くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

508SW GT Lineオーナーがグレード別装備を徹底解説! GT Lineの43万高は適切価格なのか!?

508SW GT Lineオーナーがグレード別装備を徹底解説! GT Lineの43万高は適切価格なのか!?

どうも、くるすぺです。

508SW納車から1週間ほど経ちました。色々発信したいことは溜まってきている訳ですが、中々しっかり撮影する時間がなくもどかしい日々を過ごしております笑

しかし、走りの面においては乗り心地とスポーティさの両立具合が半端ないですね。自分でもとんでもない車を手にしてしまったなと思っているところです。

1000kmくらい超えたら、一度乗り味についても語ってみようかなと思います。

さて、前置きはこの辺で。

本記事では、508SWのグレード間の違いを紹介していきます。

私は、「GT Line」というグレードを購入しました。

508SWは3つのグレード展開で、「GT Line」以外に、「Allure」「GT」というグレードが存在します。

私自身、「Allure」の購入を検討していた訳ですが、セレベスブルーの在庫がGT Lineしかなく、その場のノリでGT Lineに決めてしまいました笑

果たして「GT Line」の購入は正解だったのか!? 愛車のセレベスブルーGT Line号の写真をベースに、違いを紹介していきたいと思います!購入検討している方の参考になれば幸いです。

508SW グレード間の違いサマリー

まず、各グレードの価格を紹介します。

  • Allure:4,502,000円
  • GT Line:4,930,000円
  • GT:5,266,000円

価格差としては、
「Allure」⇔「GT Line」で約43万円
「GT Line」⇔「GT」で約33万円
の差となってます。

「GT」はディーゼルモデルなので、諸費用込みで考えると、GT LineとGTの差は実質15万円程度になります。そう考えるとGTは結構お買い得感高いんですよね〜。GTにしておいてもよかったなと今でも思います笑(私は前がディーゼルだったので、違うエンジンを試してみたいということでガソリンに絞りましたが、ディーゼルも良いのですよ)

ということで、ここからは、私の愛車「GT Line」の写真をベースに、グレード間の違いを徹底的に比較解説していきたいと思います!カタログでは気付きづらい部分もしっかり見ていきます。

そして、AllureとGT Lineで迷ってGT Lineを選んだ私が、GT LineがAllureと比べて43万円以上の価値があるのかどうか、独断と偏見で価値も付けてみますよ!

写真大量で少し長いですが、是非最後までお楽しみください!

508SW エクステリアの違い

フロントグリル

GT/GT Lineはスポーティフロントグリルを採用
Allureはエレガンスなグリルを採用

508SW GT Lineのフロントグリル

フロントグリルは、3008/5008から採用されたデザインが踏襲されています。GT系はこのスポーティな印象のフロントグリル。
メッキの四角が等間隔に散りばめられたデザイン、5008と比べると一つ一つの四角は少し大きかったりします。

508SW Allureのフロントフェイス
フォロワーさん(マッチでーすさん)からAllureの写真頂きました!

こちらがAllureのフロントグリル。実物を見たことは残念ながら無いのですが、このグリルデザインは美しい!
このグリルデザインがなんかすごい素敵に思えてきて、Allureにしようかなーと考えてた訳です。
そして、グリルを縁取る部分は艶ありブラックになるみたいです!
(無塗装かな?と思いましたが、Allureオーナーの方に艶ありブラック塗装であることを教えて頂きました。これはAllureやっぱりいいかも!)

508SW GT Lineのフロントフェイス

うん、ワシのGT Line君は、グリルの縁取りはクロームだ。
GT/GT Lineはブラックアクセントをガッツリ使っていますが、グリルに関しては逆転している感じ。
しかし、どっちも独特なデザインで嫌味がなくいいデザインです。

508SW GT Lineのフロントグリルと508ロゴ

この「508」ロゴとのバランスよ。
フランス人のデザインセンスには脱帽です。完全に虜。

ウィンドウモール・ドアミラー・ルーフレール

GT/GT Lineは全てブラック塗装で統一
Allureはモール、ルーフレールはクローム、ドアミラーはボディ同色

508SW GT Lineのブラックアクセント

ブラックアクセント全てが写ってる写真がこちら!
このブラックの締まり具合がたまらんのですよ。5008もこういったブラックアクセントで締めても面白いんじゃないかなーと思ってたんですが、508ではしっかり私の望み通りやってくれましたw

508SW GT Lineのブラックウィンドウモール

ピラーとモールのブラックのコンビネーション。そして、セレベスブルーとのコントラストが気持ち良すぎる。

508SW GT Lineのブラックドアミラー

ドアミラーもブラック。そして、付け根部分とAピラー部分もブラック塗装になってるのが素晴らしい。

508SW GT Lineのブラックドアミラー(裏面)

裏側までブラック塗装されてました!
この車、樹脂パーツが本当に少なくて、フロントバンパーのところだけだと思います。

Allureはクロームアクセントが入ることで、エレガンスな印象を感じます。このクロームアクセントも、ボディカラーによってはかなりいい感じだと思うんですよね。
セレベスブルーとの相性も良さそうなんだよな〜。

1点、見逃しがちなところを紹介しておきましょう。
ドアミラーのところに注目。ミラー下とAピラー部分は無塗装になってます。
これは5008も同じ感じでした。GT/GT Lineは全てがブラック塗装になるので満足度も高いです。

はあ、5008さん可愛いなあ、可愛すぎるよ…
508SW GT Lineのブラックルーフレール

そしてルーフレールのブラックもカッコ良すぎる。2階から覗く508SWは最高でございますよ!

508SW GT Lineのルーフ

後々、しっかりとエクステリアレビューもしたいと思いますが、このルーフ形状がセクシーで大好きな部分。

508SW GT Lineのリアビュー

どうよ、これ!?
セレベスブルーとブラックアクセントのコンビネーションが良すぎて、やっぱりGT Line選んでよかったかなという思いも強くなってます。
輸入車のメッキパーツは、結構お手入れが大変だったりするので、そう言った意味でもメッキが少ないのは個人的に嬉しいポイントでもあったりします。

マフラー位置

ガソリン車(GT Line/Allure)は左右1本ずつ
ディーゼル車(GT)は左に2本

508SW GT Lineのマフラー

グレードの違いというより、エンジンの違いでマフラー位置が変わってきます。
個人的には左右1本ずつのガソリンの方が好き。

508 GTのマフラー

いや、でも、ディーゼルの左2本もセクシーだな。。w
隣の芝生は青い。

508SW GT Lineのリアバンパー

リアバンパー部は、全グレード共通でブラック塗装されるようなのでご安心を。

テールゲート

GT/GT Lineはハンズフリー電動テールゲートを採用
Allureは手動テールゲート

508SW GT Lineの電動テールゲートスイッチ

5008 GTでも採用されていたハンズフリー電動テールゲートの有無も一つ大きなポイントですかね。
個人的には正直どっちでもいいんですが(笑)
ただ、ハンズフリー機能はOFFにしてます(笑) 理由は誤作動が怖いから。5008のときは、少し後ろを通っただけでもウィーンと開いてしまったんで即OFFにしていました。
勿体ないんでちゃんと検証しておきますかね。

508SW GT Lineの電動テールゲート設定画面

センターディスプレイの設定により、電動テールゲート自体OFFにすることもできます。
ハンズフリーだけOFFにすることももちろん可能。

GT/GT Lineバッジ

GT/GT Lineにはそれぞれのグレードを示すバッジが装備
Allureにはバッジ無し

508SW GT LineのGT Lineバッジ(側面)

GT系ではグレードを示すバッジが3ヶ所に散りばめられてます。
1つ目はフロントフェンダー近く。左右に付いてます。「LINE」フォントが地味に好き。っていうか「n」だけ小文字なんか?

508SW GT LineのGT Lineバッジ(リアハッチ)

テールゲートの右側にも付いてます。Allureだとこういうバッジは付いてきません。

5008 GTのGTロゴ

こちらは5008の「GT」バッジ。さりげないコッパーアクセントが良い。

508SW GT Lineのステアリング加飾

ステアリングにも付いてきます!これが地味に好きなんだよな〜。
本革巻きという点では全グレード共通なのでご安心を。

タイヤ&ホイール

GT/GT Lineのタイヤサイズは235/45R18でパイロットスポーツ4(※プライマシー4の場合もあるようです)
Allureのタイヤサイズは215/55/R17でプライマシー3
ホイールデザインは、全グレードで異なる

508SW GT Lineの18インチタイヤ&ホイール

こちらがGT Lineの18インチホイール。デザイン的にはGTのものの方が好きだったんですが、GT Lineも良いっす。
GT/GT Lineはホイールキャップが標準でブラックっぽい。ブラックキャップが良い味出してるんだ。

508 GTの18インチタイヤ&ホイール

こちらがGTのホイール。ブラック比率が高く、クロームの光沢度も高いので、コントラストが大きいのが特徴。
やっぱりGTホイールかっけえっす。

508SW Allureの17インチホイール

こちらがAllureのホイール。これもかっこいいですよね〜。
17インチになり、プライマシー3が履かれるというのが大きなポイント。ロードノイズや乗り心地の良さに関しては、Allureの方が上質な雰囲気が出るかもしれません。乗ってみたいな〜。
スタッドレスタイヤは、できればこのホイールにしたいなと思っています。(まだ買ってない)

508SW GT Lineのパイロットスポーツ4タイヤ

GT/GT Lineは235/45R18と、低扁平、幅広タイヤを履いています。慣れていないのもあるかもしれないですが、高速走行時は少しステア制御がシビアに感じる部分もあったり。
しかし、パイロットスポーツ4の接地感ある走りは魅力度高いです。ただ、高速ではステアリング操作に対する挙動が少しシビアすぎる印象もあったり。もう少し走ってみるとまた変わるかもしれません。
心地よさとスポーティさをうまい具合に引き出しているタイヤだと感じてます。

追記:508SW GTを納車された方は、プライマシー4を履いていたみたいです。(私より1か月ほど前に納車)
タイヤサイズは235/45R18で同じ。どうやら出荷タイミングとかでランダムに選ばれるようです。
個人的にはこの車には、プライマシーの方が合っているかも?と思ってたりもするんですよね〜。是非乗り比べてみたいところ。

508SW GT Lineのパイロットスポーツ4タイヤ(235/45R18)

タイヤ太いな〜w
最小回転半径は5.5mなので、意外と小回り効いてくれるなという感じ。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

新車購入の際は、ネットで一括査定もご検討ください。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑



一括査定なら「かんたん車査定ガイド」

508SW インテリア・機能の違い

シートデザイン

GTはアルカンタラとレザーのコンビシート
GT Lineはファブリックとテップレザーのコンビシート
Allureはファブリックとテップレザーのコンビシート
※GT LineとAllureでデザインは異なる
※テップレザーは人工合皮のことだと思ってます

508SW GT Lineのファブリック・テップレザーシート

GT Lineはファブリック素材になるんですが、デザイン造形が非常に細かい!
テップレザー部のサイドサポートもしっかりしてるんです。5008も4万キロ乗りましたが、全然ヘタりませんでした。

508SW GT Lineのファブリック・テップレザーシート(素材感)

このデザインの細かさを見てくれ!アルカンタラシート大好きでしたが、このファブリックもすごい素敵なんです。
でも、触り心地はやっぱりアルカンタラが恋しくなるね。

5008 GTのアルカンタラ・テップレザーシート

こちらは5008 GTのアルカンタラシート。触り心地が本当に最高でした。

気になったのは、GTの場合はテップレザーじゃなくて”レザー”とだけしか書いてないということ。
5008の場合は、GTの場合でもアルカンタラとテップレザーの組み合わせになってました。サイドサポート部の質感とかも結構変わるのかな〜なんて思ってたりします。気になるなー。

508SW GT Lineのアルカンタラ・レザーシート

こちらはカタログ写真のGTシート。めっちゃ黒くないですか!?
こんな感じだったらめっちゃかっこいいんですけど!! 実際はどうなんだ!?
→お二人に提供していただきました!感謝です!
実際の写真をご覧いただきましょう。

こちらが実際の508SW GTのアルカンタラシートになります!
カタログの様な黒々した感じではありませんね、、やっぱり5008と同じなのかな?

ただ、サイドサポートのレザーの質感は、なんかGT Lineのテップレザーより良いもの感が出ている気がしないでもないですね!

508SW Allureのファブリック・テップレザーシート

Allureはこんな感じ。実物見たことないんですが、GT Lineのファブリックより柔らかい感じの素材になってるような気がします。

508SW GT Lineのファブリック・テップレザーシート(素材感)

さて、私のGT Lineのシートに戻りますよ!
この細かな模様!触り心地もサラッとしていて気持ちいいんですよ。
コッパーのステッチが付くのもポイントで、Allureの場合はグレーのステッチが採用。

508SW GT Lineのファブリック・テップレザーシート(ヘッドレスト)

GT Lineの場合、ヘッドレストの頭をつける部分はファブリックになってました。Allureも同じ感じですね。

GTではこのように全面レザー!

508SW GT Lineのファブリック・テップレザーシート(手動座面調整)

座面は手動で延長できる機能が付いてます。これは全グレード共通の装備です。

運転席・助手席シート機能

GT/GT Lineは8wayパワーシートとマルチランバーサポート機能付き(マッサージも付いてくる)
GTは加えて、運転席メモリー機能が付いてくる(GT Lineにも付けてくれよ笑)
Allureは手動。マルチランバーサポートもなくマッサージ機能もない

508SW GT Lineのパワーシート調整ボタン

パワーシートスイッチはプラスチッキーで少し安っぽい笑
右側の丸いボタンがランバーサポートの調整ボタンです。あまりうまく調整できていないんで、後々しっかり検証して記事か動画にしておこうと思ってます。
私の愛車としては初めてのパワーシートになりますが、やっぱり便利ですね〜。ちょっとマニュアルには戻れないかもしれない笑

508SW GT Lineのマッサージ機能ボタン

そして、GT Lineでよかったなと思えるポイントベスト3に入るマッサージ機能!
シート右前にボタンがあり、一度ボタンを押すとセンターディスプレイ上にマッサージ設定画面が表示され、その状態でもう一度ボタンを押すと、ON/OFFが切り替わるような仕組みです。(センターディスプレイ上で操作も可能)
助手席にもちゃんとマッサージ機能付いてきますよ!

508SW GT Lineのマッサージ設定画面

こちらがマッサージ機能の設定画面。強さを3段階から選べる他、マッサージの種類なんかも選べたりします。

508SW GT Lineのマッサージ種類変更画面

マッサージの種類は全5種類。これらの動きも、動画で検証していこうかなと思ってる次第です。
助手席にも付いてきて、もちろん運転席、助手席独立して設定が可能。
妻が想像以上に喜んで使ってくれているのが個人的にはめちゃくちゃ嬉しいです笑 でも、次の車もマッサージありにしないといけないかもしれない…w

ステップガードとペダル

GT/GT Lineはアルミ調のステップガードとアクセル/ブレーキペダルを装備
Allureはステップガード無し、ペダルはブラック

508SW GT Lineのアルミステップガード

このステップガードが美しくて堪りません。艶々な部分とマッドな部分に分かれていて、ドアを開けてこれが目に入るととても幸せな気分になります笑

508SW GT Lineのアルミペダル(アクセル・ブレーキ)

アルミペダルはこんな感じ。超かっこいい!って感じではないです。
フットレストはアルミになっていないのが少し寂しいので、後付けしてみようかなーとか考えてたりします。

コッパーステッチ(ドアハンドル・センターコンソール・ダッシュボード・ステアリング・フロアマット)

GT/GT Lineにはコッパー色のステッチが各所に散りばめられる
Allureはコッパーステッチ無し、但し使用される素材はGT/GT Lineと同じ

508SW GT Lineの前席ドアトリム

GT Lineのドアトリムはこんな感じ。
ドアハンドル部分がレザー(ソフト)で覆われていることが分かると思います。
カタログを見ると、レザーはGT/GT Lineの特権のような書き方がされてましたが、Allureオーナーの方にコメント頂きまして、Allureでもしっかりソフトパッドになっているようです!

508SW GT Lineの後席ドアトリム

リアドアも同じようにレザーが使われてます。前席と同等の質感を保っているというのもGOODポイント。

508SW GT Lineのセンターコンソール(レザー加飾)

そして、センターコンソール側面もレザーが張られています!→Allureにはステッチが無いですが、ソフトパッド素材は同じみたいです。

508SW GT Lineのレザーダッシュボード

そしてダッシュボード周りはハードな感触のレザーが敷かれます。
触り心地はしっとりしている感じ。コッパーのステッチも絶妙で、かなりお気に入りの部分だったりします。

508SW GT Lineのレザーダッシュボードとカーボンデザイン

カーボン調のデザインとの相性もすごい良い。
Allureも、コッパーステッチが無いだけなので、内装の質感は全然劣らないと思います!
コッパーステッチのアクセントは素敵ですが。

508SW GT Lineのレザー部とプラスチック部の分かれ目

分かりづらいと思いますが、ダッシュボードの部分はレザー。その下側のレザー調の模様が入っているところはプラスチック素材になってます。触り心地は全く違いますが、遠目から見たらあんまり違い分かりません。

508SW GT Lineのステアリングのコッパーステッチ

GT/GT Line専用のコッパーアクセントというところでは、ステアリングにもコッパーステッチが入ってます。

508SW GT Lineのフロアマットのコッパーステッチ

フロアマットまでコッパーステッチ付いてました。実はフロアマットも標準装備なんです笑
(Allureも標準装備ですが、グレーステッチになるんだと思います。)
付けるオプションが本当にないんですよ、私はメンテナンスパックしか付けませんでした。(ドラレコは自分で選びたいなという思いがあり、後付けを考えてます。)

スピーカー

GT/GT LineはFOCAL Hi-Fiシステムを採用(10スピーカー)
Allureには設定なしで、メーカーオプション設定もなし。(8スピーカー)
※Allureにはセンタースピーカーとサブウーファーの設定が無い

個人的にGT Lineにして一番良かったなと思うのは、このFOCAL Hi-Fiシステムが搭載されていること。
まだ慣らしが終わっていない状況ではあると思いますが、本当に音が自然で心地良くて、毎日耳が幸せです。
サラウンド感も結構あるし、特別感はかなり感じます。
私は、5008にディーラーオプションのFOCALスピーカーを後付けした(6スピーカー交換)のですが、その満足度も非常に高かったですが、やはりそれ以上の満足度を得られるサウンドシステムになっています。

508SW GT LineのFOCALスピーカー(運転席ドアトリム上部)

音ももちろん良いんですが、見た目も最高に良いんですよね〜。
アルミ調のスピーカーカバー。FOCALロゴも最高です。
あ、こちらは前席のドアトリムですよ。

508SW GT LineのFOCALスピーカー(運転席ドアトリム下部)

前席ドアトリムの下側にもスピーカーが付いていますが、こちらはプラスチックのカバーです。
スピーカー自体はFOCALのものになってるんだろうと思いますが、確かめてはいません笑
前席ドアトリムに4つのスピーカーが配置される感じですね。Allureの場合も配置は変わらないです。

508SW GT LineのFOCALスピーカー(後席ドアトリム上部)

後席ドアトリムの上部にも、アルミ調のFOCALが佇んでます。

508SW GT LineのFOCALスピーカー(運転席ドアトリム下部)

ちょっと見切れちゃってますが、後席ドアトリム下側にもスピーカーが配置されています。
後席ドアトリムも、前席同様に4つのスピーカーが配置。こちらもAllureも同じ配置になるみたいです。

508SW GT LineのFOCALスピーカー(センタースピーカー)

FOCAL Hi-Fiシステム特有のスピーカー配置の1つが、センタースピーカー。
ダッシュボードのセンターに配置されていて、非常に存在感のあるスピーカーになってます。
これで合計9つ。

508SW GT LineのFOCALスピーカー(サブウーファー)

最後はラゲッジスペース右側面にあるサブウーファーで10個目。

508SW GT LineのFOCALサラウンド設定画面

ちなみに、FOCAL Hi-Fiシステム特有のオーディオ設定があり、それが上の写真の設定。
サラウンド、センタースピーカー、サブウーファーの強弱をそれぞれ設定することができます。
センタースピーカーの強弱変更はすぐに分かるのですが、サラウンド、サブウーファーは違いを感じ取りにくいなというのが正直なところ。
ただ、サブウーファー設定を変更して、ラゲッジスペースに顔を突っ込んでみると、明らかに強弱が変更されていることが実感できました。

FOCALのサウンド環境も、色々いじってみて、また動画にしてみたいなと考えてます。

メーター、ディスプレイ周り

GT/GT Lineはコッパー色のメーター/ディスプレイを採用(ブルーにも変更可能)
Allureはブルー(のみのはず)

508SW GT Lineのデジタル液晶メーター(コッパー)

このコッパーのメタリック感溢れる液晶メーターが大好きでして、これが選べなくなるというのもAllureを選ぶ障壁になっていました。デザインはめちゃくちゃカッコいい!

508SW GT Lineのセンターディスプレイ(コッパー)

センターディスプレイの文字色やアクセントカラーにもコッパーが使われています。(本国版だと10インチワイドなんですけどね、、)

508SW GT Lineのデジタル液晶メーター(ブルー)

ブルーに変更することも可能です。Allureではこのメーターだけになるはず。もし、Allureでも変更可能なようであればご指摘ください!
ブルーはブルーでカッコイイんですけどね。

508SW GT Lineのセンターディスプレイ(ブルー)

ディスプレイ表示もブルーになります。

508SW GT Lineのi-Cockpitアンプリファイ設定画面

i-Cockpit アンプリファイという機能もGT/GT Line専用だと思っていますが、ちょっと自信がないところ。(カタログや装備表での記載は見つけられませんでした。)
メーターデザインやセンターディスプレイのデザインが変わる機能です。

508SW GT Lineのデジタル液晶メーター(コッパー・Boost)

これがBoostを選択したときのメーターデザイン。カッパーに加え、レッドのアクセントが採用され、よりスポーティなメーターに変更されます。

508SW GT Lineのアンプリファイカスタマイズ画面

メーターの表示は固定で変わるのですが、それ以外にも上記のプリセットを自由にカスタムして保存しておくことも可能。標準だと、マッサージ機能がONになっているので、切り替えた瞬間マッサージされるのでびっくりします笑

508SW GT Lineのデジタル液晶メーター(コッパー・Relax)

こちらがRelaxモード。アクセル踏んで2500回転くらいまで回してますが、針の付近だけ明かりが灯るような演出になるのです。憎い演出してきますよね〜。

コメントで教えていただいたのですが、G-Forceという前後左右のGがどれくらいかかっているかリアルタイムに表示できる機能があるのですが、これはAllureに設定がないみたいです。5008 GTにもありましたが、この表示にすることはほとんどありませんでした笑

メーターやディスプレイ設定周りに関しては、別記事でもしっかりまとめておこうと思います〜。

アンビエンスライト

GT/GT Lineはフロントドアトリムにアンビエンスライトを採用
Allureはアンビエンスライトが不採用

508SW GT Lineのアンビエンスライト

ドアトリムにライン状にブルーのアンビエンスライトが灯るのもGT/GT Lineの特徴の1つ。これはやっぱり欲しいところですね〜。
ただ、本国仕様だとダッシュボード周りもアンビエンスライトが搭載されているんですよね、、、 なぜ日本仕様が無しになってるのかは分かりませんが、悲しいです笑

508SW GT Lineのドアトリムアンビエンスライト

アンビエンスライトをアップで。綺麗に灯ります。
5008はホワンと広がる明かりでしたので、5008の方が全体的に明るかったかもしれないです。

5008 GTのドアトリムアンビエンスライト
5008のドアトリムアンビエンスライト
508SW GT Lineのドリンクホルダーアンビエンスライト

ドリンクホルダー周りも光ります。ただ、こちらはAllureでも光るようです。(Allureオーナーの方にコメント頂きました)

ラゲッジセパレーションネット

GT/GT Lineはラゲッジセパレーションネットが装備
Allureでは装備されない。
※SW専用装備

508SW GT Lineのラゲッジセパレーションネット

これは、気づかず、使わずに過ごしてしまう方も多い気がします笑
写真のように、ラゲッジと後席の空間をネットで遮ることができるという機能。普段は黒い棒の中に格納されています。
ワンちゃんを飼っているご家庭とかであれば、犬さんをラゲッジスペースに置いて、前に出てこないように遮ることができるものになってます。
後は、沢山の荷物を積んだときに、荷崩れ防止のためにも使えることをフォロワーさんに教えて頂きました。

508SW GT Lineのラゲッジセパレーションネット(フック部分)

こんな感じでフックに引っ掛ける形で使います。
ちなみに、2列目を倒した状態でもこのネットを使うことができる模様。ワンちゃん特等席を作れそうです笑

508SW GT Lineのラゲッジセパレーションネット(収納時)

ネットを収納した状態はこんな感じ。
実はこれ、標準装備されるトノカバーを外した状態なんですが、付いている状態ではネットを出すことが不可能だと思われます。(私は無理でしたw)

508SW GT Lineのトノカバー

トノカバーを装着した様子がこちら。ご覧の通り、ネットが完全に埋まってしまって取り出しが不可能になってしまいます。

ルームミラー

GT/GT Lineはフレームレスルームミラー
Allureはフレームあり(308等と同じ)

カタログには自動防眩ルームミラーが標準装備としか記載がありませんでしたが、ルームミラー形状に違いがあるということをコメントで教えていただきました!

こちらがGT Lineのフレームレスルームミラーです!確かになんか鏡デカいなと違和感は感じてました笑

こちらが308 GT Lineのフレームありルームミラー。こんな感じになるみたいです〜。

擬似エンジン音

GT/GT LineはSPORTモード時にV8擬似エンジンサウンドが室内に流れる
Allureは擬似エンジンサウンド無し

私の5008 GTもそうでしたが、SPORTモードに入れるとV8エンジンのサウンドが室内に流れるという、遊び心満載のギミックを搭載しているのがプジョー車の特徴の1つ。
これも、GT/GT Line専用ということを教えていただきました。ただ、擬似サウンド音は3008や5008と比べてかなり控えめな印象です。
というか、1.6Lガソリンターボの素のエンジンサウンドが気持ち良すぎるので、寧ろ要らないんじゃないかとも思うくらいですw

擬似サウンドは流れませんが、走行モードが4種類選べるのはAllureも変わりませんし、電子制御サスペンションの性格もしっかり切り替わります。Allureの魅力度は高いのですよ!

フルパッケージオプションの存在

私は付けませんでしたが、唯一のメーカーオプションとして「フルパッケージオプション」というものが存在します。

Allureには設定不可で、GT/GT Line専用のオプションとなってます。

オプションの内容は下記の通り。

  • ナッパレザーシート(運転席メモリー付)
  • ナイトビジョン
  • フルパークアシスト
  • 360°ビジョン(フロントカメラ付)
  • パノラミックサンルーフ

価格は、、、662,000円!!!!高いよ!!!

ナッパレザーシートは非常に質感の高いシートで、GTのアルカンタラシートのデザインを踏襲したフルレザーシートとなります。
私自身、レザーシートはあまり好みではないのがあり、これを付けようという気にはなりませんでした。

フルパークアシストは、自動駐車機能というやつですね、これも使わないでしょう。

パノラミックサンルーフは、屋根開閉式のサンルーフとなってます。

見た目はすごいカッコいいんですが、開けると風の音も気になるだろうなというのが大きな懸念ポイントでした。308SWのような広大なガラスルーフが採用されるのであれば、かなり悩んだかもしれません。

フランス車専門のブログを運営されている「フラとこ」さんに、サンルーフあり仕様は後席頭上に大きな出っ張りができてしまうことも教えていただきました。これは少し気になるかな、、

個人的には後ろにいる子供たちが喜ぶならガラスルーフつけてもいいかなと思っていたので、逆に圧迫感が出るとなってしまうとやっぱり付けたくないです。

508SW GT Lineのサンルーフ無し後席頭上空間
サンルーフ無しの508SW頭上空間

はい、ここまでが”私は”ほしくないと思った装備一覧です。

しかし欲しいのもあるんだよな〜これが。

一つがナイトビジョン。赤外線カメラの映像をデジタル液晶メーター上に表示し、夜間でも歩行者や動物の存在を検知し、アラートを促してくれるというもの。

なんでこれオプションにしちゃうかな、、なかなかこんな装備付けている車ないと思うので、色んな人に使ってもらってフィードバック得るためにも標準装備にするべきだったのでは?と思ってしまいます。

もしくは単体で5万円くらいで付けれるんだったら、私は迷わず付けていました。

508 GTのナイトビジョン画面
ナイトビジョンの様子

あとは360°ビジョン。これもできれば欲しかったところ。

勘違いされる方も多いのですが、バック駐車時の360°モニター機能は標準で装備されています。

508SW GT Lineの360°バックカメラ

オプションの360°ビジョンというものは、前進時にも表示できるものになっていて、フロントカメラが搭載されることにより、丁字路での死角を補佐してくれるような役割を担ってくれるのです。

視界性能は抜群に良いわけではありませんので、こちらもできれば欲しかったところですが、66万かけてこの2つを付けようとは思えなかったというのが正直なところでした。

多分、ナッパレザーがかなり高いんだろうなと思います笑

3008/5008のようなファーストクラスパッケージ(30万円ほど)を用意しても良かったんじゃないかなと思います。いや、けどやっぱりサンルーフは単体設定であるべきだと思う。。

最後に

GT Lineを勢いで選んだ私が、グレード間の装備差を考察してきましたが、くるすぺ的にGT Line専用装備は62万円ほどの価値があるという結果になりました。AllureとGT Lineの価格差は43万円なので、まあGT Line選んで良かったかなーと思えます。

もちろん、人それぞれ価値観は違うので、各々自分にどれくらいの価値がありそうか、それ以上にAllureの雰囲気が好きなのか、GT系の雰囲気が好きなのかをじっくり考えてもらって、グレードを選んでもらいたいな〜と思います。

個人的に思うAllureの良いところは以下の通り。正直かなりオススメです。

もちろんGT LineやGTも魅力的なことには変わりありません。
くるすぺ的に、GT Lineで良かったと思う装備ベスト3も発表しておきます。

3位 ブラックアクセント

2位 運転席/助手席マッサージ機能

1位 FOCAL Hi-FIスピーカー

508/508SW、本当に素晴らしい車に仕上がっています。購入のご参考になれば幸いです!一緒に508ライフを過ごしましょう!!

Prev 508SW納車報告

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?
実はその買い方、損しているかもしれません。
しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で一度見積もりをもらっておくことを強くオススメします。
高価査定を狙うにはやっぱりネットで一括査定がおすすめ!
かんたん車査定ガイド

やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。
情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。
私も一括査定で型落ちインプレッサを売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!
新しい車の購入意欲を高めたい方にもおすすめです笑


高額査定を出すには一括査定がオススメですが、多数の業者から電話が掛かってくるのが嫌だという方は、オークション形式のユーカーパックがオススメです。
安定した高額買取の実績もありますし、1回の査定だけで簡単に売りたいという方には持ってこいです。
今なら売却成立でカタログギフトも貰えちゃいます。
ユーカーパック(カタログギフトプレゼント付)

関連記事

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは。興味深い記事ありがとうございます。
    UKのプジョーサイトのコンフィギュレーターだとオプションのそれぞれの価格がわかって面白いですよ。
    https://www.peugeot.co.uk/showroom/new-508/sw/

    • コメントありがとうございます!!
      UK版だと単独オプションもやっぱりあるんですね!こちらもチェックしてみたいと思います!情報ありがとうございます!!

  2. アリュールに乗ってます。ちょっと訂正をば。
    ハンドルのシルバー加飾 ⇒ 有ります
    フロントグリル     ⇒ 艶有黒塗装(ピアノブラック?)です
    ダッシュボード等の素材 ⇒ ステッチが無いだけで素材は同じです
    アンビエンスライト   ⇒ ドリンクホルダー光ります

    記載されていない差異ですが
    ルームミラー      ⇒ フレームレスではなく308等と同じもの
    スポーツモードの疑似音 ⇒ 有りません
    パーソナル(メーター表示)⇒ Gセンサーの表示が選べません

    タイヤサイズと銘柄の違いですが、個人的な感想ではアリュールの組み合わせの方が良かったです。
    18インチが勝るところは見た目かなぁ(これはかなり重要な点ですが(^^;;
    荒れた路面での乗り心地や高速道路でのシビアさは結構変わります。(同じ道で乗り比べました)
    中速域のカーブで荷重をかけながら入っていった時、クリップ通過直後にリヤが引っかかるような挙動も消えます(17インチ)
    これはタイヤ銘柄の違いも大きいかもしれません。

    それから、走行距離1500~2000キロくらい経過すると乗り味が結構変わります。
    腰高で荷重がすぐ抜けるような信用できない動きが無くなり、安心して(?)運転できるように(^^;;
    単に足回りの初期慣らしが終わっただけだと思いますが。

    • コメントありがとうございます!!大変貴重な情報ありがたいです。加筆修正させていただきたいと思います!

      ダッシュボードの素材に関してですが、内ドアハンドルやセンターコンソールの側面は、やはりプラ素材になってますでしょうか?
      カタログにダッシュボードがレザーというのがGT系にしか記載がなかったので気になっていたポイントでした。
      もしよろしければ教えて頂けると幸いです。

      やはり17インチ良さそうですね〜!私のところは試乗車が無かったため乗れてないのが悔やまれます。
      1500-2000から乗り味が変わるのもとても興味深いです!まだワインディング等は走ってませんが、荷重抜ける感じ、ロールが大きく出る感じは少し気になってる部分でした。
      変化も楽しんでいきたいと思います!

  3. 内ドアハンドル・センターコンソール側面ともにソフトパッドで、表面はテップレザーと似た素材です。
    もちろんダッシュボードもソフトパッド素材です。単にステッチの有り無しだけかと。

    • ありがとうございます!
      そちらもソフトパッドでしたか!シートのサイドサポートと同じような素材って感じですよね。
      中古車のアリュールの写真とか見ても画像が荒くて判断できず、カタログを信じてしまってました。
      そうなるとアリュールかなり良いですね…笑

  4. 17inch、18inchに関してはホントに悩ましいところでした。最近まで乗っていた旧508SWはあの図体に16inch!で乗り心地、操安性ともに見事なものでした。
    こちらの「DST」、12分26秒からの見解は見ものです。
    https://youtu.be/79ybL8vOvns

    • 拝見しました!16インチだったんですね〜。
      この508も美しい。。
      やはり17インチは悩まれましたか。私もほぼアリュールに傾いてたんですが、やっぱりセレベスブルーが欲しくて笑

  5. くるすぺさん、はじめまして。新型508GTに乗っている者です。1年近く購入を悩んでいましたが、くるすぺさんの試乗記が後押しになり購入に至りましたっ。勝手にお世話になりました。今回の記事で「focal特有のオーディオ設定」という言葉と画像がありましたが、どこに、どーやったらその画面が出るのか教えて頂けないでしょうか?私の508は、サブウーファやセンタースピーカーなどの項目が出ないんです。突然の不躾な質問で申し訳ありませんが、教えて頂けたら嬉しいです。

    • コメントありがとうございます!そして、とても嬉しい報告でした!めちゃくちゃ嬉しいです!
      508購入おめでとうございます!!

      フォーカルの設定なんですが、フォロワーさんから聞いた話によると出荷時期によってこの設定が無いものがあるらしく(無いのが普通なのかもしれません)。。
      プジョーらしいと言えばらしいところなんですが…笑
      ただ、サラウンド最大にしてもそんな変わらないです笑 ウーファーも、ラゲッジスペースに耳を当ててればわかるレベルですので、そんなに有用な設定ではありませんでした。

  6. お返事ありがとうございます。本日、ディーラーからやっと連絡があり、くるすぺさんと同じ事を言っていました。
    今のところ、日本で販売された508の2割程度で、同様の事象が起こっているらしいです。
    気になって気になって仕方なかったのですが、そーなんですね、そんなに変わらないんですねw
    ちょっと安心しました。それでも法定点検時、ディラー社外秘のUSBを接続すれば、直ると言われたのでその時まで我慢です。
    でも、それ以外がほんとに素晴らしい車ですね!(ちなみに私の508はパールホワイトのGT・オプション無しです)
    私の地域にはプジョーディラーが無いので、くるすぺさんのような人がプジョー車の素晴らしさをもっと広めてもらって、
    そしてもっとプジョーが売れて、近所のディラーが出来る日を夢見てます。
    今後もいろいろな試乗記楽しみにしています。(ちなみに動画も全部観てますよーw)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メーカーから選ぶ

トヨタ ホンダ マツダ スバル スズキ 三菱 日産 ダイハツ
プジョー・シトロエン・DS ルノー メルセデス BMW・MINI フォルクスワーゲン アウディ ボルボ フィアット ジャガー・ランドローバー
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE