くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【試乗+採点評価】C200 4MATIC / Mercedes-Benz 「1日試乗で見えてきた凄み」

【試乗+採点評価】C200 4MATIC / Mercedes-Benz 「1日試乗で見えてきた凄み」

じわじわと良さが出てくる焦らし上手なC200。

ということで、2019年初頭にマイナーチェンジを迎えた新型C200 4MATIC AVANTGAREDに試乗してきました。

1day試乗のキャンペーンをやっていたので、今回は1泊2日で貸していただき、高速やワインディングなど、色々なところを走ってきました!(通算5時間くらい走ったかな)

実は私、メルセデス・ベンツに乗ったことがなく、今回がベンツ初体験となっています。今回試乗したのはセダンタイプですが、ステーションワゴンタイプもあり、前回試乗したV60とはバチバチのライバル関係に当たるのかなと思っています。

V60が相当素晴らしい車でしたので、C200にも非常に期待を持って試乗してきました!

別記事にて、内外装チェック編もやっていきます。一眼レフで撮影した写真を用意していますので、こちらもお楽しみに!→アップしました!

本記事では、自称「試乗マニア」が、試乗してみて感じたことを、感じたままにお伝えしていきます。

最後には、以下の5つのポイントでパワプロ風採点評価もさせていただきます。(最高はS、最低はGで評価します。)是非最後までお楽しみください!

採点評価の5つのポイント

  • 加速感
  • 乗り心地
  • 操舵性
  • 静粛性
  • 楽しさ

ランク指標

  • S…とてもイイね
  • A…イイね
  • B…普通(イイね寄り)
  • C…普通(ヨクナイね寄り)
  • D…ヨクナイね
  • E以下…とてもヨクナイね

C200に乗りながら試乗インプレッションを語る動画なんかもYoutubeにアップしています。こちらも宜しければ合わせてどうぞ!

【マニア試乗記】新型C200 4MATICを採点評価! 1日試乗でベンツ初体験!

まずは、価格やスペックなどの基本情報を紹介します。

新型C200の基本情報

C-Classのグレード展開は以下のようになっています。

グレード一覧

  • C180:¥4,550,000
  • C180 AVANTGARED:¥4,950,000
  • C200 AVANTGARED:¥5,600,000
  • C200 4MATIC AVANTGARED:¥5,880,000 …今回試乗したグレード
  • C220d AVANTGARED:¥5,860,000

価格的にはV60と似たり寄ったりといったところですね。やはり高い。。

パワートレインとしてはC180(1.6Lターボ), C200(1.5Lターボ+BSG), C220d(2.0Lディーゼルターボ)の3展開。

中でも注目されているのが、1.5Lガソリンターボエンジンと、BSGと呼ばれる小型モーター兼発電機を搭載するC200ですかね。いわゆるマイルドハイブリッドとなっています。

このマイルドハイブリッドの出来が非常に気になるところだと思いますが、そのあたりも試乗インプレッションで触れていきます。

ちなみに4WDモデルが選べるのはC200だけで、その他のパワートレインはFRのみとなっています。

 

また、今回試乗させていただいたC200には、以下のメーカーオプションが装着されていました。

試乗車に装備されていたオプション一覧

  • AMGライン:¥377,000
  • レーダーセーフティパッケージ:¥205,000

AMGラインは外観、内装をAMG風に変更するというのが主な目的ですが、それに加えてAIR BODY CONTROLサスペンションと呼ばれるエアサスが装着されるというのが大きなポイントです。

ただ、注意しておきたいのはC180にAMGラインを付けてもエアサスは搭載されず、DYNAMIC BODY CONTROLサスペンションと呼ばれる電子制御サスペンションが装着されることになります。こちらの体験はできていませんので何とも言えませんが、エアサスに拘る方はC200かC220dを選択する必要があります。

AIR BODY CONTROLサスペンション

レーダーセーフティパッケージに関しては、これらがオプション扱いなのが少しうーんという感じですね。V60なんかは全車標準で全ての先進安全装備を搭載するという徹底ぶりです。

レーダーセーフティパッケージの内容

まあただ、プレオーダーメルセデスというサービスを利用することで、全てのオプションが半額で購入できますので、実質10万円ほどで付けられるということを考えたら悪くないのかなとは思います。是非とも付けておきたいオプションですね。

そして、いつものくるすぺオリジナルのスペック表は下記の通りです。

基本スペック(C200 4MATIC)
サイズ 4,690 x 1,810 x 1,430
重量 1,580kg
エンジン 1.5L直列4気筒ターボ+ BSG
ミッション 9AT
最高出力 184PS/5,800rpm
最大トルク 280Nm/3,000〜4,000rpm
燃費・燃料 -・ハイオク
パワートレイン別情報
C200 価格帯
560~588万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B
76.4点
A
82.7点
C220d 価格帯
586万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B
75.1点
S-
90.0点
C180 価格帯
455~495万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C
67.1点
B
74.4点

ボディサイズはホンダのインサイトとほぼ同じようなサイズ感ですね。扱いやすさと実用面のバランスに優れたサイズ感だと思います。

パワートレイン評価も、C200とインサイトはかなり似通った感じです。

新型C200 試乗インプレッション

試乗して素人が感じたことを、感じた通りに記載していきます!

1.5ターボ+BSGの実力

一番気になっていたBSGと1.5Lターボエンジンによるマイルドハイブリッドの実力。

まず予想外だったのが、出だしのハイブリッド感の無さ。普通のガソリン車に乗っているような感じでブーンと進んでいったので、ここは拍子抜けしてしまいました。

ただ、BSGの効果もあってか、出足はスムーズでトルクフルとまでは行きませんが、ストレスなく発進できます。

少しエンジン音が入ってくるのが気になるかなーという感じもしましたが、これは先にインサイトに乗っていたからでしょう。インサイトのスムーズで静かな出足はこれまた圧巻でした。

街乗りの試乗では、まあこんなもんかなあという風に思っていましたが、ワインディングに入った途端に実力を発揮します。

BSGの効果が最も出る場面は、出だしではなくて、中速域からの加速や坂道での加速じゃないでしょうか。エンジンでは感じることができないブースト感を存分に感じることができました。

回転数を上げていってもエンジンフィーリングは気持ちよく、そしてBSGの補佐もあってグィーーンと伸びていく感じ、想像以上に面白いパワートレインです。

このパワートレインの魅力は、街乗り試乗だけでは半分も感じることができないかもしれません。この機会に一度1day試乗を試してみてもらいたいです。

独特な乗り心地を発揮するAIR BODY CONTROLサスペンション

もう一つ気になっていたのがエアサスペンションの実力です。初メルセデス試乗ということで、エアサス搭載の車に乗るのも今回が初めてでした。

走り出しの印象としては、他のドイツ車と同様、剛性感が高く硬い足回りだなあという印象だけだったのですが、少し荒れた路面や凹凸がある道を走ってみると、これがエアサスか!というのが伝わってきます。

非常にがっしりして固い乗り味であることには違いがないのに、荒れた路面を走っても自分に衝撃が全然来ない!なんか宙を浮いているような感じ!

語彙力が少なくて申し訳ないですが、今まで体験したことがない乗り心地でした。これはちょっとクセになるかも。

V60で感じたようなしなやかさというものはあまり感じることができませんでしたが、剛性感抜群でありながらショックが全然来ない不思議な乗り心地。これはAMGライン付けてエアサスにしたくなりますね。

多彩な走行モード

走行モードを5種から選択できるというのも嬉しいポイントです。輸入車ってこういった遊び心に関してはしっかり取り組んでいる印象が強いです。

選択できる走行モードは以下の通り。モードに応じて、①エンジン、②ステアリング、③サスペンション、④ESPの特性が変更されます。

選べる走行モード

  • Eco … ①Eco、②Comfort、③Comfort、④Comfort
  • Comfort …  ①Comfort、②Comfort、③Comfort、④Comfort
  • Sport  …  ①Sport、②Sport、③Sport、④Sport
  • Sport+ … ①Sport+、②Sport、③Sport+、④Sport+
  • Individual … ユーザー任意の設定

普段使いはEcoで十分かなと。Comfortのエンジン特性は結構元気なので、街乗りレベルだと、そこでギア落とさなくてもいいよと思ってしまう場面もちょいちょい出てくるかなと感じました。

Ecoだと切れ目なく、シフトチェンジ感をほぼ意識することなく運転できるので、日々の運転にはEcoが一番マッチしているかなと思います。

ComfortとSportの違いに関しては、エンジン特性も結構変わってきますが、一番変わるのはステアリング特性かなあ。

Comfortのステアリング特性は結構ゆったりしている感じで、巡航時のステアリングは結構軽いです。それでも反応が遅いとか思った通りに曲がれないということはないのですが、ワインディングなんかではやっぱりSportにしたくなりますね。

V60だと、Sportにすると過敏すぎて高速走行時にはちょっと…って感じがしてたのですが、C200のSportモードのステアリングは、まっすぐ走る分にも全然問題なかったです。何が違うのか素人の私には分かりませんが、C200の方ががっしり真っ直ぐ走ってくれる印象が強く、ステアリングに対する安心感が高かったですね。

Sport+まで行くと、サスペンションの方の変化が大きくなってくる感じがします。乗り心地はより硬く、ロールを感じさせないコーナリングが体感できます。

抜群のコーナリング性能

私が思うC200の最大の魅力は、コーナリング性能の高さではないかと。これは凄まじいです。

ハンドリングの良さ、コーナリング性能の高さは、街乗りで左折するだけでも十分に感じることができるでしょう。感覚的には4CONTROL搭載のメガーヌに似たようなものを感じました。

これがワインディングに入っていくと、さらにコーナリング性能の高さを思い知ることになります。

取り扱いやすいステアリングで、思った通りにスイーっと曲がっていってくれる感じ、ここまでコーナリングが気持ちいい車はなかなかないのではないでしょうか。

「ロールって何?」って感じで、深いカーブでも全くロールを感じることもなく、グイグイスイスイ曲がってしまいます。これは危険な車だ…w

BSGのブースト感も気持ちいいし、ワインディングを走るのが本当に楽しい車です。

高速道路で車線変更するだけでも、他の車とは別次元なハンドリング性能と安定感の高さをヒシヒシと感じます。

上述したように、Sportモード設定でも苦なく真っ直ぐ走ることができますので、高速でも積極的にSportモードを使いたくなってしまいます。

コーナリング性能の高さは、いつどんな時でも実感することができるでしょう。日常を楽しくしてくれる、そんな車に仕上がっています。

レーダーセーフティパッケージ

高速では、アクティブディスタンスアシスト(所謂、オートクルーズコントロール)や、アクティブステアリングアシスト(所謂、車線中央維持システム)なんかも試してきました。

V60と比べても遜色ないレベルで自然な感じで好印象でしたよ。

後は珍しい機能として、アクティブレーンチェンジアシストという、ウィンカーを出すだけで勝手に車線変更してくれるという機能も試してみました。

勝手に車線変更してくれる感じは近未来感を感じましたねw ただ、結構ゆったりと車線変更をするので、結局はもう自分でやるよってなっちゃいそうな機能だなと思いました。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

新車購入の際は、ネットで一括査定もご検討ください。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑

新型C200 走行性能評価まとめ

加速感 … B+

加速感の評価

停止からの発信では、もっとハイブリッド感を感じるかなと思ったが、ガソリン車と同じような感覚だった。
BSGの実力が解放されるのは中速域からの加速や、坂道の加速ではないか。
ここからの伸び、モーターによるブースト感みたいなものは、エンジン車では感じることができない独特なフィーリングだった。

乗り心地 … A-

乗り心地の評価

剛性感抜群の固い乗り味であるにも関わらず、乗っている人への衝撃が最低限に抑えられている。
ちょっとエアサスの魅力に取り憑かれそう。ただ、好き嫌いは結構出るかもといった乗り味だった。

操舵性 … S

操舵性の評価

素晴らしいの一言。
Comfortにしておけば普段使いでも楽で扱いやすく、Sportモードにすればワインディングを最大限に楽しめる。
今まで乗ってきた車の中でも随一のコーナリング性能。

静粛性 … A

静粛性の評価

密閉感がすごい。外の音はほとんど聞こえない。
エンジンノイズは、発進時はやや気になる場面もあるが、巡航時にはほぼ気にならない。
回した時のエンジンフィーリングも気持ちいいので、不快感は全くない。

楽しさ … S

楽しさの評価

楽しい。かなり楽しい。
1.5ターボ+BSGはどうかなと正直思っていたが、日本の道路事情にすごくマッチしたパワートレインかもしれない。
常識的な範囲内で楽しく走る上ではちょうどいいスペックで、コーナリング性能の高さを存分に味わえる。

最後に

試乗インプレッション編はいかがでしたでしょうか。

1day試乗では、街乗り試乗だけでは感じることができなかったC200の魅力を存分に感じることができました!

C-Classの1day試乗は6月末までやっているので、気になった方は是非借りてみて、色んなところを走ってみてください。

ディーラーによるのかもしれませんが、土日も借りることができると思いますので、家族を乗せて運転してみるのもいいかもしれませんね。(私は金曜の夕方に借りて、土曜に返しました。)

セダンの特集記事もご用意しております!セダンご検討の方は是非一読ください!

内外装チェック編は近日中に投稿しますので、そちらもお楽しみに!→アップしました!

 

最後に筆者がどれくらい買いたいと思わされたか、星評価で表して終わりにしたいと思います。

買いたい度(9 / 10点)
★★★★★★★★★☆

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね!

 

P.S. 快く試乗させていただきましたメルセデス・ベンツ金沢さんにこの場を借りて感謝申し上げます。

1day試乗、本当に楽しかったです。ご近所の方でC-Classに興味を持たれましたら、是非ともメルセデス・ベンツ金沢へ!

「プジョー5008に乗ってる人のブログ見て来た」と伝えれば、もしかしたらいいことがあるかもしれません。(ないかもしれません。)

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?
実はその買い方、損しているかもしれません。
しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で一度見積もりをもらっておくことを強くオススメします。
高価査定を狙うにはやっぱりネットで一括査定がおすすめ!
やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。
私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!
新しい車の購入意欲を高めたい方にもおすすめです笑

関連記事

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 興味深く拝見しました。
    僕もこのクルマのFRが初メルセデスの初エアサスでしたw
    エアサスが初めてだったからなのか、フワフワ感ばかりが気になって最終的にクルマ酔いしました(泣)
    運転楽しい感じになるのはやはり高速試乗してみないとでしょうか。それにしても試乗時にしっかりとドライブモード等も試されていることに感心します。
    レビューの書き方と共に参考にさせて頂きます!

    • コメントありがとうございますw
      気を使わせてしまったなら申し訳ないですw

      そうだったんですね! ベンツはなーと正直敬遠してたとこがあったのですが、1日試乗やってくれてるし、思い切って乗ってみました。
      エアサスは好き嫌いハッキリするだろうなーって感じはありましたねw
      ドライブモードで変えれる感じが好きなので結構試してみるんですが、今回は1日試乗ということでかなり走れたので、それぞれじっくり試せました。
      もっと1日試乗やってくれるとこ増えないかなーと期待してます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE