くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

スズキ 新型スイフトスポーツ フルモデルチェンジ情報まとめ とんでもない性能! ミニなんか比じゃない!?

6721 views
スズキ 新型スイフトスポーツ フルモデルチェンジ情報まとめ とんでもない性能! ミニなんか比じゃない!?

本日は、待ちに待ったスイフトスポーツが9月20日にフルモデルチェンジを迎えるということで、どんな車になっているのかを探っていこうと思います!スイフトスポーツは前々から自分も気になっていた車の1つであります。3年前ほどにミニクーパーを購入して乗っていたのですが、その際に他に悩んだ車の第一がスイフトスポーツでした。ミニと並べるほどの魅力のある車だと自分は思ってます。

また、試乗を行い試乗レビュー記事も書いてますのでよかったらこちらもどうぞ。

ということで、今回新型スイフトスポーツの紹介をしていく上で、ミニクーパーとの比較を交えながら紹介していきたいと考えています。下記の観点でそれぞれチェックをしていきたいと思います。

  • 外観(スイフトとの比較)
  • 内装
  • 動力性能(ミニとの比較)
  • 価格(ミニとの比較)
スポンサーリンク

新型 スズキ スイフトスポーツ9月20日発売! とんでもない性能! ミニなんか比じゃない!?

それでは早速チェックしていきましょう。はじめに外観のチェックです。

新型スイフトスポーツの外観は? スイフトとの比較

スイフトスポーツは名前の通りスポーティな外観のイメージが強いですが、今回の新型スイフトスポーツは、ノーマルスイフトとどのように差別化してきたでしょうか。早速チェックしていきましょう。

スイフトスポーツとスイフトの外観比較
左:スイフトスポーツ 右:スイフト

こうして並べてみると、だいぶ印象が違いますね。ヘッドライト部がキリッとした印象になってスポーティな印象が強く出ています。あとは、グリル部、フォグライト部もうまくスポーティさを表現できていますね。ホイールのインチアップが一番印象を変えているかもしれません。

全体的にノーマルスイフトは丸みを帯びている感じを受けますが、スイフトスポーツは直線的な感じがしますね。僕は新型スイフトのデザインは結構いいなと思っていたので、スイフトスポーツにも期待していましたが、良さが継承されていてかっこいいんじゃないかなと思います。ただ、少し個性が弱いかなという感じはしますね。

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

今乗っている愛車はどこで売ろうと思ってますか?ディーラーですか?
オススメはネットで一括査定してもらって売る方法。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。

新型スイフトスポーツの内装は?

内装も簡単に紹介したいと思います。詳しくは公式サイトをご覧になってみてください。

赤いアクセントが前面に出ていてかなりスポーティな印象です。個人的にはやりすぎではとも思ってしまいます。スポーティ=赤は共通のイメージだと思いますが、スイフトスポーツのイメージカラーは鮮やかな黄色なので、内装のアクセントを黄色にしても面白くて個性が出るんじゃないかなと思いました。あくまで素人意見ですが。ミニクロスオーバーPHEVが黄色をアクセントとした内装になっていて、かなりオシャレでいい感じだったので、是非日本車でもチャレンジして欲しいなと思ってます。

参考記事:ミニクロスオーバーPHEV試乗してきました

スポンサーリンク

新型スイフトスポーツの動力性能は?ミニとの比較

やはり一番気になるのが動力性能でしょう。今回はミニクーパー、ミニクーパーSと比較してみて、どれほどのものなのかをチェックしてみたいと思います。クーパーSと争えるレベルであれば相当ですよね。

まずは、エンジン性能、重量の比較です。

スイフトスポーツ ミニクーパー ミニクーパーS
最高出力 140ps 136ps 192ps
最大トルク 23.4kgf・m 22.4kgf・m 28.6kgf・m
重量 970kg 1200kg 1270kg

ミニクーパーには圧倒して勝っていそうです。注目したいのはエンジン性能もそうですが、車両重量の軽さですね。先代から100kg近くの軽量化を実現していて、1000kgを切っています。

みなさん分かっていらっしゃると思いますが、エンジンの動力性能だけ比較しても重量を考慮していないのであまり意味はありません。次に重量を考慮したパワーウェイトレシオとトルクウェイトレシオという指標で比較してみましょう。重量を馬力で割るとパワーウェイトレシオが、重量をトルクで割るとトルクウェイトレシオが算出できます。それぞれ、値が小さいほど優れた性能と言え、車重が異なる車同士でも公平に比較することができる指標です。また、本ブログではウェイトレシオの値を点数化しているので、その点数の比較もご覧いただきましょう。

スイフトスポーツ ミニクーパー ミニクーパーS
パワーウェイトレシオ 6.9kg/ps 8.8kg/ps 6.6kg/ps
トルクウェイトレシオ 41.5kg/kgf・m 53.6kg/kgf・m 44.5kg/kgf・m

パワーウェイトレシオ点数

85.0
スイフトスポーツ
72.6
ミニクーパー
87.0
ミニクーパーS

トルクウェイトレシオ点数

89.0
スイフトスポーツ
79.1
ミニクーパー
86.5
ミニクーパーS

いや〜、とんでもない性能ですスイフトスポーツ。ミニクーパーには圧勝、ミニクーパーSにも引けを取らない点数が出てしまいました。これは期待せざるを得ませんね。トルク、パワー共にこんな点数が出る車は本当に中々ありません。試乗が可能になり次第試乗感想もお伝えできればと思っていますので、そちらもよろしければチェックお願いします。

新型スイフトスポーツの価格は?ミニとの比較

最後にミニとの価格の比較をしてみましょう。こんな性能が出てるんだからお高いんじゃないですか?

スイフトスポーツ ミニクーパー ミニクーパーS
価格帯 183.6〜205.0万円 272.0万円〜 342.0万円〜

スイフトスポーツやっすぅーーー!このスペックでこの価格帯は異常でしょう笑

スイフトスポーツの価格差は、①先進安全装備パッケージをつけるかどうか、②全方位ビューモニターをつけるかどうかの差ですね。①で+10万円ほど、②で+6万円ほどとなっています。安全装備は全車標準でもよかったのではと思ってしまいますが、何か思惑があったのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

主にスペックのチェックをしてまいりましたが、ご覧の通りスペック上はとんでもない車だということが分かりました。しかもこれで200万を切ってしまうという。個人的にはセカンドカーで遊ぶように欲しいですね笑(そんなお金ないです)

スペック上は抜群にお勧めできる車になっていますが、実際に試乗してみてどうかというところも今後お伝えしていければと思っています。私が住んでいる地区では、9月末ごろにスイフトスポーツの試乗車が登録されるようなので、発売後1週間くらい経ってしまうかもしれませんが、試乗レビュー記事も書きますので、そちらも興味があれば是非ご覧になってみてください。まだ試乗レビュー数は少ないですが、以下のような感じで書いてます。要望等お待ちしてますので、もし何かあればツイッターやコメント欄から意見いただければ幸いです。

参考記事:プジョー新型3008試乗してきました

それでは、また試乗レビューでお会いしましょう!

スポンサーリンク

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?

実はその買い方、損していることが多いんです!

ディーラーで値引き設定してもらう時、下取りも一緒にお願いしていると、下取り価格も含めて値引き価格を提示していることが多いんですよ。

しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で売却することを強くオススメします!

でも、1件1件買取店を回るのは大変ですよね。

そこで便利なのがネットで一括査定です!


やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。

私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!

おかげで欲しかったプジョー5008を手に入れることができたので、是非みなさんもやってみて欲しいです。

一括査定は高く売るにはもってこいなのですが、唯一のデメリットが多数の買取店から連絡がきて面倒なこと

それを解消してくれるのがオークションシステムの買取です。




これなら何度も電話がかかってくる心配もないので、とりあえず査定してもらいたいという方にはとてもオススメです。

とにもかくにも、少しでも新しい車が欲しくなったらネットで査定してもらいましょう!

こちらの記事もおすすめ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly