くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

試乗マニアによる「クルマでいこう」考察 <スズキ スペーシア(2018)>

788 views
試乗マニアによる「クルマでいこう」考察 <スズキ スペーシア(2018)>

こんにちは、試乗マニアのくるすぺです。

みなさんは「クルマでいこう」という番組をご存知でしょうか。モータージャーナリストの岡崎五朗さんと藤島知子さんによる、新車のレビューを行うテレビ番組です。この番組大好きなんですよね。

この記事では、番組内での評論を、試乗マニアの私の意見を交えながら紹介していきたいと思います。

この記事で以下のようなことをお伝えできたらいいなあと思っております!

  • クルマでいこうの楽しさ
  • 紹介する車のいいところ、悪いところ
  • 車を選ぶ際に見ておくべきチェックポイント

ちなみに、固定観念を持たないで試乗記を書きたいので、試乗前には一切試乗レビュー動画や記事は見ていません。なので、素人意見とプロの意見のズレなんかもお楽しみいただけたらいいなと思います。

また、岡崎さんの写真は以下からお借りしています。

参照:http://pr.nikkei.com/ART/profile/okazaki.html

スポンサーリンク

試乗マニアによる「クルマでいこう」考察 <スズキ スペーシア(2018)>

今回は、スズキ スペーシアの紹介です!

私の妻が新型N-BOXユーザーで、そのN-BOXの最大のライバルに当たる存在だと思います。N-BOXのクルマでいこうの考察もしてますので、こちらも是非ご覧になってください。

N-BOXのクルマでいこう考察を見る

別途、スペーシアも試乗済みで、試乗記も記載していますのでそちらもよかったらどうぞ。

スペーシアの試乗記を見る

また、公式アカウントによる番組のYoutube動画はこちら。お時間あれば是非動画もご覧ください。

試乗車の基本スペック

番組内で試乗したのは「HYBRID X 2WD」という上級グレードです。カスタムにはターボモデルがありますが、ノーマルスペーシアにはターボモデルは存在しません。

参照:https://www.youtube.com/watch?v=YYmZ51TvL_E

新型スペーシアのエクステリア/インテリア評価

岡崎五朗さん
室内は広いが、ライバルとの差はほとんどない。そうした時に肝になってくるのはデザイン性。スペーシアのデザインは個性的でいい。

確かに広さの面ではもう限界を迎えていると言ってもいいと思います。

そうなるとどこで差をつけるかと言うと、岡崎さんがおっしゃるデザインもありますし、あとは走り、快適性といったところで差別化していくしかありません。

スペーシアに関しては、デザイン面で大きな工夫を施してきました。

いいか悪いかは別として、特徴のあるデザインになっています。

 

岡崎五朗さん
平板になりがちなサイドの面にくぼみを入れることで表情を与えている。グローボックスにはスーツケースデザインが取り入れられていて、うまく道具感、機能性をアピールするデザインにまとめられている。

スーツケースをコンセプトにするという着眼点は素晴らしいと思います。

外観と内装のコンセプトを統一したというところもGOODですね。

モデルチェンジしてもこのコンセプトは引き継いでいって欲しいです。

スポンサーリンク

新型スペーシアの高速走行性能

岡崎五朗さん
70~80kmでゆったりクルージングしている限りでは不足は感じない
岡崎五朗さん
ロードノイズが大きい。タイヤから発生するゴーっという唸り。音だけじゃなくてステアリングやシートに伝わってきてしまう。

これは自分が試乗した時にも感じました。

新型N-BOXのロードノイズに対する静粛性が圧倒的すぎるので、それでよりうるさく感じてしまった部分もあるかもしれません。

細かな振動も伝わってきて、悪い意味で軽さを感じる乗り味でした。

この辺りは、N-BOXに圧倒的に劣っていると思いますので、今後改良していってもらいたいですね。

新型スペーシアのワインディング走行性能

岡崎五朗さん
エンジンは回転数が上がっても変な振動とかは出てこない。

振動に関してはあまり気にしてなかったですが、結構エンジン音の入りが気になるなーと思ってました。

なんか頑張ってる感が伝わってくるというか。N-BOXは頑張ってる感を全然出さないんですよね。

 

岡崎五朗さん
停車からの発進は、ちょっと踏んだだけでグッと出る。アクセル操作に気を使いそう。

正直、発進時のギクシャク感はあまり感じませんでした。

個人的にグッと出てくれた方が好きなのもあって気にならなかったのかもしれません。

とにかく思ってたのは30〜40km/hぐらいからの加速がかなり物足りないということ。

いや、物足りないというより、そんな頑張ってる感出さないでよって感じですかね。もっと滑らかにスーッと加速していって欲しいものです。

 

岡崎五朗さん
コーナーでの不安感はない。サスペンションが締めあげるところは締められている。

そうなんですかー。個人的には安定感はあまり感じられませんでした。

安定感に関してはN-BOXとの比較の言及がなかったのですが、個人的にはコーナリング安定性にも大きな差があると感じてます。

スポンサーリンク

新型スペーシアのロードインプレッションまとめ

岡崎五朗さん
デザイン性の高さはライバルに並ぶ存在となりうる。が、静粛性や乗り心地などの快適性の面は今ひとつ。ここを改良していけばより魅力的な車になると思う。

デザインの独創性はピカイチかなと思います。

ただ、ユーザーがいいデザインだと思うかどうかはまた別の話。皆さんはスペーシアのデザインに関してどんなもんでしょうか。是非意見を聞いてみたいです。

また、実燃費は16.3km/Lとなっていました。N-BOXは12.9km/Lだったのでずいぶん優秀ですね。

開発者インタビュー

岡崎五朗さん
ライバルに勝つためにどんな車を作ろうと考えた?
鈴木さん
単純にファミリーのための車というよりは、ワクワクするような車にしようというところで違いを打ち出そうとした。

確かにデザインからはファミリーカー臭はないですね。

ワクワクするような車を作りたいという姿勢は、車好きとしては嬉しい一言。

スズキというメーカーは、他のメーカーとは一風違った楽しい車を作ってきてくれることが多いので、今後も期待していきたいです。

 

岡崎五朗さん
サーキュレーターなどきめ細かい配慮がされてますね。
鈴木さん
ユーザーが実際使ったシーンを見て、わざわざオートエアコンを切って風が出ないようにしていた。で、これはなんかやらないとなということでサーキュレーターを採用した。

おー、そうなんですね。実際にユーザーが使っているところを見て、問題だなと思うところを改良していくプロセスは非常にいいと思います。

私はシステムエンジニアで、色々システム開発に携わったりするのですが、エンドユーザーが喜ぶものではなく、社内の偉い人とか力を持った人が納得するものを作ろうとしてしまう傾向があります。

この例のように、実際のエンドユーザーが本当に欲しているものは何かを分析して開発していく姿勢は素晴らしいです。

 

岡崎五朗さん
乗り心地の面では改善の余地があると思った。先代のN-BOXを見て作ったらこれで勝てるだろうと思ったと思うが、新型N-BOXがかなり良くなってて、その辺りちょっと間に合わなかったなとかはあったりするのか。
鈴木さん
(やや困りながら)軽さ、軽快な乗り味をなるべく殺さないよう、以下にフラットな感じでできるかというので開発した。

えええ!そんな直接的に言っちゃいます!?笑

言うときはズバッと言ってくれますね、岡崎さん。

ズバッと言ってくれてすごく気持ちよかったです。認識が同じだったことも嬉しい。

また、スズキにとってもこうやってはっきり言ってくれる存在がいてよかったんじゃないでしょうか。改善すべき点も明確になりますしね。

 

岡崎五朗さん
ヘッドアップディスプレイはすごいものをつけてきましたね。一見の価値アリなので是非皆さんにディーラーで見てもらいたい。
鈴木さん
自分でもよく出せたなと思うくらい綺麗なものになったと思う。

岡崎さん、めっちゃヘッドアップディスプレイ気に入ってますね笑

こればっか褒めるから、これ以外褒めるところないのかと思ってしまいますよ笑

そんな感動するほどだったかなー。ちゃんと見ておけばよかった。

新型スペーシアのユーティリティチェック

162cmの藤トモさんが後席に乗って、膝前が拳5.5個分、頭上が拳6個分という驚異的な広さを誇っています。N-BOXもほぼ同じ数字でしたね。

天井にサーキュレーターが付いてて風量を4段階で調節できるとのこと。

アッパーボックスはすごくオシャレで、着色を施しているため傷がつきにくいというメリットもあるようです。

背もたれをワンアクション(押すだけ)で、2列めシートを倒すことができるので、手軽に自電車なんかも積めそうですね。

新型スペーシアの評価

Good Point

  • 軽の常識を超えたヘッドアップディスプレイ&360度3Dモニター(岡崎さん)

こんな本格的なフロントガラスに投射するものが軽について来たのも驚きだが、そのクォリティがBMWとかLEXUSかと思わせられるもの。

  • ドライブに出かけたくなるオシャレなデザイン(藤トモさん)

毎日使って楽しみが得られそう。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=YYmZ51TvL_E

ヘッドアップディスプレイは本当に気に入っていたみたいですね笑

Bad Point

  • 優しさに欠ける乗り心地(岡崎さん)

使い勝手とかは優しさに満ち溢れているので、それが乗り心地にもあればベストなのになあと感じた。

  • 標準モデルにターボ設定がない(藤トモさん)

カスタムのターボが本当に乗り味が良かった。ノーマルのスタイルに乗りたいけどターボにも乗りたいという人も多いのではないかと思う。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=YYmZ51TvL_E

ターボめっちゃよかったって言うのがすごく気になります。

私はN-BOXもスペーシアもNAしか乗ってなくてNA同士の比較になりますが、クルマでいこうではN-BOXだけターボで評価してますもんね。

機会があったらターボモデルも乗ってみたいなー。

でもターボはカスタムモデルしかない。スペーシアカスタムは嫌だああああ!

藤トモさんの言う通り、ノーマルのスタイルでターボに乗りたいと言う人は結構多いかもしれません。

最後に

クルマでいこうの考察いかがでしたでしょうか。まだ動画を見ていない方は是非見てみてください!そして、毎週の楽しみにしてくれたら私も嬉しいです!

そして、スペーシアの試乗レビュー記事も書いていますので、そちらも合わせて読んでもらえると嬉しいです!

スペーシアの試乗記を見る

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly