くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【試乗+採点評価】プジョー308 GT Line 1.2L/8AT「やっぱりこの車はすごい」

【試乗+採点評価】プジョー308 GT Line 1.2L/8AT「やっぱりこの車はすごい」

こんにちは、自称試乗マニアのくるすぺです。

今回は、マイナーチェンジで8ATを採用してきたプジョー308の試乗レポートをお送りしますよ。

本当は1.5Lディーゼルという新たなパワートレインの感触を試したかったのですが、ちょうど試乗車がなくなってしまったので、1.2Lガソリンターボモデルに試乗させていただきました。

1.2Lガソリンと8ATの組み合わせは、先日絶賛したDS3クロスバックで体験済みで、良いことに違いないのはわかってましたが、やっぱりめちゃくちゃ良い。308の優位性なんかも見えました。

どうぞ楽しんで言ってください。

プジョー308 〜試乗マニアによる試乗インプレッション〜

  1. グレード・価格・スペックなどの基本的な情報について(簡単に)
  2. 静的質感について(簡単に)
  3. 動的質感について(メイン)
  4. 5つのポイントで動的質感の採点評価

こんな流れで話していきます。写真もたくさん紹介しますが、本記事では動的質感をメインに語っていきます。

308の基本情報を紹介

試乗インプレを語り出す前に、まずは基本的な情報について簡単にお伝えしていきます。

本ブログ独自の採点方式を利用したパワートレイン評価(S~Gで評価)もここで紹介します!

グレード展開・価格

パワートレインは、以下3種類が用意されています。どれも魅力的です。

冒頭でも述べたように1.5Lディーゼルがかなり気になる存在です。全て8速ATとの組み合わせとなります。(アイシン製)

  • 1.2Lガソリンターボ:130PS, 230Nm
  • 1.5Lディーゼルターボ:130PS, 300Nm
  • 2.0Lディーゼルターボ:177PS, 400Nm

パワートレイン別にグレード一覧を並べるとこんな感じ。GT Lineって標準グレードっぽいけど特別仕様車扱いです。

  • 1.2Lガソリン
    • Allure:283万円
    • GT Line:308万円(試乗した車)
  • 1.5Lディーゼル
    • Allure BlueHDi:304万円
    • GT Line BlueHDi:329万円
  • 2.0Lディーゼル
    • GT BlueHDi:359万円

私が308買うならGT Lineかな〜(パワートレインは1.2ガソリンか1.5ディーゼルかで悩む。SW買うならGTもいい)

GT Lineを推す理由は以下3つ。

  • アクティブブラインドスポットモニターが付く
  • ドライバースポーツパック(SPORTモード)が付く
  • 225/45 R17タイヤ(PILOT SPORT4)が履かれる(Allureは16インチ)

最近、ブラックをアクセントとしたGT Line Black Packという特別仕様車も発売されました。グリルが黒くなってたり、これ結構いいかもなと思ってます。(3008とか5008とかでもやって欲しい)

ブラックグリルは308によく似合うかも。 出典:プジョー公式HP

スペック ~くるすぺ独自のパワートレイン評価~

基本スペック(GT Line)
サイズ  4,275 x 1,805 x 1,470
重量  1,300kg
エンジン  1.2L直列3気筒ガソリンターボ
ミッション  8AT
最高出力  130PS/3,500rpm
最大トルク  230Nm/1,750rpm
燃費・燃料  15.6km/L・ハイオク(WLTCモード)
駆動方式  FF
サス(前)  マクファーソンストラット式
サス(後)  トーションビーム式
パワートレイン別情報
1.2Lガソリン 価格帯
283〜308万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C
66.7点
B+
78.7点
1.5Lディーゼル 価格帯
304〜329万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
C
63.5点
A
87.4点
2.0Lディーゼル 価格帯
359万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
B
76.0点
S
93.5点

数値的に見ても、どのパワートレインも魅力的。

特にやっぱり1.5Lディーゼルが気になります。2L未満のディーゼルで、パワーがC以上になる車は今まで見たことない気がします。

また、8ATが搭載されたことで、シフトノブはプジョー最新のものが付いてくるようになりました。これ使いやすいです。

308の静的質感について少し語る

一眼で撮影してきた写真それぞれに一言コメントを添えました。

エクステリア

個人的には、正直マイナーチェンジ前の顔の方が好きではあります。今の顔よりものっぺり感はありますが、スタイリッシュな印象が強く、それでいて個性がうまく出ていた顔付きだったなーと思ってます。

308もフェイスリフトして1年以上経ちました。見慣れてくると、現行もいいなーって思えてくる不思議。

横からのスタイリングはやや腰高感があります。308SWの方がより洗練された印象がありますね。

うーん、308にはマグネティックブルーがよく似合う。
ドットラインのデイライトが印象的。
こちらはフェイスリフト前の308SW。やっぱり秀逸なデザイン。
サイドビューはややズングリした印象はある。
GT Lineはサイドスカートが装着されている。
リアビューはいかが?
ライオンの鉤爪を意識したリアコンビネーションランプ。
208も508も3008もみんなそう。がおー。

インテリア

個人的に308のインテリア空間は大好物であります。

高級感がある室内ではないですが、それがまた良いんです。(プジョーに高級感を求める人はほぼいないでしょうが。)

GT Lineということで、レッドステッチを採用するなど、よりスポーティな空間に仕上がっています。GT Lineはなかなかオススメですね。

視界性能も高いのが嬉しいところ。シートのホールド感は抜群に良いです。

ドアトリムの質感も意外と高い。プラスチッキーな印象ないですよね。
運転席周りはスポーティな雰囲気でまとめられている。
高級志向ではないのも良いし、デザインバランスもすごく良い。
センターディスプレイを送風口で挟んできた!
センターからダッシュボードにかけるシンプルなラインが気持ちいい。
ちなみにCarPlay/Android Autoは全車標準で対応。
シートはファブリックとレザーのコンビシート。
このシートのホールド感はすごい。ぴっちりと収まってくれます。
後席の座り心地も悪くないです。
若干ではありますがホールドサポートもある。
後席クーラーは用意されていません。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

新車購入の際は、ネットで一括査定もご検討ください。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑

308の動的質感について熱く語る

素人目線ではありますが、乗ってきて感じたことを、自信を持って!素直に!正直に!お伝えしていきます!

低排気量ターボ界最強エンジン

乗り込む時の足元もオシャレにしてくれてます。

さて、308という車ですが、正直どこを取っても素晴らしい仕上がりになっているのですが、まずは加速フィーリングについてお伝えしていきます。

1.2L PureTechエンジンと言えば、本ブログでも何度か紹介していますが、4年連続で1.4L以下部門のエンジンオブザイヤーを取得している、世界的にも評価の高いエンジンです。

個人的にも大好きなエンジン。これがね、更に良くなっている感じがします。

8ATと組み合わされたことによって、発進時の加速フィーリングが本当に本当に滑らかになりました。

DS3クロスバックに乗ったときはあまり意識してなかったのですが、アクセルペダルを結構雑に踏んでも、連続的に滑らかに加速してくれるようになったなーという印象が大きいです。

少し左に寄ったレイアウト。GT Lineではアルミペダルが装備。

ペダルの剛性感は相変わらずイマイチですが、アクセルワークは気を使わなくてもいいです。

これは、もしかしたら前のダイレクト感ある方が良かったと思う人もいるかも、とは思います。

が、個人的には、この小排気量エンジンで、ここまで質感の高い加速フィールを提供してくれることに対して、称賛を送りたい。

エンジン音は低音が響いてくる感じが気持ちいいです。

DS3クロスバックと比べると、エンジン音に対する静粛性は308の方が高い感じがします。3気筒のノイズ感をうまく消しているのも308。上質感を感じることができるエンジンフィールです。

非常に軽快でスイスイ加速していく楽しさを味わえる一方、エンジンフィーリングは上質。低排気量ターボらしさとらしからぬところがうまい具合に組み合わさっている。

それゆえ、低排気量ターボ界最強エンジンだと思うのである!

ふざけすぎた!?スポーツモードの擬似エンジン音

スポーツモードに入れるとメーター類が赤くなる

今回試乗したグレードはGT Lineということで、走行モードでスポーツモードが選べます。

DS3クロスバックでも選べましたが、DS3クロスバックの方はスポーツモードにしてもエンジン音が擬似的に流れるようなギミックは付いていませんでした。

プジョー車は、スポーツモードにするとV8エンジンサウンドを擬似的に鳴らすという、遊び心の塊みたいな機能をつけてくるのです。

運転席側にモードセレクターがあるのは地味にありがたい。

私の愛車5008も、しっかりV8エンジンサウンドが室内に流れてきます、個人的にはとても気に入っている笑

そして、308。この子のスポーツモードでも擬似エンジン音はしっかり流れました!

それも、かなり大げさに流れてきます!これ、やりすぎだろ!って思うくらい笑

音を撮影してきたと思ってたのですが、撮れてませんでした… ごめんなさい。

音も大きいんですが、音の出所が左右から出てくる感じがビンビン伝わってきちゃうんですよね。。そんなところからエンジン音は聞こえてこないよ!ってところから聞こえてくるので、すごい違和感があるのです。

私の5008や3008に関しては、うまい具合にフロント中央から音が出ている感じを演出できているんですよ。本当のエンジン音とうまく調和して、本当にエンジン音が入ってきているようと錯覚してしまうような自然さがあるのです。(言い過ぎたか?笑)

大げさにエンジン音が流れてくるのは面白いっちゃ面白いんですが、本当のエンジン音との調和というところをもう少し考えられたらもっと気持ちよくなると思います。

余談。メガーヌR.S.も擬似エンジン音鳴らすんですが、これも音の出所には少し違和感覚えた記憶があります。

308GTiの右ハンドル出してくれんかな〜と地味に期待している

ただ、擬似音以外に関してはもう最高ですね。

ノーマルモードではかなり穏やかに滑らかに加速してくれるよう制御してくれてる感じがありましたが、走る場面によってはもっとレスポンス速く来い!って思うこともあるかなと思います。

スポーツモードに入れると、アクセルレスポンスはしっかり上がってくれるのですが、加速の滑らかさというところはうまく維持している感じで、非常に扱いやすい。ジェントルな感じのスポーツモードです(?)

アクセルだけでなくステアリングの制御も変わってくるので、ワインディングなんかでは活躍が期待できます。

あと、スポーツモードの憎い演出と言えば、メーターのところにブースト情報が表示されるということ! これ面白いですよね~。(ちなみに5008でも表示設定をカスタムにすれば同じような表示を出せます。)

POWER, BOOST, TORQUEの3つのパラメータが見れる仕組み。
具体的な数値まで出してくれます笑
ちなみにこっちが通常モード。メーターデザインも好きだわ〜。

やっぱり308のハンドリングは気持ちいい

308のステアリングは、今のプジョーのステアリングとはちょっと形状が違ってますが、小径ステアリングであることには変わりありません。

私の愛車5008の操舵性もとても気に入っているのですが、やっぱり3系のステアリング、ハンドリングの面白さっていうのはすごいなと再認識させられました。

小径ステアリング。少し位置下げ目で乗るのが個人的には楽しい。
パドルシフト付いてるのは嬉しいです。

先日乗ったボルボV40ほどクイックな味付けではないのですが、小径なステアリングを搭載しているので少しの操舵量でスルッと曲がれるんですよね。このステアフィールは一級品だと思います。

クイって感じじゃなくて、スルって感じ。伝わらんか。

視界性能も地味にいい。
サイドウィンドウは結構下まで下りてて、運転のしやすさにつながっている。

私のプジョー初体験はかなり遅く、現行3008が初めての試乗だったのですが、この車のハンドリング性能というところに心を奪われてしまい、今はプジョーの虜になってしまってます。

街中で左折するときとか、ワインディングでコーナー走るときとか、もちろんそういう場面でも気持ちいいのですが、私が心奪われたのは、試乗終わる寸前のディーラーに入る前のハンドリングでした。

「何、この意のままに曲がれる感じ!!」、と衝撃を受けた印象はいまだに残っています。

そして、今回の308の試乗でディーラーに戻る際も、全く同じ感覚を覚えました。

308君よ、君は最高だ。

ちょっと硬いけど気持ちいい乗り味

最後、乗り心地という面も少し触れていこうかと思います。

乗り味は、根本的なところは、やっぱりEMP2プラットフォームを共有している私の5008と似たところが多いなと思います。

少し硬い印象はありますが、路面の情報をうまく伝えてくれる感じ、路面にビタッと張り付いてくれるような感じは、プジョーに乗ってるなと感じさせてくれる乗り味です。

硬さは感じるけれども、車重が軽いのが功を奏しているのか、5008と比べてリアがガツンとなる感覚が非常に薄いです

DS3クロスバックや508のようなしっとりとした足ではないけど、コツンコツンという感じで不快な振動や衝撃が入ってくる場面はほぼありませんでした。

308は308でいい味出してるんですよね〜。バウンシングも抑えられてるし。

このタイヤ(PILOT SPORT 4)もいい仕事してる気がする
タイヤサイズは225/45 R17

プジョーの何が好きって、それぞれの車にしっかりとした個性があり、上位互換な車が存在しないところ。

208 < 308 < 508の構図では決してないと思います。

大は小を兼ねない。

これからもそういったメーカーであって欲しいなというのを、308に乗って改めて強く感じました。

308の動的質感評価まとめ

走行性能評価まとめとして、5つのポイントで採点評価させていただきます。参考程度にお受け取りください。

  • S…とてもイイね
  • A…イイね
  • B…普通(イイね寄り)
  • C…普通(ヨクナイね寄り)
  • D…ヨクナイね
  • E以下…とてもヨクナイね

ポイント 評価
加速感 A+
乗り心地 A-
操舵性 S
静粛性 B+
楽しさ A+

総評

308の試乗自体久しぶりだったが、かなり良くできた車であることを再認識できた。

ブログを始めて間もない頃に308に乗せてもらい、その後たくさんの車に乗ってきた後の試乗で目立ったのは、308の凄さ。

Cセグメントハッチバックおすすめ集なんかも書いてるけど、今308は5位くらいに入れてる。

今回乗ってみて、もっと上に上げたいなと思わされてしまった。

コストパフォーマンス的にも非常に優秀。

自信を持っておすすめできる車の1つとなった。

最後に 〜その他オススメの車を紹介〜

総括でも書きましたが、Cセグメントハッチバックおすすめ集といった記事も書いてます。

今回の試乗で308はかなり上位に来るかも。更新したらTwitterでおしらせします。

最後に、308に興味があるあなたにオススメしたい車を2台紹介させていただきます。こちらの試乗記も是非合わせてご覧になってみてください。

ルノー メガーヌ

同じフランス車のメガーヌ。こちらも抜群に運転の楽しさを味わえる車。個人的にもう一度乗って確かめたい車でもある。

308と同じように、ステーションワゴンタイプのメガーヌツアラーも用意してくれるのがフランス車の嬉しいところでもあります。

プジョー 508SW

クラスは変わってきてしまいますが、是非308と508は乗り比べてみて欲しい。

特に308SWを検討している方は、一度508SWにも乗ってみて、どっちが好みか試してみて欲しいです。それぞれの良さがあります。

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね!

謝辞

快く試乗させていただきましたプジョー金沢さんにこの場を借りてお礼申し上げます。

ご近所の方で308に興味を持たれましたら、是非とも立ち寄ってみてください!

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?
実はその買い方、損しているかもしれません。
しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で一度見積もりをもらっておくことを強くオススメします。
高価査定を狙うにはやっぱりネットで一括査定がおすすめ!



やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。
私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!
新しい車の購入意欲を高めたい方にもおすすめです笑


関連記事

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE