くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【あそこだけが不満!】プジョー 508&508SW インテリア写真集

【あそこだけが不満!】プジョー 508&508SW インテリア写真集

こんにちは、自称試乗マニアのくるすぺです。

新型508、508SWは独特で美しい外観にも惹かれますが、内装デザインも素晴らしい!

本記事では、一眼で撮影してきた内装の写真を存分に楽しんで頂ければと思っています。

運転席周りは508も508SWも全く同じ仕様ですが、後席周りやラゲッジスペースはもちろん違いがあります。その辺りも比較して見てもらえればなと思っています。

また、動的質感、スタイリング共に素晴らしい車ではありますが、インテリアに関してはいくつか許容し難い不満点も。

そう言った部分も紹介していきますので、是非最後までお楽しみください!

プジョー508&508SW 内装チェック編

今回試乗し、撮影させていただいた508/508SWのグレードは下記の通りです。その他スペックに関しては試乗インプレッション編をご参照ください。

撮影させていただいた車の情報

508

  • グレード:GT BlueHDi ¥4,920,000
  • フルパッケージオプション※:¥650,000

※フルパッケージオプションの内容は下記の通りです。

ナッパレザーシート(運転席メモリー付)/ナイトビジョン/フルパークアシスト/360°ビジョン(フロントカメラ付)/パノラミックサンルーフ

引用:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/508.html

 

508SW

  • グレード:GT Line ¥4,840,000

新型508/508SWのインテリアを見てみよう

スポーティでオシャレな運転席周り

まずは508/508SWどちらも共通なところになりますが、運転席周りを簡単に紹介します。スポーティな雰囲気がいい感じです。

ドアトリムから見ていこう!

フレームレスなのがいいですね〜! これ、セダンタイプだけじゃなくワゴンもフレームレスなんですよ。ドア開けるだけでテンション上がりますね!

静粛性も全く問題ないのでご安心を。

全体的にめちゃくちゃ高級感ある感じではないですが、カーボン調のデザインや大事なところにはソフトパッドを敷いていて、スポーティで質感の高い印象はあります。FOCALスピーカーデザインもいい味出してますよね。

さて、外からコックピットを覗いてみるとこんな感じ。

やっぱり小径ステアリング存在感あるなw

ダッシュボード周りもカーボン柄のデザインが取り入れられています。オシャレだしスポーティな印象もあるし、バリバリ高級感ある内装よりこういう方が好きって方も多いんじゃないでしょうか。

あと、写真ではディスプレイのアクセントカラーが赤色になっていますが、これ変えられます。GT系だと、基本はコッパー(銅色)がアクセントカラーになりますが、この色のチョイスも好き。

ここが残念! ディスプレイやナビについて

唯一の不満がディスプレイやナビ周り。少し熱く語ってしまいます。

こちらがコッパーカラーのメーター。ここのディスプレイ表示内容のモード切り替えも可能です。

表示パターンは以下のような感じ。

パターン 概要
ダイヤル 通常はこれ。左に速度メーター、右にタコメーターを表示してくれる。
ちなみにタコメーターは反対周り。
ドライブ 上の写真がドライブ。レーンキープやACCの作動状況を表示できる。
また、走行モードも表示してくれる。(写真ではコンフォートとなっている部分)
シンプル デジタルの速度表示だけが表示される。
ユーザー 左右に表示する情報をカスタムできる。
例えば音楽再生情報とか。
ナイトビジョン※ 508で初めて搭載された新機能。暗視カメラで映した映像を表示できる。
※フルパッケージオプション装着車のみ

ナイトビジョン以外は私の愛車5008と同じです。他モードも気になる方は、下記記事をご参照ください。

プジョー 5008 GT BlueHDi納車されました③ 内装写真を大量に紹介します!

こちらが注目の機能「ナイトビジョン」。明るいところで表示しているのですごさが分かりにくいですが、真っ暗な夜道でもしっかりと人や動物を捉えてくれるそうです。

表示するだけでなく、人や動物を検知したら赤枠で囲ってハイライトしてくれる機能もあるそうです。体験してみたいものですよね。

ただ、上述した通り、65万円もするフルパッケージオプションをつけないとこの機能を堪能することはできません。せっかくこんな面白い仕組み作ったんだから、多くの人が体験できるように標準装備して欲しかったなーと思ってしまいます。(もしくは単体オプションを用意するとか。)

また、欧州向けだとメーター内にナビ表示をさせることもできるのですが、国内向けではそれが叶いません。。(5008も同様)

車の出来が凄くいいだけに、この辺りは勿体無いなあと感じます。

これが私が感じた残念ポイントその1です。

続いてセンターディスプレイ。こちらタッチパネル式となっており、エアコンの温度調整もタッチパネルでしか操作できませんw

まあ、これは良しとしよう。私の5008もそうですが、案外慣れます。いや、絶対物理ダイヤルとかあった方がいいけどね!

私がここで言いたいのはこれじゃない。何が言いたいかお分かりですよね。

何この左右の黒枠!

そう、本国向けではこの左右の黒枠の所までびっしりディスプレイが表示され10インチワイドディスプレイになっているんです。

それが国内向けでは8インチ(16:9)に。。

理由ははっきり分かっていませんが、標準装備されるパイオニアナビとの相性がよくないからなのかなーなんて勝手に思ってます。

こちらは先行展示されていたイギリス仕様のセンターディスプレイ。

断然コッチのほうがかっこいいい。。。というかユーザーインターフェースもさりげに変わってるんですよね。

そして、左右にはエアコン制御ができそうな画面も! いちいちエアコンボタン押して操作しなくちゃいけませんでしたが、こちらの10インチワイドだと常時操作できそうな感じですね。

これは一刻も早く本国仕様に合わせて欲しいです。

これが私が感じた残念ポイントその2でした。

ちなみにナビ表示画面にするとこんな感じ。パイオニアの楽ナビベースとなっています。

ドイツ車とかに比べると、精細度も低く一昔前感が出てしまってます。

私の5008にも同じ仕様のナビをつけていますが、操作感はそこまで悪くはありません。案内もなかなか優秀です。

ただ、Google Mapに慣れていると、目的地検索はイライラしますw

Google Mapだと、文字打ってる最中に予測で出してくれたり、多少間違っていても自分が思っていたところを表示してくれたりしますよね(さすがGoogle検索エンジン)

どこのナビも同じようなものかもしれませんが、検索ワードは部分一致してないと出てくれないし、検索結果表示も数が多いとかなり遅いです。フリック操作とかで入力できたらまだいいのですが、いちいち「あ」とか「こ」とか押さないといけないのも、スマホ世代にとっては苦痛でしかありません。

スマホ連携して、スマホから検索した目的地をBluetoothで送れるとか、最低でもそういった機能があればまだいいのですが。。

今後、日本市場で売上伸ばすためにはナビ周りはしっかり考えないといけないと思います。(ただの1ユーザーが偉そうに言ってますが。)

逆に言えば、ナビ、ディスプレイ周り以外は素晴らしいのですよ。ナビとかのせいで購入を躊躇ってしまうとかがあると私は悲しいのです。

シートは3種類 一番好きなのはアルカンタラ!

シートの機能性は5008と比べてかなり向上しましたw 羨ましいです。

シートは3種類から選べます。個人的にはアルカンタラシートが一番好きです。

まず1つ目は、フルパッケージオプションを選択した際に付いてくるナッパレザーシート。GTとGT Lineで選択可能なオプションです。

質感は高くデザイン性にも優れています。

こちらがGT Lineのファブリック/テップレザーのコンビシート。こちらもデザイン性も悪くなく、シートの固さなんかも個人的にはいい感じです。

そしてGTグレードで標準装備されるのがこのアルカンタラ/レザーのコンビシート。写真は愛車5008のものですが、形状は同じはず。

ただね、機能性はかなり上がっています。ここはよく頑張りましたと言いたい!

パワーシートはGT/GT Lineで標準装備(運転席メモリーはGTのみ標準)

マルチランバーサポートやシートヒーターもGT/GT Lineで標準装備です。

欲を言えばシートベンチレーション機能も欲しいですが、上記の機能は5008 GTで1つも標準装備されなかったもの。

ワシのにも載せといてくれよという感情もないことはないですが。。

後席はセダンとワゴンでヘッドクリアランスに大きな差が!

508を買うか508SWを買うか、一番のポイントになってくるのは後席の居住空間の重要度だと思います。是非試乗の際には後席空間(特に頭上)も確認してみてください。

続いて後席の紹介です。後席ドアもフレームレス!

こちらは508SWの後席空間です。足元の空間も広々してますよねー。快適性も十分だと思います。

こちらがセダンタイプの後席。足元空間はワゴンに比べるとやや狭くらいですかね。そこまで差は感じませんでした。

膝元の空間は拳2個半くらいはあるかと。これくらいあれば圧迫感もなく、家族も快適に過ごせそうです。

ワゴンとセダンで大きく差が出たのが頭上の空間。写真は508SWのものですが、ヘッドクリアランスはしっかりと取れています。拳1個分くらいは余裕あったかな。

それに比べ、セダンの頭上空間の狭さはなかなかのもの笑 170cmの私が座っても、頭付くんじゃないかというくらいギリギリでした笑

ということで、ある程度の後席の居住空間を求めるのであれば508SWを選んだ方が良いと思います。私も買うなら508SWかなー。

後席用のエアコン送風口はしっかり用意されています。が、5008にあった風量調整機能が無くなってますね。(私はそれほど気になりませんが。)

また、5008では12V電源ソケットが1つある感じでしたが、508ではUSBポートが2口用意される形となりました。

参考として5008の後席エアコン周りの写真です。こんな感じで風量調整ができるようになってました。

USBポートはなく12V電源ソケットだけなので、こんなの刺してUSBポート作ってます。ちなみにこのソケットの蓋は買って数日で折りましたw

広々としたラゲッジスペースはやっぱり魅力的

ラゲッジスペースはどちらのタイプもなかなかの広さを確保できていると思います。

SWのリアドアをパカっとした様子。後ろとの距離をあまり気にせず開けられるのも個人的にはGOODです。

ラゲッジスペースの広さはこんな感じ。奥行きもなかなか深く実用性も十分じゃないでしょうか。

セダンのラゲッジスペースはこんな感じ。ガチのセダンのようなトランクルームのように、後席と完全分離されているわけではありません。

ファストバックスタイルの開口面積はめちゃくちゃ広いですね。広さに関してはもちろん508SWに軍配が上がりますが、物の出し入れはこっちの方がしやすそうです。

後席のヘッドクリアランスに目を瞑れば、案外セダンの実用性も悪くはありませんね。

くるすぺが508/508SW買うならどんなグレード?

セダンのかっこよさも魅力的ではありますが、シューティングブレークスタイルの美しさ、後席の居住空間、ラゲッジスペースの広さといったところを考慮すると、やはり買うなら508SWになるかなと思います。多分5008買ってなかったら買ってたな笑

そして、一番悩ましいのがパワートレインですが、、やっぱディーゼル選んじゃうかも。ガソリン褒めちぎっといてディーゼルかよって思うかもしれませんが、本当に悩ましい。明日にはまた意見変わってるかもしれませんw

色はセレベスブルーアマゾナイトグレーかな。(どっちも70,200円)

そしてメーカーオプションは65万円もするフルパッケージオプションしかありません。絶対付けません。苦笑

ということで、コンフィギュレーターにかけてみました。

車両価格517万円に、ボディカラー台70,200円だけというかなりシンプルな構成。合計は5,240,200円となりました。乗り出しは価格はこれプラス諸費用かかってきますが、クリーンディーゼルなので取得税と重量税がかからないのが嬉しいポイントです。合わせて10万強減税されます。

標準では物足りなくて、結局色々オプション付けて結果高くなってしまうというような売り方よりかは全然好ましいです。(フルパッケージオプションはいただけませんが。)ナビとかも標準装備ですしね。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

新車購入の際は、ネットで一括査定もご検討ください。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑

最後に

508/508SWのインテリア写真集はいかがでしたでしょうか。

フルパッケージオプションの構成とディスプレイ、ナビ周りには不満もありますが、それを跳ね除けられるほどの動的質感と独特なスタイリングを持つ車だと感じています。

是非とも一度試乗して体験していただきたい車No.1です! 是非ディーラーに足を運んで乗ってみてください。そして私に感想を教えてください笑

Twitterでのコメントお待ちしておりますよ!

 

また、試乗インプレッション編をまだご覧になっていない方は、是非試乗インプレッション編もあわせてご覧ください!

それでは、また別の試乗インプレッション記事でお会いしましょう!

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?
実はその買い方、損しているかもしれません。
しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で一度見積もりをもらっておくことを強くオススメします。
高価査定を狙うにはやっぱりネットで一括査定がおすすめ!
やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。
私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!
新しい車の購入意欲を高めたい方にもおすすめです笑

関連記事

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE