プジョー 新型5008 GT BlueHDi納車レビュー 買って良かったこと9選 不満なとこ7選

プジョー 新型5008 GT BlueHDi納車レビュー 買って良かったこと9選 不満なとこ7選

プジョー5008 GT BlueHDiを納車レビュー記事もいよいよ最終回となります。最終回といっても、また気づきがあったり要望があれば記事を書いていこうとも思っていますので、その時はよろしくお願いします。

今回は総括として、買ってよかったところと不満なところをそれぞれ7つ選んでみました。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

また、以下のようにシリーズ化してやってます。前の記事もよかったらご覧になってください。

第1回:値段やオプション、迷った車など生々しい話
第2回:エクステリア紹介
第3回:インテリア紹介
第4回:ロードインプレッション
第5回:総括(良いところ、気になるところ)←本記事

スポンサーリンク

プジョー 新型5008 GT BlueHDi納車レビュー 買って良かったところ7選 不満なところ7選

まずは良かったとこから紹介していきますね。

プジョー 新型5008 GT BlueHDi 買って良かったところ8選

①とにかく運転するのが楽しい

まずはやっぱり運転するのが楽しいというところが一番買ってよかったなと思うところです。夜な夜な用もないのに走りたくなってしまって、結果2,3時間走り回るということも少なくはありません。笑

5008が採用している超小径ステアリングですが、初めて乗った時には扱いやすさに本当に感動しました。今でも思いは変わっていないです。賛否両論あるステアリングですが、ファミリーカーをこんなにも楽しい車にしてくれているのは、このステアリングの恩恵が大きいと思ってます。

詳しいロードインプレッションは以下記事をご覧ください。

関連記事:プジョー 新型5008 GT BlueHDi ロードインプレッション

②長時間運転しても疲れない

夜中に2,3時間走り回ると書きましたが、これくらいの時間ならぶっ通しで走っても全く疲れません。運転席シートの良し悪しは今までそんなに意識していなかったですが、シートの質の重要性というのを身にしみて感じています。ホールド感抜群で、街乗りでも高速でも安心して車に身を任せられます。

③嫁子供がすぐ寝てくれる

運転席の乗り心地はもちろんのこと、2列目の乗り心地も非常に良いみたいです。嫁も子供もすぐ車の中で寝てしまいました。結構硬めでシートもあまり分厚くないので心配していたのですが、全然問題なさそうです。

一応リクライニング機能も備わっています。

④珍しいのか結構ガン見される

まだ私の住んでいるところでは5008が走っているところを見たことがありません。物珍しいのか、すれ違いざまにガン見されることが多いです。笑

やっぱりプジョーユーザーの方にはがっつり見られますね。あとアウトランダーに乗っている方にもガン見されました。

人が乗っていない車に乗りたいという気持ちはそれほど強かったわけではないですが、注目されて見られるというのはなかなか気持ちいいものです。

⑤ボディが意外に小さく感じる

車幅1860mmという大きさが結構ネックに思っていたのですが、見た目はそれほど車幅があるようには感じません。また、運転時も車幅の広さを感じる場面はほとんどなく、車幅感覚もかなり掴みやすいです。

全長も4640mmとそこまで長い訳ではなく、3列シートでありながらサイズ感は抜群で非常に気に入っています。

⑥燃費が予想以上にいい

カタログ燃費は17.3km/Lとなっていますが、実燃費はよくて10km/Lくらいなんだろうなーと思ってました。5008の前に乗っていたインプレッサの実燃費も10km/L程度でしたので。

ただ、現在の実燃費は14km/Lを超える低燃費で、高速走行時はカタログ燃費を上回ることも多いです。さらに燃料が軽油となるのでかなり経済的に走りを楽しむことができて、かなり助かっています。

⑦My Peugeotアプリが楽しくて便利

納車直前にリリースされた、iOS/Android向けの無料アプリで、車両とBluetoothで接続し、燃費情報やメンテナンス情報、走行距離などをスマホ上で細かく確認ができるアプリとなっています。なんか最近の車っぽくていいですね。無駄にアプリを開いてしまいます。笑

⑧サイドビュー、アラウンドビューがかなり使える

個人的にはあまり期待していなかった部分ですが、視界を補助してくれるカメラが思った以上に優秀で使いやすいなという印象です。

サイドビューは、バックミラー上に左サイドの映像を写してくれる機能で、バック時に自動で表示される他に、スイッチを押すことで通常走行中にも表示させることが可能です。幅が狭い道でのすれ違いや、左に寄せて停まりたい時なんかには非常に重宝します。

アラウンドビューカメラは、バック時に自動で表示されるのですが、歪みが少なくてかなり実用的に使えるなと思います。

⑨3列目の出しやすさ、しまいやすさ

一度、急遽6人乗せて運転しなきゃいけない状況になったのですが、3列目を起こすのが楽チンで手間取ることなくすぐに乗せることができました。畳むのも非常に楽です。

普段は3列目を畳んでワゴンのような広いラゲッジスペースを持った車として使え、必要な時にすぐに3列目を起こせるというのは、かなり使い勝手がよく個人的には理想系です。

プジョー 新型5008 GT BlueHDi 買って不満なところ8選

①ハンズフリー電動テールゲートの反応が過敏すぎる

5008の公式HPでも売りにしている先進装備であるハンズフリー電動テールゲート機能ですが、私は買って2日で機能をOFFにしました。理由としては反応が過敏すぎるからです。

ちょっと後ろを通っただけで開いたりすることもありますし、テールゲートを開いて、ラゲッジスペースに座って休んでると、不意にハンズフリー機能が作動して挟まれそうになってしまいました。笑

反応が鈍すぎて使えないのならまだいいのですが、こうなってくると機能をOFFにせざるを得ないです。

②日本仕様だけで使えない装備が多い

日本仕様の待遇の悪さには少し残念に思います。選択できるグレードや色が少ないのはしょうがないかなと思えますが、本来本国仕様では使える機能が使えなくなっているというのはなんか損した気分になってしまいます。日本仕様で使えなくなっている機能は以下の通り。

  • シーケンシャルウィンカーじゃなく、普通の点滅のウィンカーになってる
  • メーターパネルディスプレイ上にナビ画面が写せない
  • 前方カメラビュー機能が使えない
  • パークアシスト(自動駐車)が使えない

③オートブレーキホールドがない

今や当たり前の機能になりつつあるオートブレーキホールド機能ですが、5008は電子パーキングブレーキを備えていながらオートブレーキホールド機能は備わっていません。

オートブレーキホールドなんかいらないだろと言う方もちょこちょこ見かけますが、やっぱりあるに越したことはないです。深い渋滞の時なんかは、ブレーキを踏んで停止している時間がかなり長くなりますので、その間右足をフリーにできるのはやっぱり魅力的です。

マツダ CX-8はオートブレーキホールドも全車標準装備しています。また、ACCも5008は30km/h以上でしか作動しませんが、CX-8は全車速追従機能付と、先進安全装備では少し部が悪く、CX-8がかなり売れているのも納得できます。

④スイッチ回りのカチャカチャ音が気になる

センターディスプレイ周りはシルバースイッチが整列していて質感は非常に高くおしゃれなんですが、ここの取り付けが甘い感じがします。走っていてちょっとした段差を乗り越える時なんかにここら辺からかちゃかちゃといった軋む音が聞こえてくる時があります。

車内の静粛性が高い分、こういった音が結構気になります。自分の車だけなのかもしれませんが、何か対策を打てたらいいなと思いますし、もし3008、5008ユーザーの方がいましたら、同じような悩みを抱えていないか教えて欲しいです。

⑤ドア閉めたときの音がちょっと安っぽい

細かなところで気にするところでもないですが、ドアを閉めた時の音がもう少しガッチリした高級感を感じさせるものであって欲しいです。前に乗っていたミニクーパーなんかと比べると、重厚感が少し薄いかなと思います。

⑥リアがちょっとバタつく

プジョーといえばサスペンション周りも自社開発をしている珍しいメーカーで、足回りにはかなりこだわりを持っています。5008の乗り味も基本的には非常に素晴らしく、接地感の高い走りは満足度も高いです。が、段差に乗り上げた時なんかにリアがちょっとばたつく感じを受けます。プジョーというメーカーの車に乗っているので、もう少し収まりがあるとよかったかなという気持ちもありますね。ただ、乗れば乗るほどしっとり感が増していっている気がしますので、もう少し様子見していきたいですね。

⑦エンジンをかける度にオーディオがラジオになる

スマホをBluetoothで車に接続して、スマホの音楽を車内スピーカーで聞くことはもちろんできるのですが、エンジンをかけるたびにオーディオがラジオから始まってしまいます。前乗っていたインプレッサなんかは、オーディオの種類はエンジンを切っても持続されて、エンジンをかければ音楽が自動で再生されるようになっていましたので、いちいち車の操作をする必要がありませんでした。今はエンジンをかけるたびにいちいち操作して切り替える必要があるので、少しの手間ですがちょっとうっとおしいです。

スポンサーリンク

その他気になってたところのその後

シフトノブが特殊すぎて使いづらいと思ってたけど…

シフトノブは特殊な形状で、普通にガチャガチャ動かすものにはなっていません。ちょっと分かりづらくて使いづらいかなと初めは思っていましたが、ここは慣れの問題だけで、すぐに慣れて使い勝手には全く問題ないですね。

雪国にはやっぱり4WDと思ってたけど…

5008はSUVにも関わらずFFオンリーというなかなか思い切ったパッケージングになっています。4WDがないというのがネックになっている方も多いのではないのかなと思いますし、私も雪国に住んでいますので4WDの方がいいのになとは思っていました。(まあ、今までFF車しか乗ってきたことなかったのですが)

ただ、グリップコントロールでスノーモードというのもあり、あまり効果は分かりませんが、あるだけで少し安心感もありますし、スリップしたりスタックしたりということは今の所ありません。よっぽど降るようなところでなければ全く問題ないと思います。

まとめ

色々細かな不満なところも書きましたが、総合するとかなり満足度が高い車になっています。買ったことに対しての後悔は全くないですし、毎日の通勤も渋滞にはまっても楽しいです。

細かいところが気になる方にはあまりオススメできないかもしれませんが、3列シート車でも純粋に走りを楽しみたいという方には本当にオススメしたい車です。

以前の記事もよかったらチェックしてみてください。

第1回:値段やオプション、迷った車など生々しい話
第2回:エクステリア紹介
第3回:インテリア紹介
第4回:ロードインプレッション
第5回:総括(買ってよかったところ、不満なところ)←本記事

スポンサーリンク
愛車を売るならネットで一括査定!

高く売るならネットで一括査定一択!ディーラー下取りより40万円も高く売れました!
要チェック! 年収450万の平社員が500万の外車を楽々買えた理由
  • かんたん車査定ガイド

    高く売りたいならここで一括査定!

  • 完全無料

  • 最大10社に一括見積もり!
  • ボタン1つで簡単査定!
  • 下取りより最大65万円も高く売れる!
  • 相場のチェックだけでももちろんOK!
  • 無料で一括査定スタート!

こちらの記事もおすすめ!

この記事は参考になりましたか?

0
(最終更新:2018年1月28日)コメント31930 PV

コメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 小牧

    5008に乗っている者です。
    いろいろ共感しながら拝見させていただいております。
    私はこの前の車が307sw後期型で10年10万キロ乗りました。
    ちょうど壊れかけて買い替えで5008が出るのを待ちわびて購入しました。
    同じくディーゼルで色は妻の意見でアマゾナイトグレーです。
    東京に住んでいますが、色は実車を見てみたくて、千葉や埼玉含め5ー6件見てきました。
    私としてはエジプシャンブルーがよかったのですが、ガソリンがいいと言う妻を納得させるために色は譲りました。
    納車前にとうとう307がダメになり、納車までディーラーから308のハッチバックを借りてました。
    それが面白くて面白くて。レスポンスのよさ、足回りも本当に楽しかったO(≧∇≦)o
    だから5008が来て乗っても実はイマイチ楽しくなかったんです。
    てすから最近はスポーツモードにして乗ってます。これにすればほぼ同じように楽しいですね!

    一つ聞きたいのは、段差を超えるときパタパタとショックからの音が気になりませんか?
    特にリヤから。 
    また、私もよくスキーにいくのですが、先週初めてあのタイヤで湯沢にいきました。
    どの程度行けるかすごく気になっていました。
    もちろん、それだけでは危ないのでスノーソックスを買って行きました。
    結果は、平地ならそこそこ走れます。ただし、曲がるときとかにブレーキかけてロックしたらダメ。ABSがあまりよくないようで、全然止まりません。ロックさせないようにゆっくりブレーキかければ大丈夫。しかし坂はもうダメ。もちろん走りつづけてれば登りますが、試しに止まってから再発進しようとするとすぐスノーモードのトラクションコントロールが作動しなんとか発進。きつめの坂ならまず無理でしょう。
    ちなみに、スノーモードについてかかれていましたが、こんな感じです。
    アクセス踏む~滑り出す~感知するーいくらアクセル踏んでも1200回転くらいしか上がらなくなんとかグリップさせる。
    感知まで3ー4秒かかります。
    あくまでアクセスワークのサポートという感じです。
    でも、あのタイヤで高速のチェーン規制を通れるのは大きく、とりあえず峠まではあのタイヤ行けるわけです。
    結果凍結してなければそのまま行けるし、凍ってたらその時だけはスノーソックス履かせればいい。
    この車にしてからスダットレスは無くても行けるかなと思っています。
    本当はベクター4シーズンがはければいいのですが、サイズがないんですよね。
    だから2008だけはベクターが標準でついてますもんね。

    よかったら今後もやり取りさせてください。

    よろしくお願いいたします。

    • By tmh080408

      コメントありがとうございます!
      実際に納車してみての貴重なご意見ありがとうございます。
      リヤのショックからの音はたしかに少し気になりますね、音もそうですが少しバタついてる感じがしてそこは残念だなと感じてます。大きな段差でなければ気にならないんですけど。
      スノーモードについても詳しくありがとうございます!たしかに雪が少ない地域であれば、スタッドレスがなくても問題なさそうです。
      今後も是非やり取りしましょう。個別であればお問い合わせフォームから連絡頂ければ、別途メールでお返事もさせていただきます。

  2. By sige

    5008の試乗記とても参考になりました!
    ありがとうございます

    ブレーキホールド機能があれば運転がとても楽になるのは
    同感です

    新色のパイライトベージュはガソリン車のみとの事で残念です
    とてもいい色だと思います

    細かな面では本国仕様との差別がありますがとても魅力のある
    クルマだと思います

気軽にコメントしてください

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント