くるすぺ

自称試乗マニアによる自動車ブログ

メニュー

【試乗+採点評価】ルノー新型トゥインゴ 「RRっていいんか?」動的質感語ります

【試乗+採点評価】ルノー新型トゥインゴ 「RRっていいんか?」動的質感語ります

こんにちは、自称試乗マニアのくるすぺです。

今回は、2019年8月にマイナーチェンジを迎えたトゥインゴさんに乗らせていただきました。ルノー金沢中央さんありがとうございました。

2019年に入ってから21台目の試乗となりました。

【プジョー5008日記】でも語ったのですが、セカンドカー構想を考えてみるのもありかなと思ってまして、その筆頭がこのトゥインゴなのであります。子供が小学生くらいになれば、妻の車としてもありかなーなんては思ってます。

なんか最近フランス車ばっか乗ってね?

と、どこからともなく声がする気がする。

トゥインゴ 〜試乗マニアによる試乗インプレッション〜

  1. グレード・価格・スペックなどの基本的な情報について(簡単に)
  2. 静的質感について(簡単に)
  3. 動的質感について(詳細に)
  4. 5つのポイントで動的質感の採点評価

こんな流れで話していきます。写真もたくさん紹介しますが、本記事では動的質感をメインに語っていきます。

トゥインゴの基本情報を紹介

試乗インプレを語り出す前に、まずはトゥインゴの基本的な情報について簡単にお伝えしていきます。

グレード展開・価格

  • EDC:195万円

マイナーチェンジにより1グレード展開に。

EDCっていうのは、ルノーが開発しているデュアルクラッチミッションのこと。これに900ccのターボエンジンが組み合わされたモデルになってます。

スペック

基本スペック
サイズ  3,645 x 1,650 x 1,545
重量  1,020kg
エンジン  0.9L直列3気筒ガソリンターボ
ミッション  6DCT
最高出力  92PS/5,500rpm
最大トルク  135Nm/2,500rpm
燃費・燃料  16.8km/L・ハイオク(WLTCモード)
駆動方式  RR
サス(前)  マクファーソンストラット式
サス(後)  ド・デオン式
パワートレイン別情報
0.9Lガソリン 価格帯
195万円
独自の採点方式による評価
パワー トルク
D+
57.9点
C-
62.4点

マイナーチェンジにより、最高出力が2馬力だけ上がってます。

後で写真もお見せしますが、リアサイドにエアインテークを採用したことで、より多くの空気をエンジンに送り込めるようになったことでエンジンの改良ができ、スペックが向上したという話でした。

先進安全装備的なものはほぼ搭載されていません。

バックソナーがあること、車線逸脱警報機能(ステアリング介入は無し)があることくらいでしょうか。

トゥインゴの静的質感について少し語る

一眼で撮影してきた写真それぞれに一言コメントを添えました。

早く動的質感を!という方は、サーっとスクロールしましょう!(本当はギャラリー形式にしたかったのですが、表示が崩れてしまって断念しました。)

撮影してきた動画をYoutubeで公開しています。今回はトゥインゴさん自らが内外装について語ってます笑 気になる方は是非動画も合わせてご覧ください!

僕はトゥインゴ。

エクステリア

新色の「ジョン マンゴー」。かぶりつきたくなる色してます。
トゥインゴには可愛さだけじゃない何かがある。マイチェンでそれが引き立った気がします。
いい意味でおもちゃ感がある。所有したくなる雰囲気を持ってる車。
C字のデイライトは印象的。 ウィンカーにもなります。

ヘッドライト、フォグライトはハロゲンですが、ディーラーオプションでLEDにもできます。価格はヘッドライトが60,500円、フォグが55,000円。

ややクーペ気味のスポーティなスタイル。走れる雰囲気も持ってます。
こういうところにTWINGOロゴ入れてくるの憎いです。
ドット柄のストライプ。ポップさとスポーティさ、いいバランスで演出しています。
標準で15インチアルミホイールが装備。RRなのでリアタイヤの方が幅広になってます。
リアゲートは全部ガラスでできてます。ショルダーラインが愛おしい。
さりげないテールスポイラーが堪らん。
ワイパー下のボタンをプッシュするとハッチゲートが開きます。(もちろん手動)
ガラスで結構重たいですが、裏にしっかり持ち手ついてます。

インテリア

マイチェンによりボディカラー連動の色付けはされなくなって、白アクセントに統一。
プラスチッキーですけど、おしゃれさが勝ってる。こういうところはフランス車得意ですよね。
可愛さだけじゃないのがこのシートに現れてますよね。ホールド感抜群。
7インチ液晶モニタが付いたのがかなり大きいですね。
CarPlayも標準で対応してます。試しましたが綺麗に写ってくれました。
メーターはアナログ。雰囲気にマッチしてます。
シフトノブも少し変わって質感高くなりました。傾くのが可愛い。
ノブ奥には自由に仕切りを変えられるホルダーがつきました。ペットボトル2本は入るんじゃないかな?
Cピラーに融合したリアドアハンドル。リアドアがあるのはかなりポイント高い。
リアシートの座面は短いですが、意外とスペースはしっかりしてる。
170cmの私が座って拳1個分くらいは余裕ありました。
リアセンターには大きなホルダーも。仕切られるので不便な面もあるかも。
ラゲッジスペースはこんなもん。フロア位置がかなり高いので出し入れはしやすそう。
ブログ仲間のtogariさん撮影のマイチェン前のトゥインゴ。
マイチェン前後の比較を分かりやすく解説しています。(下記リンク参照)
出典:「やっぱりクルマが好き。」

ちょっとブレーク。新車購入を検討の方へ

新車購入の際は、ネットで一括査定もご検討ください。
私自身、インプレッサを一括査定に出して売りましたが、ディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました。
査定自体、簡単、かつ無料なので、是非一度お試しあれ。購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑

トゥインゴの動的質感について熱く語る

素人目線ではありますが、乗ってきて感じたことを、自信を持って!素直に!正直に!お伝えしていきます!

RRの加速フィールはどんなもん?

試乗に入る前に、車を出しやすいようにと営業の方がエンジンをかけて車を動かしてくれました。

私は側に立って、動かしているところをじっと見てました。

エンジン音が結構大きいなあ。

というのが正直な感想でした。3気筒ぽい雑味がある感じ。

これは中で運転してても気になるんじゃないかなという不安が襲ってきました。

いざドアを開けて運転席にINしてみると、あらま不思議。全然エンジン音が気になりません。

あーそうか、後ろにエンジンあるんだよね。

外でエンジン音を聞いていたときも、トゥインゴさんのお尻側に近いところに立ってました。だからこんなにエンジン音大きく聞こえたんだな、と一人で納得。

そんでもってギアをドライブに入れてアクセルペダルを踏んでみます。

お、おい、誰か知らんけど後ろから押すなよ。

RRの加速フィーリング、まるで誰かに後ろから押されているような感じでした笑

スペック的には大したことないのですが、スペック以上の力強さと軽快さが感じ取れます。これはRRの恩恵が大きいんじゃないかなと個人的には思うところ。

エンジンに空気を取り込むエアインテークが新たに採用。これにより2馬力パワーアップ!可愛いw

後ろにしっかり荷重がかかって、ぐいっと押し出してくれる感じ。思ったほど違和感はないのですが、病みつきになっちゃう感じだなこれ。

6速DCTとの相性も良きですね。ギクシャク感はほとんど感じません、滑らかに加速してくれてアクセルワークも楽です。

ECOモードも試しました。これはもっと滑らかになっていいですね。普段はこっちの方が使いやすいかも。

スポーツモードの設定はありません。マニュアルモードはあるので十分楽しめそうですが、欲を言えば欲しいなと思うところでした。

シフトノブ、ちょっとこっちに傾いているのが可愛い。
でもマニュアルモードの時は助手席側を向いてしまう。個人的には逆が嬉しかったかも。

エンジンフィールも思ったよりは悪くない感じです。踏み込むと後ろから音が聞こえてくる感じは不思議な感じがします笑

入ってくるエンジン音はかなり小さいとは言えませんが、割りかし気持ちいい感じの音が入ってきてくれます。外で聞いていたノイズ感がある音は入ってこないので、ここら辺はうまく遮音考えられてるなという印象でした。

アイドリングストップも滑らかにやってくれてよかったですよ。

RRの醍醐味!気持ちよきコーナリング

RRということで一番期待していたのがコーナリングの部分。

今回は市街地走行ということで、たくさんコーナーを体験したわけではないですが、左折するだけで面白い、そう感じさせてくれる車でした。

加速フィーリング同様に、思ったより違和感はなくてですね、なんか気を使って曲がらないといけないとかそういう部分は全くないです。

でもね、ステアリングを切ってからすぐに車が横を向いてくれる感じ、そして自分が思ったラインを気持ちよくトレースしてくれる感じは気持ちいいのには違いないです。

新型にはバンパーにスリッドが。空気抵抗を減らす効果があるようですが実感はできないw

あー、メガーヌの4CONTROLも気持ちよかったなー、と思い出させてくれるハンドリングですね。

トゥインゴさんは大げさに凄みをひけらかす感じがないんですよ。(勝手な妄想)

運転している人が自然に感じる曲がり方をしてくれる。

車が主役じゃなくて人が主役なんですよと、トゥインゴさんが囁いているように感じました。(妄想)

ステアリングはやや軽いかなという印象。
もう少し小さいと嬉しいなと思うのはプジョー脳になってしまったからだろうか。
ちなみにチルトはあるけどテレスコは付いてません。

あと、私は試乗の中で試せてませんが、営業の方曰く、下りのワインディングはめちゃくちゃ気持ちよく走れるとのこと。

なんで下りなんですか?

上りだと流石にパワー不足を感じるからだそうです笑

ワインディング絶対気持ちいだろうなというハンドリングの持ち主でした。あー欲しい笑

案外いいぞ!乗り心地

乗り心地の面は正直大きな期待は持たずに乗らせてもらいました。

ですが、乗り心地も案外悪くないぞ!

やや路面のざらつき感を捉えすぎてしまう感じはAセグっぽさが出てる感じもありましたが、乗り味は結構マイルドに仕上がってます。

ロードノイズもやや気になるくらいの程度でした。Aセグということを考えると十分な静粛性を持ってると思います。

リアの方とかもう少しバタつくかな〜と思ってたのですが、案外そういった場面にはほとんど遭遇しませんでした。

これもRRの良さが出ているのかも。後ろにエンジンが積まれていて、リア側に荷重がしっかり乗ってることによって、このマイルドな乗り味が実現できているのかもしれません。

リヤのタイヤは185/60R15と、フロントに比べて幅広で扁平タイヤになってます
フロントは165/65R15

車体は1000kgそこらと軽いんですが、乗り味に関してはいい意味で軽さを感じないんです。

Aセグメントでこのしっとりさを出せてしまう。やっぱりフランス車いいぞ!

ルノーといえば、先ほど少し紹介したメガーヌの乗り味もかなり好み。セカンダリーダンパーを搭載することで、嫌なフワフワ感を出さずにマイルドで気持ちいい乗り心地を提供してくれる車です。

こういった乗り味というところに徹底してこだわりを持って作られているんだなと、このトゥインゴに乗って改めて感じました。

個人的に不安視していた直進安定性も街乗りレベルなら全く問題なし! ですが、高速走行時にどうなるのかなというのは気になるところですね。

アイポイントは高めで運転しやすい

妻も運転する車と考えたときに、やはり重視したいのが運転のしやすさという部分。

ここに関してもトゥインゴはよくできている車だと思いました。

まず、意外とアイポイントが高いんですよね。左右の車幅感覚なんかは軽自動車に慣れている人でも割とすぐ掴むことが出来そう。

ピラーも結構細くできてまして、死角も少ないです。

ステアリングはテレスコないのですが、ちゃんとフィットしてくれました。(ステアリングの奥行き度は結構気にする方なのですが)

シートのホールド感、フィット感もいいです。楽な姿勢で運転できてる感じがすごいありました。

トゥインゴの動的質感評価まとめ

走行性能評価まとめとして、5つのポイントで採点評価させていただきます。参考程度にお受け取りください。

ランク指標

  • S…とてもイイね
  • A…イイね
  • B…普通(イイね寄り)
  • C…普通(ヨクナイね寄り)
  • D…ヨクナイね
  • E以下…とてもヨクナイね

ポイント 評価
加速感 B
乗り心地 B
操舵性 A+
静粛性 B-
楽しさ A

総評

一家に一台欲しくなるクルマ。

セカンドカー構想が実現できたとしたら、この車を選ぶ可能性は非常に高い。

ファーストインプレッションとしては、もっと尖った乗り味でもいいんじゃない?って思うこともあったけど、扱いやすさというところを重視してるんだろうなと感じる。

所有していろんなところを走ると、また違ったいろんな面が見えてくるんじゃないかと期待させてくれる。

オーナーになって色んなところを引き出してあげたい。

尽くしてあげたくなるかわいくて素直な子です。

最後に 〜その他オススメの車を紹介〜

最後に、トゥインゴに興味があるあなたにオススメしたい車を2台紹介させていただきます。こちらの試乗記も是非合わせてご覧になってみてください。

①DS3 クロスバック

同じフランス車のコンパクトSUV。これがとてつもなく動的質感の高い車です。

②MINI

私も以前はMINIオーナーでした。クーパーSはマイチェンでかなり化けました。いろいろ乗ってますのでお好みでどうぞ!

その他にも色々な車の試乗レビュー記事を書いています。他の試乗レビュー記事も是非チェックしてくださいね!

謝辞

快く試乗させていただきましたルノー金沢中央さんにこの場を借りてお礼申し上げます。

訪問はメガーヌR.S.以来久しぶりでしたが、快く迎えていただき、楽しく試乗させていただきました。

ご近所の方でトゥインゴに興味を持たれましたら、是非とも立ち寄ってみてください!

意外と知らない車の賢い買い方

皆さんは車を買うとき、下取りはどうしていますか?ディーラーで引き取ってもらっていませんか?
実はその買い方、損しているかもしれません。
しっかりと新しい車の値引きをしてもらうためにも、ディーラー以外で一度見積もりをもらっておくことを強くオススメします。
高価査定を狙うにはやっぱりネットで一括査定がおすすめ!



やり方はとても簡単で、上記バナーをクリックして愛車の情報を入力するだけ。それだけで最大10社が見積もりを実施してくれます。情報入力のために、車検証を用意しておきましょう。
私も一括査定で車を売りまして、愛車だったインプレッサスポーツをディーラー見積もりよりも40万も高い130万円で売ることができました!
新しい車の購入意欲を高めたい方にもおすすめです笑


関連記事

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE