くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

ダイハツ 新型タント フルモデルチェンジ2018最新情報(発売日・価格・スペック)まとめ!

11010 views
ダイハツ 新型タント フルモデルチェンジ2018最新情報(発売日・価格・スペック)まとめ!

今、日本で最も勢いがあるジャンルの1つである、スライドドア採用のトールワゴンタイプの軽自動車。2017年には、ホンダ N-BOXとスズキ スペーシアがフルモデルチェンジを迎え、さらにレベルの高い争いに発展しています。その中で、ダイハツ タントも2018年にフルモデルチェンジを迎えるという情報が入りました。

スライドドアの軽自動車というとやはりN-BOXのイメージがかなり強いと思います。実際、私の妻も新型N-BOXを購入しています。新型N-BOXの進化はすさまじく、追ってフルモデルチェンジしたスペーシアでも到底敵わないレベルにまで達してしまっています。
関連記事:ホンダ 新型N-BOX納車レビュー 買ってよかったところ8選 不満なところ6選
関連記事:【マニア試乗記】スズキ 新型スペーシアを採点評価! N-BOXのすごさを再認識しました

その中でN-BOX一強にさせまいと、タントのフルモデルチェンジにはかなりの力を入れているようです。

本記事では、ディーラーから聞いた情報を元に、予想も含みますがモデルチェンジの内容をご紹介したいと思います。

また、その他新型車やモデルチェンジ情報は「最新発売情報カレンダー」でまとめていますので、こちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ダイハツ 新型タント フルモデルチェンジ2018最新情報(発売日・価格・スペック)まとめ!

ダイハツ 新型タントのエクステリアは?

次期タントのコンセプトモデルと言われている「DN U-SPACE」の写真を紹介していきます。

ヘッドライトは細めで先代よりの顔になることが予想されます。

市販車でも全ドアをスライドドア化してくる可能性は低いですが、一部高級グレードのみ対応してくる可能性はなきにしもあらずといったところです。

スライドドアは普通のドアよりもコストがかかりますので、かなりの価格になってしまうと思われます。また、重さに関しても普通のドアよりも確実に重くなってしまうので、燃費や走行性能にも影響が出てきてしまいます。

このような点から市販化の際には全ドアスライドドアになる可能性は低いと思われますが、これらのデメリットを解消するような工夫を凝らして商品化してきたら、ダイハツすげーってなりますね。

新型N-BOXで採用された”助手席スーパースライドシート”と同じような機能が、新型タントにも採用される見込みです。真似をしたという訳ではなく、元々ダイハツも開発を進めてはいたが、ホンダに先を越されてしまったような形になります。

真新しさはなくなってしまいますが、後出しになるのでN-BOXのスーパースライドシートの不満の声を拾った、より使いやすいものを開発してくるでしょう。コンセプトモデルでは、N-BOXではなかった折りたたみ機能により、よりスペースを確保することができるようになっていますね。コンセプトモデルのように電動化される可能性は低いですが、折りたたみ機構は搭載してくるでしょう。

パノラマビューをキーコンセプトとしていて、視界の良さに関してはかなりこだわって作ってくると思います。

どれほどコンセプトモデルに近づけてくるか楽しみなところです。ダイハツ公式のコンセプトムービーも紹介しておきます。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

ダイハツ 新型タントのインテリアは?

コンセプトモデルなのでかなり近未来的なものになっていますが、昨今のブームを加味すると、メーター周りを大型デジタルディスプレイ化してくる可能性は十分にあると思います。

 

スポンサーリンク

ダイハツ 新型タントには新プラットフォーム”DNGA”が採用?

ダイハツの親会社であるトヨタでは、すでに”TNGA”というグローバルプラットフォームが作られており、最新車種に続々とTNGAが採用されています。

TNGAによってもたらされる利点は以下の通りです。

  • 低重心で高い剛性を持つため安定性の高い走りを実現できること
  • 高性能の遮音吸音材によって高い静粛性を実現できること
  • 高い燃費性能と加速性能をもたらしてくれるということ

関連記事:トヨタ 新型TJクルーザー 2018最新情報

そのノウハウを引き継いだダイハツ版の新グローバルプラットフォームがDNGAとなります。そのDNGAが新型タントで初めて採用されるということらしいです。

新型N-BOXは、グローバルプラットフォームの採用はなかったものの、80kgの軽量化、i-VTECの採用などで、とても軽自動車とは思えない「加速性能」、「静粛性」、「安定性」を手に入れてます。新型スペーシアではこの辺りは全く歯が立たなかったのですが、DNGAを採用するタントは、N-BOXを脅かす存在になりそうです。

ダイハツ 新型タントの安全装備は?

現行タントには、ダイハツの現時点での最新安全装備である”スマートアシスト3”が搭載されています。新型タントには、新しく開発される”スマートアシスト4”が搭載される見込みです。

スマートアシスト4では、新型N-BOXに搭載されている”Honda SENSING”相当の機能を搭載してくると見込まれています。具体的には、車線維持システム(警報だけでなく、自動ステアリング操作も行うもの)と、アダプティブクルーズコントロールの搭載は、打倒N-BOXのためには必ずやらなくてはいけないものだと思います。新型スペーシアはこの2点を搭載することができませんでした。

スポンサーリンク

ダイハツ 新型タントの燃費は?

燃費に関しては、N-BOXの弱点でもあります。モデルチェンジで向上したとは言え、27.0km/Lと革新的な数値を残すことはできていません。対するスペーシアは、マイルドハイブリッドを搭載することにより30.0km/Lを達成しました。

カタログ燃費よりも実燃費、走行性能の向上を目指すダイハツの最近の姿勢を見ると、スペーシアの30.0km/Lに何でもかんでも拘ることはしないと思われます。カタログ燃費は28〜9km/Lあたりの燃費になるのではないかと予測しています。

ダイハツ 新型タントの価格は?

現行モデルは122万〜165万円という価格帯になっています。新型N-BOXが133万〜172万円、新型スペーシアが133万〜158万円という価格帯です。(カスタムではなく、ターボモデルでもない場合)

新型タントに関しては、最低グレード価格は他の2台よりも安くしてくると考えられますが、様々な快適装備を揃えた上級グレードは、N-BOXの価格を上回ってくる可能性が高いと思われます。N-BOXと同じく3グレード展開となってくるでしょう。(それぞれのグレードでFF, 4WDの選択)

予想価格帯:130万〜175万円

ダイハツ 新型タントの発売日は?

具体的な発売日は明確になっていませんが、2018年内には発売される見込みです。2018年の後半の発売となるでしょう。

予想発売日:2018年9月〜12月

ダイハツ 新型タント最新情報まとめ

ダイハツ 新型タントのフルモデルチェンジ情報はいかがでしたでしょうか。N-BOXに打ち勝てるような革新的な車になることを期待したいですね。

私の妻は新型N-BOXユーザーでありますが、この素晴らしい車を脅かすような存在が出てくることを心待ちにしています。

最新情報が入り次第、この記事もアップデートしていきますのでお楽しみに!

また、その他新型車やモデルチェンジ情報は「最新発売情報カレンダー」でまとめていますので、こちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly