くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【マニア試乗記】プジョー 208を採点評価! おしゃれで楽しいフランス車らしい車!

4209 views
【マニア試乗記】プジョー 208を採点評価! おしゃれで楽しいフランス車らしい車!

最近はもっぱらプジョーにハマっている筆者であります。今回は、コンパクトカーでプジョーの中で最もお求め安い208に試乗してきました。筆者は元々ミニクーパーユーザーだったので、ライバル車である208も非常に気になる存在です。

本記事では、年間100台ペースで試乗している自称「試乗マニア」ならではの視点でレビューをさせていただきます。また、以下要素に関して勝手ながら採点評価をさせていただきます。

  • エクステリア
  • インテリア
  • 走行性能

最後に良いところ、不満なところをまとめて紹介します。どうぞ最後までお付き合いくださいませ

スポンサーリンク

【マニア試乗記】プジョー 208を採点評価! おしゃれで楽しいフランス車らしい車!

まずは、プジョー208の価格やスペックなどの基本情報を紹介します。

プジョー 208の基本情報の紹介

価格は199万〜256万円です。今回試乗したStyle 6ATグレードは217万円となっています。個人的にオススメしたいグレードは237万円のAllureグレード。

スペックは以下の通りです。

サイズ 1,740 x 3,975 x 1,470
重量 1,160kg
エンジン 1.2Lガソリンターボ 直列3気筒
ミッション 6AT
最高出力 110PS/5,500rpm
最大トルク 20.9kgm/1,500rpm
燃費・燃料 18.2km/l・ハイオクガソリン

この1.2Lターボ直列3気筒エンジンはインターナショナル・エンジンオブザイヤーにも輝いたことがある世界的に評価の高いエンジンとなっています。やはりこのエンジンの実力が気になるところですね。

また、本ブログ独自の採点方式による最高出力、最大トルクを重量で割った値のトルクウェイトレシオの採点結果は以下のようになっています。

61.5
パワーウェイトレシオ点数
77.5
トルクウェイトレシオ点数

トルク性能が高いです。ターボエンジンなので低回転から最大トルクを発揮できるのも武器ですね。日本車のコンパクトカーと比べると断トツのトルク性能を誇っています。

プジョー 208のエクステリア評価

洗練されたフロントフェイスは愛おしい

最初見たときは案外普通だなという印象だったのですが、見れば見るほど愛おしくなってきます。目の部分、口の部分それぞれのパーツのバランスが非常によく、飽きがこないデザインだなとひしひし感じています。毎日見るのが楽しくなるような、日本車コンパクトカーではなかなか味わえないデザインになっていますね。もう少し個性が欲しいなと思っていたこともありますが、見れば見るほどバランスの絶妙さを感じます。

いやらしさのないフォルム

卵型のフォルムは、美しく、可愛く、スポーティさも感じさせるものになっています。外車だからといっていやらしさを感じさせないフォルムになっているところも好印象です。女性にも非常にオススメできる1台です。

少しダサ目のリア

リアはなんか少し不恰好な印象です。ちょっと古臭い感じがしますね。でもでも、不恰好なリアも好きになってしまう妙な魅力が208にはあります。ちょっとしたダサさが可愛くなってしまうことってありませんか?

カラーラインナップは6種類

個人的にオススメなのは新色の「ダークブルー」。実物も見てきましたが、208に少し足りない高級感を感じる色です。

エクステリア採点

フロントフェイス
★★★★☆
フォルム
★★★☆☆
リア
★★☆☆☆
カラーラインナップ
★★★☆☆

エクステリア総合評価(7 / 10点)
★★★★★★★☆☆☆

エクステリアに関しては、特段奇抜なデザインということもないのですが、各々のバランスが絶妙で長く乗っていても飽きがこないデザインだというところが高評価です。Allureグレードになるとメッキパーツなどで高級感が増しますので、個人的にはAllureグレードをオススメしたいですね。

スポンサーリンク

プジョー 208のインテリア評価

おしゃれなインパネ

インパネ周りはカーボン調になっていて、ピアノブラックのパーツとうまく噛み合って、おしゃれで品の良さを感じます。このカーボン調だけでかなり高級感、おしゃれ感を感じさせていて、いいアクセントになっていますね。

見やすくおしゃれなメーター

メーターは小径ステアリングの上から見るスタイルで、上部に配置されています。上から見るヘッドアップスタイルは非常に見やすく個人的にもっと増えて欲しいなと思っています。ピアノブラックで囲まれたメーターはおしゃれさも醸し出していて、全体の質感を上げる要素になっています。見た目、実用性共にコンパクトカーとは思えないレベルの高さです。

シートの質感は及第点

シートの感じは、質感、座り心地共に良くも悪くもない、ふつうって感じです。日本車コンパクトカーと比べると若干おしゃれで質感が高いかなとは思います。運転席周りもシートも、コンパクトカーで感じやすいちゃっちさみたいなのは感じません。

案外広い後席

ミニなんかと比べると、後席は十分に広いです。5ドアですし実用性もなかなかの物かと思います。

インテリア採点

おしゃれさ
★★★★☆
高級感
★★★☆☆
利便性
★★★☆☆
シート
★★★☆☆

インテリア総合評価(6 / 10点)
★★★★★★☆☆☆☆

ちょっとしたおしゃれさが好印象なインテリア。ギラギラしすぎず、高級感ありまくりな感じもなく、リラックスして過ごせる空間になっているところが良いですね。

ただ、フランス車らしい、208に似合いそうな明るい色の内装が選べても面白いかなーと感じました。黒モノトーンって感じの車じゃないかなっていうのが個人的に思うところです。

プジョー 208の走行性能評価

回転させればさせるほど楽しい3気筒エンジン

この1.2Lターボ3気筒エンジンがすごく面白いです。エンジンオブザイヤーを獲得しただけあるなと実感しました。なんというかすごい伸びやかで、回転数を上げて行くと心地よいエンジン音が耳に入ってきます。これは一度乗ったら癖になってしまいますね。

マニュアルモードも付いているのですが、2〜3速で回転数を上げて走るのがかなり気持ちいいです。(燃費は犠牲にしますが。。)爆発的な加速力というまではいかないですが、加速性能も十分で、エンジン音にふさわしい加速をしてくれます。

とにかくこのPureTechエンジンにはベタ惚れしてしまいました。

しっくりくる小径ステアリング

プジョーといえば小径ステアリングという個性が染み付いてきました。208も例外ではなく小さいステアリングを採用しています。

この小さいステアリングが個人的にはジャストフィットで、取り回し易くクイックに曲がれる、楽しさを追求したステアリングになっていると思います。嫌な重たさもなく、軽くて怖いというようなこともありません。

吸い付くような接地感

プジョーといえばネコ足ですが、ちょっと前までのプジョー車はネコ足要素がなくなってきてしまっていました。

この208はネコ足という異名にふさわしく、吸い付くような接地感をすごく感じる走りをしてくれます。ちょっとした段差なんかはうまくいなしてくれますし、何より走ってるなーっていう感じがダイレクトに伝わってきます。

乗り心地も快適で、さらに楽しさも感じられる接地感のある走りは、他の車ではなかなか感じることができません。

物足りない剛性感

個人的にはそこまで気にはしていないですが、剛性感はドイツ車なんかと比べるとだいぶ劣る感じはします。ドアを閉じた時の密閉感とか、がっしりしているなという感覚は、前乗っていたミニクーパーの方が断然上に感じました。

ただ、直進安定性もコーナーでの安定度も高いですので、その辺りはご安心を。

アイドリングストップからのスタートがギクシャクする

アイドリングストップ状態から動き出すときに、少しギクシャクした発進になってしまうことが結構ありました。同じエンジンを積んでいる2008を乗った時にはさらに気になる感じがありましたね。

PureTechエンジンとアイドリングストップの相性がよくないのかなという感じ。良いところばっかりだったので、ちょっとしたところですが結構気になるポイントです。

同じプジョーの3008や5008なんかはアイドリングストップからのスタートがすごくスムーズで、ストップしてたことを忘れるくらいのものでした。こちらは2.0Lディーゼルターボエンジンになります。

関連記事:【マニア試乗記】プジョー 3008(GT)を採点評価!

関連記事:【マニア試乗記】プジョー 5008(GT)を採点評価!

走行性能採点

乗り心地
★★★★☆
静粛性
★★☆☆☆
安定感
★★★☆☆
加速性能
★★★★☆
ステアリング
★★★★☆
楽しさ
★★★★★

走行性能総合評価(8 / 10点)
★★★★★★★★☆☆

筆者の想像以上に楽しい車でした。

私は1世代前のミニクーパーユーザーだったのですが、運転の楽しさでいうとプジョー208の方が1ランク上に感じました。剛性感などは敵わないなという感じも確かにありましたが、ミニを検討している方は、一度プジョー208を試乗してみるのを強く推奨します。私がミニを買った時はミニしか見えてなかったんですが、もし208を乗ってたら気が変わってたかもしれないと思うほど、魅力の詰まった車になっています。

2018/05/27 追記

マイナーチェンジを迎えた新型ミニクーパーSに試乗してきました。このマイナーチェンジが思ってた以上によくて、クーパーSはやっぱりめちゃくちゃ楽しいなと思いました。

クーパーSとのライバルとなると、208 GTiがライバルとなるかもしれませんが、ミニの楽しさも復活してきているなと感じています。

新型ミニクーパーS(2018)の試乗記を見る

スポンサーリンク

プジョー 208試乗レビューまとめ

良いところ

  • 洗練されてバランスが絶妙なエクステリア
  • ちょっとしたおしゃれさが際立つインテリア
  • 回転数を上げても気持ちいいエンジンフィーリング
  • 発進加速のよさ
  • ステアリングの取り回しやすさ、反応のよさ
  • 接地感があり乗り心地がいい走り味

不満なところ

  • ちょっと不恰好なリアデザイン
  • 剛性感が物足りない
  • アイドリングストップからのスタートがスムーズじゃない

最後に

プジョー208の試乗レビューはいかがでしたでしょうか。

コンパクトカーをお考えであれば、プジョー208はおすすめ中のおすすめです!国産コンパクトカーではなかなか味わえない乗り味で、毎日運転するのが楽しくなると思います。

私は今、二児の父となろうとしているのでコンパクトカーを買うということはなかなか難しい選択になるのですが、子供が大きくなってでかい車が要らなくなったら、このプジョー208を乗りたいなと本当に思っています。それか、妻に208を買わせて筆者が楽しむ…笑

軽自動車や国産コンパクトカーには少し物足りなさを感じる方は、是非208を検討してみてください!

最後に筆者がどれくらい買いたいと思わされたか、星評価で表して終わりにしたいと思います。

買いたい度(9 / 10点)
★★★★★★★★★☆

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね! カテゴリ「試乗レビュー」をチェック!

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly