感じてました。

ただ、このCR-V、ハンドリングがなかなかいいです!

野暮ったさみたいなのは全く感じませんでしたし、ステアリングの重さもちょうど良く、スーッと自然に曲がれる感じがありました。

小さくない車ではありますが、軽やかに綺麗に曲がれる車に仕上がっています。

室内静粛性は高いが、やや気になるところが…

室内の静粛性は、アクティブノイズコントロールのおかげもあってか、かなり静かに保たれていました。特にロードノイズや外の音に対する遮音性はかなり高く、耳を澄まして注意しないと分からないくらい、しっかりと抑えられています。

ただ、一つ気になるところがエンジンノイズなんです。

エンジンノイズの大きさはそれほど大きくないのですが、こもったような音になっていて、耳障りで気持ちのいい音ではありません。ノイズコントロールによる副作用かもしれませんね。

せっかくのVTECエンジンなので、気持ちよく走れる音を期待していましたが、少し残念なポイントです。

ハイブリッドモデルならこういった不満は出ないでしょう。

加速感は思ったより…

190PSを発揮し、2000回転で240Nmを発揮する1.5L VTECターボエンジンは、スペック的には申し分ないのですが、思ったよりも加速感が薄いですね。

街乗りでペダルを薄く踏んでいる分には、不足感を感じる場面はほとんどないですが、アクセルをぐっと踏み込んだ時に車が全然付いてこないです。

ECONスイッチもOFFにしてましたが、それでも踏み込みに対するレスポンスが遅く、回転数もなかなか上がってくれません。

ドライブモードをSモードに入れると、ややレスポンスは高くなりますが、これがノーマルでもいいのではないかと思うくらいでした。

最近乗ったフォレスターなんかは、2.5LのNAエンジンを積んでいますが、アクセルペダルに対する追従性が非常に高く、加速感もスペック以上のものを感じさせてくれました。

この差はCVTのセッティングの差なのかな。どちらにしろ、こういった車格の車にはCVTは採用せずに、ATやDCTを採用して欲しいなと切に願います。

おそらくi-MMDを搭載するハイブリッドモデルはこういった不満は全く出ないでしょう。やはりハイブリッドが本命なのかなと感じます。

アイドリングストップからの復帰のギクシャク感

もう一個気になったのが、アイドリングストップから復帰がスムーズじゃないというところ。

スーッと発進していきたいところなのですが、アイドリングストップからの復帰がそうさせてくれません。復帰レスポンスはそこまで遅くないのですが、ちょっとこれだとアイドリングストップ切りたくなっちゃうかなと思いました。

スポンサーリンク

新型CR-V 走行性能評価まとめ

加速感 … C

加速感の評価

通常の使い方で不足感を感じる場面は少ないかもしれないが、アクセルの踏み込みに対してもう少し付いてきて欲しいなというところ。
Sモードもやや物足りない感じ。本命はやはりi-MMDなのかなと感じた。

乗り心地 … B

乗り心地の

決して不快な乗り心地ではないが、もう少し収まりがいいと嬉しい。

操舵性 … A-

操舵性の評価

ステアリングの重さもちょうどいいし、クイックさ加減もちょうどいい。ここ最近のったホンダ車の中では一番いいなと感じた。

静粛性 … B+

静粛性の評価

こもったようなエンジンノイズがやや不快に感じるが、ロードノイズや外音の遮断性は素晴らしい。

楽しさ … C+

楽しさの評価

190PSを発揮する1.5L VTECターボに期待し過ぎたかもしれない。CVTじゃなかったらもう少しなんとかなったのではと思ってしまう。
ただ、乗り心地も悪くないし、良く曲がってくれるので、加速の不足感を気にしないのであれば十分楽しい車。
i-MMDを搭載するハイブリッドモデルの完成度が非常に気になるところ。

最後に

2回に渡ってお送りしてきた新型CR-Vの試乗インプレッションはいかがでしたでしょうか。

数少ない3列シートSUVということでかなり期待していましたが、その期待が高かったせいもあってかやや不足感というものを感じてしまいました。

ただ、3列SUVの中ではオススメの1台になることは間違い無いですね。

3列じゃなくて5人乗りで欲しいという方は、i-MMDを搭載するハイブリッドモデルを選んだ方が吉かもしれません。ホンダ初の4WDとi-MMDの組み合わせは非常に魅力的ですね。

ハイブリッドモデルは遅れて11月登場予定です。こちらも登場次第試乗してこようかなと思っています。

 

最後に筆者がどれくらい買いたいと思わされたか、星評価で表して終わりにしたいと思います。

買いたい度(7 / 10点)
★★★★★★★☆☆☆

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね!

こちらの記事も合わせてチェック!

試乗マニアが選ぶミドルサイズSUVおすすめ集

国産SUV動力性能ランキング

同い年の2018年発売の大注目の車たち

 

P.S. 快く試乗させていただきましたHonda Cars 石川西 西インター店さんにこの場を借りて感謝申し上げます。

いつもは妻のN-BOXを購入した古府店にお世話になっているのですが、近くで試乗車が入っているのがここだけだったので初めて寄らせてもらいました。

対応いただいたSさんはとても話しやすくて、試乗が終わった後も車の話で盛り上がってしまいました。楽しい試乗の時間をありがとうございました!

ご近所の方でCR-Vに興味を持たれましたら、是非とも西インター店へ!

「プジョー5008に乗ってる人のブログ見て来た」と伝えれば、もしかしたらいいことがあるかもしれません。(ないかもしれません。)

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly