くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【試乗+採点評価】MAZDA3 SEDAN XD L Package「FASTBACKよりも上質!?」

2019年10月3日
【試乗+採点評価】MAZDA3 SEDAN XD L Package「FASTBACKよりも上質!?」

2019.10.02追記

CX-30 20Sに試乗してきました!20Sの感触が気になる方、CX-30も気になっている方は、是非こちらの記事もご覧になってみてください。

【試乗+採点評価】マツダ CX-30 20S「史上最強コンパクトSUV現る」

ディーゼルいいな、そしてセダンとファストバックが予想以上に違う。

MAZDA3(マツダ3)のセダンタイプにも試乗してきましたよ!

先日はFASTBACKの1.5Lガソリンモデルに試乗してきましたが、ディーゼルの評判も上々なのでXDに乗ってきました!どうせならセダンにしようとSEDAN XD L Packageに乗ってみました。

当初は、前書いた記事にちょこっと追記するだけと考えていたのですが、FASTBACKとSEDANで乗り味の違いを結構感じましたので、新たに記事を書いています。

前回の記事を見てからこの記事を読まれることを強くオススメします。(共通部分に関しては15Sの記事に記載します)

個人的にはSEDANの方が乗り味の上質さが引き立っているように感じました。

 

本記事では、自称「試乗マニア」が、試乗してみて感じたことを詳しくレポートしていきます。

別記事にて、内外装チェック編もやっていきます。一眼レフで撮影した写真を用意していますので、こちらもお楽しみに!→アップしました!

【写真集】MAZDA3 FASTBACK & SEDAN 内外装を徹底チェック!「美しさの塊」

 

また、試乗インプレッションでは、以下の5つのポイントでパワプロ風採点評価もさせていただきます。(最高はS、最低はGで評価します。)

採点評価の5つのポイント

  • 加速感
  • 乗り心地
  • 操舵性
  • 静粛性
  • 楽しさ

どうぞ、お楽しみください。

【マニア試乗記】MAZDA3(マツダ3) SEDAN XD L Package「FASTBACKよりも上質!?」

まずは、価格やスペックなどの基本情報を紹介します。

MAZDA3 SEDANの基本情報

今回試乗させていただいた車は、SEDANタイプのXD L Packageというグレードになります。ディープクリスタルブルーマイカのボディカラーいいですよね。

SEDANではFASTBACKで選べる15Sが選べませんので、現状パワートレインはXDの1.8Lディーゼルターボエンジン一択です。

20Sは2019年7月下旬に、Xは2019年10月に発売予定となっています。

SEDANタイプの主要グレードはこんな感じ。FASTBACKとの価格差は無いようです。

グレード一覧

  • XD PROACTIVE:¥2,740,000(2WD)/ ¥2,972,200(4WD)
  • XD L Package:¥2,919,000(2WD)/ ¥3,151,200(4WD)
  • 20S PROACTIVE:¥2,470,000(2WD)
  • 20S L Package:¥2,649,000(2WD)
  • X PROACTIVE:¥3,140,000(2WD)/ ¥3,372,200(4WD)
  • X L Package:¥3,319,000(2WD)/ ¥3,551,200(4WD)

今回は上級グレードのL Packageということで、レザーシート仕様になっています。FASTBACKではブラックかディープレッドのレザーを選択できますが、SEDANではブラックかホワイトを選ぶことができます。

試乗させていただいたものは、ホワイトレザー仕様でした。質感は非常に高いです。

そして、いつものくるすぺオリジナルのスペック表は下記の通りです。

基本スペック(XD L Package 2WD)
サイズ 4,660 x 1,795 x 1,445
重量 1,400kg
エンジン 1.8L直列4気筒ディーゼルターボ
ミッション 6AT
最高出力 116PS/4,000rpm
最大トルク 270Nm/1,600rpm
燃費・燃料 20.0km/L(WLTCモード)・軽油
パワートレイン別情報
D1.8 価格帯
274~322万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
D-
51.0点
A-
81.0点
G2.0 価格帯
247~271万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B
73.3点
C
66.4点

FASTBACKと比べ、全長は200mmも長くなっています。先代のアクセラセダンと比べても100m近く長くなっていて、1クラス上のセダンに仕上がった印象です。

営業さんも仰っていましたが、今までのライバル車はインプレッサG4シビックセダンといったところでしたが、MAZDA3 SEDANのライバル車としてはカムリやインサイトを見ているとのこと。

確かにそのクラスと十分に渡り合えるだけの質感と走行性能を備えています。

リアサスがトーションビームなのもFASTBACK同様。ですが乗り味に結構な違いを感じました。インプレッションで詳しく語っていきます。

MAZDA3 SEDAN XD 試乗インプレッション

FASTBACK 15Sとの違いをメインに、試乗して素人が感じたことを感じた通りに記載していきます!

1.8Lディーゼルの加速フィーリング

1.8Lディーゼルエンジンは、CX-3に初めて搭載された際に経験済みで、その時の印象は「ディーゼル感が強いな…」といったものでした。

なので、MAZDA3のXDもあまり期待はしていなくて、当初はガソリンモデルだけ試乗する予定だったのですが、前述した通りなかなか評判が良さそうだったので、「ほんとか?」と思いながら乗ってきたわけです。

「うん、確かにイイね!」

15Sの軽快さも非常に魅力的ですが、このXDの低回転状態でスーッと加速していける感じ、とてもイイです。

FASTBACKはXDに加え15Sが選択可能。

 

気になっていたエンジンノイズに関しても、ディーゼルっぽいなと感じる場面はほぼ無く、上品さを感じました。MAZDA3の静粛性に対するこだわりを改めて感じることができました。

今回はSEDANタイプへの試乗となりましたが、SEDANに15Sを用意しなかったことも自分の中では納得できた気がします。

SEDANタイプは上品でジェントルなキャラクターだなと感じました(実物を見てみて)。15Sの元気で軽快に回っていくパワートレインは、SEDANには似合わないかも。

SEDANと1.8Lディーゼルの組み合わせは絶品ですね。商品としてのバランスがかなり優れているなという印象です。

ただ、少し気になる点もありました。次の章で語ります。

過敏なシフトダウン

全体的に素晴らしいフィーリングだった1.8Lディーゼルエンジンですが、シフト制御に関しては少し要望したいことが。

アクセルペダルの踏み込みに対してのシフトダウンが少し過敏すぎる気がします。ちょこっと強く踏んだだけでガンとキックダウンしてしまう感じは、中速域でよく見られました。

「いや、そんなグィーンと加速する気ないよ!」

こう突っ込みたくなる場面が何度かありましたね。

せっかく1600回転から最大トルク発揮できるので、多少は上のギアで頑張ればいいのになーって思っちゃいますね。回転数が上がると流石にディーゼル感が出てきてしまい、SEDANのジェントルなイメージが少し崩れてしまいます。

マニュアルモード使えば解消できるのでしょうが… ここだけは改良を望みます。

FASTBACK買うとしたらどちらを選ぶ?

前述した通り、6月現在ではSEDANタイプはXD一択となっています。FASTBACKはそれに加えて15Sが選択可能です。

ということで、もし自分がFASTBACKを買うとしたら、どちらのエンジンを選ぶかというところですが、私なら15Sを選ぶかな。

軽快でどれだけ回しても気持ちいいエンジンフィーリングはFASTBACKのキャラクターにピッタリ。価格の安さも魅力的です。

もうちょいトルクやパワーが欲しいという方は、20SやXまで待ってみるのがいいかも。

SEDANとXDの組み合わせは絶妙なので、15Sが選べたとしてもSEDANを買うならXDを選ぶと思います。

FASTBACK 15Sとは印象の違う乗り味

FASTBACK 15SとSEDAN XDを乗り比べてみて感じたのが、乗り心地の印象が結構違ったということ。SEDAN XDの方がしっとりした感じがあって上品な乗り心地だなあと感じました。

1回目にFASTBACK乗った時は、トーションビームっぽさみたいなのも感じましたが、2回目のSEDANに乗った際には、トーションビームのネガティブなところは一切感じ取れませんでした。

結構印象が違ったので、隣で乗っている営業の方に「ホイールベース違うんですか?」と聞いてみたところ、「SEDANの方が長くなっている」とのこと。ああ、なるほどなぁとその場では納得しました。

「SEDANの方が長いって言うじゃな〜い。ホイールベースは同じですから!残念!!」

出典:波田陽区様

SEDANもFASTBACKもホイールベースは2725mmで共通です。営業の方を責める気は一切ありません。下調べ不足でした。

全長は200m長いが、ホイールベースは同じ。

 

それでも、SEDANの方がしっとり上品な乗り心地に感じたのは事実。要因としては以下のようなことが考えられるかなと思います。

  • ディーゼルエンジンの重量分どっしり感が増えたから
  • レザーシートの座り心地がいいから
  • ホワイトレザー仕様の上品な雰囲気に呑まれたから

となると、1回確認しておきたいのはFASTBACK XDグレード。また乗って来れたら感想は追記しておきます。

兎にも角にも、みなさん試乗の際には色々乗り比べてみることを強くお勧めします。想像以上に印象が異なりますので。

ステアリングの性格はSEDANにすごくマッチしている

ステアリングについて、15S乗って初めてコーナーを曲がった時は、ギヤ比が少しスロー気味だなという感想を抱きました。

その後のコーナーでは特性を掴めたので気持ちよくコーナリングできたのですが、ステアリングの性格を変えられるようなモード設定があったら嬉しいなということを書きました。

さて、2度目のMAZDA3試乗。ハンドリング、コーナリング性能はやはりすごいなと思います。2度目で確信しました。確実に第6世代より格段とよくなっています。

私の中で、マツダ車を選ばない理由はなくなりました。

次の車はMAZDAになっているかも

 

そして、SEDANというキャラクターに、この穏やかで滑らかなステアリングが抜群にマッチしています。SEDANを乗っている限りでは、モード切り替えが欲しいなとも感じなくなってしまっていました。

恐らくですが、ステアリングギヤ比に関してはFASTBACKとSEDANで共通のものでしょう。(公表されていないので分かりませんが、乗った感じでは同じように感じました。)

これは求め過ぎかもしれませんが、FASTBACKとSEDANでもステアリングの性格変えてみても面白かったのではないかなと個人的には思います。

今後、20Sや Xグレードも出てきますが、そこで性格変えてきたりしたら、「マツダ最高かよ!」って思います。(僕が思うだけなのでマツダさんにはメリットはありません。)

2度目の試乗で感じるブレーキの凄み

15Sに初めて乗った時の最初のブレーキ、全然効かなくて焦りました。

15Sの試乗記でも書きましたが、ブレーキにもこだわりを持っていて、ペダルのストローク量ではなく、ペダルを踏む強さでブレーキ力をコントロールできるという代物。

2回目はそういった特性も全部分かった上で気にしてブレーキを踏んでみました。素晴らしいです、このブレーキ。恐らくこれが本来あるべき姿なのでしょう。

ブレーキを直感的にコントロールしやすく、グッと踏み込めば制動力はきちんと出る。

私たちは知らぬ間に難しい操作の方に慣れてしまっていたのかもしれません。

「ブレーキがちょっとなぁ」と思った方々、一度この特性を踏まえた上でもう一度試乗してみてください。違う世界が見えてくると思います。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

新車購入の際は、ネットで一括査定もご検討ください。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑

MAZDA3 走行性能評価まとめ

走行性能評価まとめとして、5つのポイントで採点評価させていただきます。参考程度にお受け取りください。

ランク指標

  • S…とてもイイね
  • A…イイね
  • B…普通(イイね寄り)
  • C…普通(ヨクナイね寄り)
  • D…ヨクナイね
  • E以下…とてもヨクナイね

加速感 … B+

加速感の評価

SEDANの雰囲気にマッチしたジェントルなディーゼルエンジン。
低回転でスーッと進んでいく感覚は気持ちよく、15Sとはまた違う魅力がある。
キックダウンが過敏なのは少し気になるが、街乗りでは一切不足感を感じなかった。

乗り心地 … A

乗り心地の評価

FASTBACK 15Sよりもかなりしっとりした印象で、より印象は良かった。
トーションビームのネガティブなところはほぼ感じず、個人的にはアテンザよりも好印象。

操舵性 … S-

操舵性の評価

2回乗って改めて感じたハンドリングとコーナリング性能の素晴らしさ。
スロー気味なのは変わらないが、SEDANのキャラクターに合った味付けだと思う。
モード切り替えなくてもいいなって素直に思えてしまった。

静粛性 … S

静粛性の評価

15Sは元気よく回るが、XDは低回転でスーッと進んでいくので、エンジン音がほとんど入ってこない。
その分15Sより静かなのかもしれない。
回した時の気持ちよさは15Sに分がある。どちらも高いレベルの静粛性であることには変わりない。

楽しさ … A

楽しさの評価

SEDANのキャラクターと1.8Lディーゼルエンジンが見事にマッチしている。
L Packageでも300万未満というのが恐ろしい。
他社にしたら、こんなもん出されてたまったものではないだろう。

最後に

試乗インプレッション編はいかがでしたでしょうか。

15Sは15Sなりの良いところも多くありましたが、XDも素晴らしい出来でした。

SEDANと1.8Lディーゼルエンジンのコンビネーションが絶妙です。

個人的には現行アテンザは食っちゃってるくらいの出来だと感じました。特に乗り心地やハンドリング性能の面の進化が素晴らしいです。

出し惜しみなくこういう車を出してくるのがMAZDAというメーカー。アテンザ(MAZDA6)のフルモデルチェンジにも相当期待しちゃいますね。

セダンの特集記事もご用意しております!セダンご検討の方は是非一読ください!

FASTBACK, SEDAN含めた内外装チェック編は近日中に投稿しますので、そちらもお楽しみに!→アップしました!

【写真集】MAZDA3 FASTBACK & SEDAN 内外装を徹底チェック!「美しさの塊」

 

最後に筆者がどれくらい買いたいと思わされたか、星評価で表して終わりにしたいと思います。

買いたい度(10 / 10点)
★★★★★★★★★★

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね!

 

P.S. 快く試乗させていただきました北陸マツダ 西インター店さんにこの場を借りて感謝申し上げます。

ご近所の方でMAZDA3に興味を持たれましたら、是非とも野々市店へ!

「プジョー5008に乗ってる人のブログ見て来た」と伝えれば、もしかしたらいいことがあるかもしれません。(ないかもしれません。)

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?
実はその買い方、損しているかもしれません。
しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で一度見積もりをもらっておくことを強くオススメします。
高価査定を狙うにはやっぱりネットで一括査定がおすすめ!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。
私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!
新しい車の購入意欲を高めたい方にもおすすめです笑

関連記事

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE