くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【マニア試乗記】プジョー 新型308(Allure BlueHDi)を採点評価! ゴルフを脅かすバランスの高いCセグメント! [動画あり]

8818 views
【マニア試乗記】プジョー 新型308(Allure BlueHDi)を採点評価! ゴルフを脅かすバランスの高いCセグメント! [動画あり]

今回はプジョーを代表する車といってもいい新型308に試乗させていただきました。10月末にマイナーチェンジを迎えましたが、フェイスリフトや安全装備の強化のみで走行面での変化はありませんが、新型のものに乗らせていただきました。Cセグメントというと、欧州ではフォルクスワーゲンのゴルフなど強力なライバルが多いジャンルになっています。日本車でいうと、シビックハッチバックインプレッサスポーツなど、日本車の中でもクォリティの高い車が目立ちます。その辺りと比べてどうなのかというところもお伝えできればと思います。

試乗レビューに関しては、勝手ながら下記観点で採点もさせていただこうと思います。

  • 外観(個性/かっこよさ/品の良さ)
  • 内装(個性/品の良さ)
  • 快適性(座り心地/後席の広さ/静粛性[エンジン音/ロードノイズ/外の音/風切り音]/乗り心地)
  • 力強さ(発進時加速/高速走行時加速/エンジンフィール)
  • 安定感(剛性感/接地感/ステアリング/コーナリング)
  • その他(よかった点/気になる点 [パドルシフト/メーター類など])
  • まとめ(楽しい車?/上質な車?)

また、試乗風景を撮影してきましたので、記事の最後に試乗動画を載せています。是非ご覧ください。

スポンサーリンク

プジョー 新型308(Allure 1.6Lディーゼル)試乗レビュー[素人] ゴルフを脅かすバランスの高いCセグメント!

一言で表すと、

「ちょうどいいCセグメント」

今回試乗させていただいたのは、Allureというグレードの中でも1.6Lディーゼルエンジンのものに乗せていただきました。グレードは大きく3つ用意されていて、Allureの1.2LガソリンターボモデルとGTの2.0Lディーゼルターボモデルが用意されています。GTの方も試乗させていただきましたので、別途レビュー記事を書かせていただこうと思っています。→追記:308SW GTの試乗レビュー記事も書きました。

関連記事:プジョー新型308SW(GT)試乗レビュー[素人]

Allureの2グレードは、価格的にはガソリンモデルが279万円、ディーゼルモデルが299万円となっています。ディーゼルモデルは重量税がかからないことと、燃料費が安いので、20万円の価格差がありますが、ディーゼルモデルの方が維持費も含めると多少安くつくんじゃないかなと思います。Allureを選ぶとしたら、ガソリンかディーゼルかは好みで選んでいただければと思います。

今回は1.6Lディーゼルモデルに乗りましたが、以前208に乗らせていただいたときは1.2Lガソリンターボモデル(PureTech)のものに乗せていただきました。このPureTechはインターナショナルエンジンオブザイヤーの最優秀賞にも輝いている好評のエンジンで、エンジンフィーリングがとてもよく、アクセルを踏むのが楽しく感じるエンジンになっていました。308では乗れませんでしたが、購入を考えている方は一度ガソリンエンジンのものにも乗ってみることをお勧めします。個人的には208と同じ感じならガソリンモデルを選ぶかなー。

また、Allure1.6Lディーゼルモデルのスペックは下記のようになっています。

重量 1340kg
最高出力 120PS/3500rpm
最大トルク 30.6kgf・m/1750rpm

本ブログ独自の採点方式による点数は以下のようになっています。

57.4
パワー点数
87.1
トルク点数

ディーゼルモデルだけあってトルク性能はさすがといったところです。パワー不足が若干気になりますが、その辺りは試乗レビューのところで。

ちなみに1.2Lガソリンモデルのスペック採点は下記のようになっています。パワートルクのバランスはガソリンモデルの方がいいですね。

重量 1290kg
最高出力 130PS/5500rpm
最大トルク 23.5kgf・m/1750rpm
65.5
パワー点数
78.0
トルク点数

新型308の外観をチェック

撮影してきた写真を紹介します。

マイナーチェンジでフロントフェイスが少し変わりました。少し力強い印象が出たように感じます。個人的にはマイナーチェンジ前の方がプジョーらしくてよかったかなという気持ちもありますが。

◇ 個性

プジョーらしくフランス車らしいおしゃれで個性を持ったCセグメントになっていますね。街中で走っていたら目を引く存在になるでしょう。ただ、プジョーの他の車と比べると少し個性が弱いかなという感じもします。

評価:★★★★☆

◇ かっこよさ

ちょうどいいかっこよさというのが個人的に思うところです。かっこよすぎないところが味があっていいなという風に思います。飽きがこないいいデザインになっているなと思いますが、個人的にはもう少し挑戦的なデザインで出して欲しかったなという気持ちもありますね。

評価:★★★☆☆

◇ 品の良さ

品の良さに関しても、日本車よりは品の良さを感じるけど、高級車高級車していなくて敷居が低い感じが好感を持てます。こういうところもフランス車のいいところだと自分は思っています。

評価:★★★★☆

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

新型308の内装をチェック

撮影してきた写真を紹介します。

◇ 個性

プジョー車にしては少しシンプルすぎて個性が出ていないかなという感じもします。メーターまわりは写真では分かりづらいですが、メーターの針の形状などちょっとしたおしゃれが見えていていい感じです。

評価:★★★☆☆

◇ 質感

質感はまあまあといったところでしょうか。価格相応の質感の高さはあります。シンプルでごちゃごちゃした感じはないので、落ち着いた空間になっています。

評価:★★★☆☆

◇ 座り心地

今回乗ったのはファブリックシートでしたが、フィット感はいい感じです。いい姿勢で運転ができるなと感じました。割と日本人の体型にあったシートになっているのかなと思います。

評価:★★★★☆

◇ 後席の広さ

後席の広さはCセグメントの中だと標準レベルでしょう。狭さは感じません。シートも浅くはないのでゆったりと座れます。

評価:★★★☆☆

スポンサーリンク

新型308の快適性をチェック

◇ 静粛性

静粛性に関してですが、少しディーゼルのエンジン音が気になりました。3008や5008と比べると少しエンジン音の不快なところが中に入ってくる印象がありましたね。ロードノイズは少なく抑えられている方だと思います。外の音に対する遮断もしっかりしていて、ある程度の密閉感を感じることはできました。が、どれも抜群に静かにできているなという感覚は感じませんでした。

評価:★★★☆☆

◇ 乗り心地

乗り心地はプジョーにしてはやや硬めな印象です。ただ、それでもドイツ車などに比べると猫足プジョーと呼ばれるだけあって接地感の高さ、道路の凸凹をうまく吸収してくれる感じはこの車の特徴とも言えると思います。ある程度のスポーティ感を感じたいけど、ガチガチなのは嫌だなって方にはちょうどいい感じじゃないのかなと。とにかくちょうどいいところを付いてくる車です。笑

評価:★★★★☆

新型308の力強さをチェック

◇ 発進時加速

発進時加速は、ディーゼルだけあってさすがに力強さを感じます。少し踏むだけで前に進んでいく感じは、街中走行では全くストレスなく乗れるトルクがあります。この辺りはディーゼルモデルの特長になりますので、トルク感を重視したい方はディーゼルモデルを選んでもらうといいかなと思います。

評価:★★★★☆

◇ 高速走行時加速

高速時の加速はやや物足りないなという感覚を覚えました。アクセルの踏み具合に対して、もう少しぐんと加速して欲しいなという感じがあります。発進時加速がいいので、その分物足りなさを感じてしまうのかもしれません。また、踏んでもエンジンフィーリングがよければ踏みたくなるんですが、その辺りは次のところでお話しします。

評価:★★☆☆☆

◇ エンジンフィーリング

エンジンフィーリングに関しては、やはりガソリンモデルに比べると伸びやかな感じがないなというところで、少々物足りなさというか気持ちよくなれない感じがありました。この辺りを重視する方は、一度ぜひ1.2Lガソリンモデルにも乗っていただければと思います。3気筒のターボエンジンになるのですが、病みつきになるような気持ち良さがあります。

評価:★★☆☆☆

スポンサーリンク

新型308の安定感をチェック

◇ 剛性感

剛性はドイツ車ほどの高さは感じられませんが、日本車以上の剛性感を感じることができます。直進安定性も高く、コーナリングの安定度も同クラスの中では高い方だと思います。

評価:★★★★☆

◇ 接地感

プジョーにしては接地感が少し感じづらいなというところがありましたが、やはり他のメーカーと比べると高い接地感を感じることができます。地を這うような走りで、路面の状態を心地よく感じることができます。走っているなーという感覚が得られるので、楽しさに繋がってきますね。

評価:★★★★☆

◇ ステアリング

ステアリングは素晴らしいです。プジョーは小径ハンドルを押していますが、308も例外ではなくハンドルはかなり小さめに作られています。嫌な重たさはなく、ハンドルをちょっと切った時でもクイックに反応してくれるので、直感的な運転ができます。また、ダイレクト感も味わえるのでちょっとしたカーブの運転が楽しいですね。

評価:★★★★★

◇ コーナリング

剛性感のところでも述べましたが、コーナリングも非常に安定感があって、速度が出ていても安心して曲がれます。最近の日本車もこの辺りよくなってきていますが、まだ外車には追いついていない感じはありますね。曲がるのが楽しい車です。

評価:★★★★☆

新型308のその他気になったこと

マイナーチェンジによって、Allureグレードからスポーツモードが廃止されてしまいました。これは個人的に非常に残念です。GTモデルにはスポーツモードは搭載されていて、GTの試乗時にはスポーツモードで走ってみたのですが、やっぱりプジョーのスポーツモードは面白いなと感じました。GTとAllureの差別化のために外したのかもしれませんが、Allureでもスポーツモードがあればもっと楽しい車になっていたんじゃないかなと思います。

新型308試乗動画

新型308試乗レビューまとめ 楽しい車? 上質な車?

308 Allureの試乗レビューいかがでしたでしょうか。人とは違ったCセグメント車を選びたいけど、突飛な走りをする車には乗りたくないな、ディーゼルに乗ってみたいなという方にはおすすめできるモデルとなっていると思います。価格も300万なので、日本車とそこまで差があるわけでもないので敷居が低いところもポイント高いですね。日本にはもっとプジョー車が走っていてもいいんじゃないかなとひしひし感じます。

この1.6Lディーゼルモデルはバランスの良さというところに尽きるかなと思います。一方少し物足りなさを感じるところも否めないかなと。人それぞれ感じ方の違いはあると思いますが、楽しさを重視したい方は1.2Lガソリンモデルがおすすめできるかなと思います。

内装が非常にシンプルで過ごしやすい環境になっているところもポイント高いですね。年配の方にもおすすめできるかなと思います。

70
楽しさ
72
上質さ

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね! 

こちらの記事も合わせてチェック!

試乗マニアが選ぶCセグメントハッチバックおすすめ集

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly